お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
Email: info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00

menu

作業menu
  1. Home
  2. >
  3. 除草剤

除草剤

除草剤

     

 

除草剤記事の一覧です

「お庭のお手入れ(剪定・伐採・除草・消毒)」「植栽工事」「自動灌水ホースの設置工事」など、お庭・植木に関するお悩みはなんでもお気軽にご相談ください。

 

除草剤

 

土に埋まった砂利を元通りに│お庭の防草シートと砂利敷き 大阪市生野区A様

 

作業前 作業後

土に埋まった砂利を元通りに│お庭の防草シートと砂利敷き 大阪市生野区A様

砂利がはげて雑草が目立つお庭を、元通りに整えてほしい

 

大阪市生野区にお住まいのA様より「自宅庭の砂利がなくなり見栄えが悪いので、元通りきれいにしてほしい」とご依頼いただいた事例です。今回はお電話より問い合わせをいただきました。

 

 

お庭を拝見したところ砂利の大半が土に埋まり、地表がむき出しの状態に。ところどころ雑草も生えていたため、防草対策も兼ねて「防草シート」と「砂利敷き」をご提案しました。

 

 

手順としては以下のような流れです。

 

1.向かって左壁から2m分の防草シートを貼る。
2.土と砂利を分けながら地表を整える。
3.すべての地表に防草シートを貼る。
4.古い砂利・新しい砂利を混ぜて敷く。
5.水撒きで汚れを落とす。

 

 

以下で詳しい作業の内容を解説します。

 

 

 

自宅のお庭に防草シート・砂利敷きを行う

今回の作業内容を手順を追ってご紹介します。

 

地表を整えながら砂利を取り出し、すべての範囲に防草シートを貼る

写真の向かって左側の壁際から施工をはじめます。地表を平らに整えながら、まずは幅1mの防草シート2列分を壁際に敷きます。

 

 

地面に埋まった砂利は、シートをピンで固定する際に邪魔にならないよう可能な限り取り出します。取り出した砂利は後で使用するため、ふるいにかけて土と石に分類します。一度にコップ一杯分ほどの砂利しかふるいにかけられない為、この作業は随分と骨が折れました。

 

 

この「砂利を地面から取り出し地表を平らに整え、防草シートを貼る」工程を、左壁から家側の壁に向かって繰り返していきます。

 

取り出した砂利は邪魔にならない様、すべてのシートを貼り終えるまで左壁沿いに山のように積んでおきます。

 

古い砂利と新しい砂利を混ぜ、地表に敷き詰める

敷地内すべてに防草シートを貼り終えたら、地表が見えなくなるよう砂利を敷き詰めます。

 

 

新たに購入した砂利と合わせて、先ほどふるいにかけた古い砂利を使用。今回は元々の石と色味の似ている「5色」の砂利を選んだので併用しても上手くなじみます。

 

水で汚れを洗い流し、完成

最後に砂利の上から水をかけて汚れを洗い流します。新品のものも白い粉のようなものが付着しているので、念入りに落とします。

 

 

土や汚れがきれいに落とせたら、作業はすべて完了です。

 

 

防草シートと砂利敷きで、元通りの美しいお庭に


こちらが施工後の写真です。

 

依頼者のA様からは「以前のお庭に戻ったみたいです。とてもきれいになりましたね」とお声をいただきました。

 

 

防草シートを貼ることで防草対策だけでなく、今後は砂利が土に埋まり表面がはげてしまう心配もありません。もし今回のようにご自宅の砂利敷きや雑草問題でお悩みの方は、いつでも当社までお問い合わせください。

 

大阪市生野区で砂利敷き・防草工事を依頼するなら、村上造園まで!

 

 

<作業内容>

防草シート 16㎡

砂利敷き

砂利(五色砂利)新規50袋
既存の砂利を使う

 

<作業時間>

1人1日

工事費用60,000円
 
キンモクセイ・竹剪定後作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽


 

花壇の除草対策│防草シートと砂利敷き 大阪市鶴見区K様

 

作業前 作業後

花壇の除草対策│防草シートと砂利敷き 大阪市鶴見区K様

花壇の草抜きに悩まされており、防草対策をしてほしい

 

大阪市鶴見区にお住まいのK様より「花壇の雑草に困っているので防草対策をしてほしい」とご依頼いただいた事例です。今回は本サイトのメールフォームより問い合わせをいただきました。

 

花壇の草抜きに長年悩んでいらっしゃったので、今回は

 

  • 除草
  • 防草シート
  • 砂利敷き

 

の3つの作業をご提案いたしました。手順としては以下のような流れです。

 

1.花壇の除草作業。
2.土を平らにする。
3.防草シートを貼る。
4.砂利敷き。
5.水撒き。

 

以下で詳しい作業の内容を解説します。

 

 

 

防草シート・砂利敷きで雑草対策を行う

今回の作業内容を手順を追ってご紹介します。

 

1.花壇の除草作業

まずは花壇に青々としげった雑草を、草刈り機で刈り取ります。

 

機械がうまく入らないキワの部分はスコップを使って削ります。キワは防草シートを貼っても草が出てきやすいため、雑草を根から絶やすよう土ごと削り取ります。

 

2.土を平らにする。

防草シートを貼りやすくするためデコボコした土の表面を滑らかにします。

 

スコップで土を多いところから少ないところへ運び、レイキで平らに仕上げました。

 

3.防草シートを貼る。

壁側から順に防草シートを敷いていきます。

 

花壇のカーブ部分は防草シートをハサミで丸くカットし、上手くハマるように調整。シートは幅1m程度と大きく扱いづらいので、先に丁度良いサイズに切ってから微調整するのがコツです。

 

4. 砂利敷き。

防草シートを貼ってピンで固定したら、その上から砂利を敷きます。今回は軽トラック1台分の砂利を使用しました。

 

砂利は建築で外壁の仕上げ等に使われる種類を選択。価格帯を抑えながらも見栄え良く仕上げられます。 

5. 水撒き

最後に砂利についた土を水できれいに洗い流したら、すべての作業が完了です。

 

 

防草シートと砂利敷きで、もう雑草に悩まない花壇に


こちらが施工後の写真です。

依頼者のK様からは「過去に自分で砂利敷きをしたときよりずっと綺麗です」と喜んでいただきました。

 

ご自身では難しい防草シートや砂利敷きといった防草対策も幅広くご対応します。

 

大阪市鶴見区で防草対策を依頼するなら、村上造園まで!

 

 

<作業内容>

防草シート 10㎡

砂利敷き 10㎡

除草 10㎡

 

<作業時間>

4時間

工事費用55,000円
 
キンモクセイ・竹剪定後作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽


 

病院敷地内でシマトネリコの剪定  大阪市城東区T病院

 

作業前 作業後

病院敷地内でシマトネリコの剪定  大阪市城東区T病院

植え込みのシマトネリコを植木屋の手で剪定してほしい

 

大阪市城東区T病院の担当者様より「植え込みのシマトネリコをきれいに剪定してほしい」と、本サイトのメールフォームより問い合わせをいただきました。

 

以前はご自身でもお手入れをされていたという担当者様。長らく放置していたこともあり、今回は業者の手を借りたいとのことで依頼をいただきました。

 

手順としては以下のような流れです。

 

1.シマトネリコの剪定。
2.枝葉の掃除。

 

以下で詳しい作業の内容を解説します。

 

 

 

シマトネリコの植木を剪定、形を整える

今回の作業内容を手順を追ってご紹介します。

 

1.植木の剪定。

早朝9時、さっそく剪定作業に取り掛かります。今回はご依頼を受けて病院の休診日に施工しました。

 

まずは建物の裏側から表にかけて順にシマトネリコの枝葉を切っていきます。病院入り口側は道路に面しており、風でゴミが飛んでしまうため最後に作業します。

 

枝葉はブツッと大胆に切ることで見栄えが悪くなります。中側の混みあった枝から不要なものを取り除き形状を整えていきます。

 

病院周りのシマトネリコを1本ずつ順にカットし、すべて綺麗に整えたら剪定作業が完了です。

 

2.枝葉の掃除。

病院全体の剪定が完了したら、切り落とした枝葉を掃除します。

 

道路にゴミが散乱しないよう配慮しながらごみ処理を行います。

 

 

ボサボサだったシマトネリコの植木が剪定で美しい樹形に


こちらが施工後の写真です。

依頼者のT病院担当者様からは「大変キレイになりましたね」とお声をいただきました。

 

今回のような骨の折れる庭木の剪定作業ならプロの植木屋にぜひお任せくださいませ。

 

大阪市城東区でシマトネリコなど植木の剪定を依頼するなら、村上造園まで!

 

その他のシマトネリコの事例

 

 

<剪定内容>

シマトネリコ 
H=2m 5本

 

<作業時間>

4時間

工事費用15,000円
 
キンモクセイ・竹剪定後作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽


 

ソーラーシステム一帯の土地12,000㎡に除草剤散布 京都府亀岡市

 

除草剤散布
作業前 作業後

ソーラーシステム一帯の土地12,000㎡に除草剤散布 京都府亀岡市

ソーラーシステム周辺の薬剤散布のため、半年ぶりの訪問

散布前

 

京都府亀岡市のT様より「ソーラーシステム周辺の草木が伸びてきたので、半年ぶりに薬剤散布をお願いしたい」とご依頼いただいた事例です。

 

T様からは今年の5月頃に一度お問い合わせをいただき、ソーラーシステムの草刈り・除草剤散布をしております。再びパネル周辺の草木が伸びてきたということで、今回の作業にうかがいました。

 

ソーラーシステムに伸びた雑草が被さってしまうと発電量の低下や機器の故障を招く可能性もあるため、今回の事例のように定期的な除草作業をするのが望ましいです。

 

 

今回の除草作業は薬剤散布用の機器とホースを車に積み、車を移動させながら敷地全体に薬剤を撒いていきました。手順としては以下のような流れです。

 

1.敷地内を車で移動する。
2.ホースを伸ばし、届く範囲に薬剤を散布。
3.ホースを車に回収する。
4.1~3を繰り返す。

 

以下で詳しい作業の内容を解説します。

 

 

 

ソーラーシステムのある敷地内に除草剤を散布し、雑草を枯らす

今回の作業内容を、手順を追ってご紹介します。

 

1.敷地内を車で移動する

山のふもと辺りに位置する約12,000㎡の土地に、T様が所有する太陽光パネルが並びます。

 

車から伸ばしたホースで薬剤を撒いていくのですが、土地が広いために一度で全範囲に薬剤を散布することはできません。

 

敷地内の舗装道路を車で少しずつ進み、ちょうどよい位置で停車しては薬剤を撒くという作業を根気強く繰り返しながら進めていきます。

 

2.ホースを伸ばし、届く範囲に薬剤を散布。

車を止めた位置から、薬剤散布用のホースを伸ばしていきます。ホースは最大値の約200mまで伸ばし、届く範囲全てに薬剤を撒いていきます。

 

システムに悪影響が出やすいパネル下の雑草や、人の出入りがある敷地の入口周辺は特に念入りに薬剤を散布します。

 

今回は「ラウンドアップ」という薬剤の25倍希釈液を、1,500リットルほど使用しました。

 

3.ホースを車に回収する

薬剤を撒き終えたら、ホースを一度車へと戻します。

 

約200mほど長さのあるホースをすべて巻き取ります。

 

4. 1~3を繰り返す。

1. 車を移動

2. ホースを最大まで伸ばして薬剤を散布

3. ホースを回収

 

この一連の作業を、敷地内すべてに薬剤を撒くため計6回ほど繰り返しました。

 

ホースを伸ばしては回収し、車の配置を考えながら移動させるという工程は骨が折れましたが、1日かけて2人がかりで全作業を終わらせることが出来ました。

 

 

2週間後には除草剤の効果が現れ、草木が黄色く枯れてきた

散布後


薬剤散布から約2週間後、再度T様の敷地にお邪魔しその後の経過を確認いたしました。

 

作業前は青々と生い茂っていた雑草が、除草剤の効果で黄色く枯れた状態となっているのがわかります。お写真を依頼者様にお送りしたところ「ありがとうございます。来年の5月頃、また同じようにお願いします」とのお声をいただきました。

 

ソーラーシステムをはじめ、広い敷地の除草作業は個人では大変骨の折れる仕事です。ぜひお気軽にご相談くださいませ。

 

 

京都府亀岡市でソーラーシステムの薬剤散布を依頼するなら、村上造園まで!

 

その他の太陽光発電所の事例

 

<薬剤散布>

除草剤散布 12,000㎡

(25倍液 1,500L)

年2回散布

 

<作業時間>

2人1日

工事費用250,000円(年2回散布)
 
キンモクセイ・竹剪定後作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽


 

植木・庭木の種類を見る