お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00

造園・外構工事

造園・外構工事

カーポート・駐車場施工・飛び石の設置、花壇の修復・リフォーム、自動散水・フェンス設置・生垣作成・砂利敷・犬や猫の侵入防止に柵設置等を行います。植木は1本・芝生は1㎡から、砂利は1袋から販売致します。

施工事例

ガレージの散水栓を立水栓に付け替え 奈良県奈良市T様

 

before after
作業前 作業後

ガレージの散水栓を立水栓に付け替え 奈良県奈良市T様

家の外観に合うデザインの立水栓にしたい

今回、お電話で「家の前の散水栓を立水栓に替えたい」とのご依頼を頂きました。

 

カタログをもとに打ち合わせをし、お客様の要望と弊社の提案をすり合わせながら「マットブラウン」という光沢のない落ち着いた色味の物を採用しました。

 

 

デザインが確定したら見積書を送付して、日程の調整などを行い、工事を開始します。

 

 

排水管や給水管を伸ばす作業もあったので、水道を止めても良い時間内で迅速かつ丁寧に工事を進める必要がありました。

 

詳しい作業内容を順を追って説明いたします。

 

 

設置されている散水栓の撤去

設置前

 

まず初めに、もともと設置されている散水栓を撤去します。

 

 

作業前には水道をすべて止めていただくようお願いしました。

 

水道を止めずに給水管や排水管の工事を行うと、水が噴き出してしまったりと、危険性が高まります。

 

 

新しい蛇口を立て、排水管を引く

 

撤去が終わったら、新しい蛇口を立てます。

 

立てた蛇口は後ほどセメントで固定します。

 

次に、蛇口を立てた場所に向かって給水管と排水管を引いていきます。

 

排水管は地中に埋まっているので、地表からでは場所の特定が難しいです。

 

なので、今回は水道業者の方に位置の調査を依頼し、その情報を基に、手作業で掘り起こしました。

 

電気工具などを使用すると水道管に傷をつけてしまう恐れもあるので、土の掘り返しはすべて手作業で行いました。

 

 

そのまま土を仮置きするとガレージが汚れてしまうので、シートを張ってその上に土を置いていきます。

 

 

排水管を見つけたら、排水管を延長していきます。

 

 

距離が長くなると、時間もかかりますし金額も高くなります。

 

また、メンテナンスや今後増設をしたいと考えた時に、どうかわすか等の手間も発生してしまいます。

 

なので、最短距離で無駄のないように排水管を設置しました。

 

 

土の埋め戻しと立水栓の固定

給水管・排水管の工事が終わったら、掘り起こした土を埋め戻します。

 

その後、設置した立水栓を完全に固定するために、セメントを打設します。

 

セメントが固まるまでの間、立水栓が傾いたり倒れたりすることがないよう、支えを取り付けました。

 

 

立水栓に取り付けた支えを撤去して工事完了

セメントが固まるまで2~3日置き、完全に固まったことを確認したら、設置した支えを取り外して工事完了です。

 

 

違和感なくイメージ通りの仕上がりに

設置後

 

今回ご依頼いただいたT様に作業後の仕上がりを確認していただいたところ、「想像していた通り違和感のない仕上がりになりました。ありがとうございます。」と、とても満足されているご様子でした。

 

 

デザインの打ち合わせをする中で、しっかりと要望と提案のすり合わせができたので、お互いに満足のいく仕上がりになりました。

 

まとめ

散水栓は埋め込み式の水道(蛇口)なのですが、長い間使わないでいると蜘蛛の巣が出来ていたり、土や雨水で汚くなっていることがあります。

 

ホースを取り付けるにしても、手を中に入れないといけないので、虫や土汚れに少し抵抗があるという方は、一度立水栓への取り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

弊社では、植栽の剪定やお庭のメンテナンスの他にも、今回の様な水栓取り換えの工事であったり、ブロック塀撤去・調整などの外構工事も行っております。

 

お庭周りの水道で見た目やデザインの面でこだわりたい、おしゃれにしたいと考える方は、一度お近くの植木屋さんに相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

植木屋さんならではの提案が聞けるかもしれません。

 

 

 

奈良県奈良市の水栓取り換え工事なら「村上造園」までご相談ください。

<水栓取り付け>

 

ユニソン製
スプレスタンド60マットブラウン 1基 
シャインポット 1基

 

<給水・排水管接続>

給水管接続1式
排水管接続1式

 

 

<作業時間>

 

1日

 

<作業人員>

 

2人

工事費用:150,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後

マンション外壁周りの植木剪定 奈良県奈良市

マンション剪定 前後
作業前 作業後

マンション外壁周りの植木剪定 奈良県奈良市

エントランス付近の植木が出入りの邪魔に

奈良県奈良市にあるマンションのオーナー、K様からのご依頼で植栽剪定を行なった事例です。

 

 

「マンション前の植木が出入り口付近まで伸びてしまっているので、一度見てもらいたい。」

 

お電話でのやり取りの後、早速実際に現地へお伺いしました。

 

植木剪定前

 

現場を見てみると、ソテツやヒラドツツジが植え込みからはみ出してしまっていました。

 

ソテツに関しては出入口付近まで伸びています。

 

このままではマンションの入居者様の出入りに支障が出てしまいます。

 

「年一回のみのメンテナンスを考えているので、出来る限り短くしてほしい」との要望をお聞きし、その場で概算のお見積りを行いました。

 

ここまで植木が伸びてしまった理由をお聞きすると、オーナーのK様曰く「以前から頼んでいた業者様と連絡がつかなくなった。」とのこと。

 

そこで、以前に一度利用したことがある弊社にお願いしようと、今回のご依頼に至ったそうです。

 

駐車場と駐輪場に注意した剪定作業

マンション前の駐車場には車が停まっているため、落ち葉や枝が当たらないよう気を付けてほしいとの要望がありました。

 

車だけでなく周辺にお住まいの方や通行人の迷惑にならないよう、枝を落とす場所を考えながら作業を行いました。

 

ここからは、今回の詳しい作業内容を紹介いたします。

 

1.背の低い植木の長さを整える

まず初めに、背の低いヒラドツツジとソテツの長さを“バリカン”というエンジン式のノコギリで整えていきました。

 

背の高い物から始めると、切り落とした枝と背の低い植木の区別が付かなくなってしまいます。

 

その為、今回は作業の順序も工夫しています。

2.背の高い植木の長さを整える

次に、背の高いシラカシとクロガネモチの枝を切りました。

 

シラカシとクロガネモチは非常に丈夫で生命力が強く伸びるのが早い木です。

 

一年程そのままにしておいても大丈夫な様に、しっかり目に切っています。

3.害虫対策に薬剤の散布

最後に、害虫対策の薬剤散布を行いました。

 

これからの時期、毒を持った毛虫や蛾の幼虫が木についてしまうことが多いです。

 

放置すると危険な為、スミチオン乳剤という薬剤を散布することで発生を予防します。

 

より安全性に配慮した仕上がりに

植木剪定後

 

今回何よりも注意したポイントは、安全性です。

 

マンションの出入りにかかわるエントランス前の部分に飛び出していたソテツを大幅にカット。

 

 

そして、頭上にまで伸びていたシラカシは出来るだけ高さを低くするようにしました。

 

こうすることでマンションに出入りしやすくなり、次のメンテナンス時の安全性も向上します。

 

更に、全体的に木が小さくなったことで日が差し込み、作業前よりもかなり明るくなりました。

 

 

仕上がりをご覧になられたK様は「見た目もかなりすっきりして、イメージ通りの仕上がりです。来年もお願いしたいです。」と大変満足されたご様子でした。

 

 

マンションは人の往来も多く、植栽を放置してしまうと害虫等の被害が起こります。

 

 

更に、落ちた葉や枝が通行の妨げになり、掃除の手間も発生します。

 

 

早めに植木屋等の業者に依頼するなどして対策しましょう。

 

 

 

奈良県奈良市でマンション植栽の剪定を依頼するなら村上造園まで

<剪定>

シラカシH=3m 4本 

クロガネモチ H=3m 4本

 

ヒラドツツジ 15㎡

ソテツ 1本

 

<薬剤散布>

 全体にスミチオン散布

 

<作業時間>

 

1日

工事費用:27,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後

庭の雑草対策のために砂利敷き|敷石の間の雑草にお困り 奈良県奈良市

砂利敷き前後
作業前 作業後

庭の雑草対策のために砂利敷き|敷石の間の雑草にお困り 奈良県奈良市

庭の敷石の間から雑草が沢山生えて手入れが大変

奈良県奈良市のK様からのご依頼で庭の砂利敷きを行った事例です。

 

K様は奈良市に中古住宅を買ってリフォームして住むとのことで、内装リフォームは済んだけれど、お庭がそのままの状態でした。

 

購入時から、お庭の雑草が気になってたとのことで、敷石の隙間から雑草が生えないようにしたいと、弊社村上造園にご相談下さりました。

 

当初は芝生も検討されていましたが、草引きよりも手入れが大変で、車止めの部分だけ禿げたり、枯れたりしてしまう恐れがあります。

 

また、人工芝もメンテナンスが大変です。

 

防草シートを敷く場合、上に砂利を敷かないといけませんが、今回の隙間程度なら、シートを敷かずとも砂利だけでも十分な防草効果が得られると考えられました。

 

お客様にそのことをお伝えすると、「砂利敷きでお願いします」とのことでした。

 

砂利敷き以外にも、玄関横の植栽スペースにゴールドクレストを3本植えてほしいとのご要望がありました。

 

庭の雑草対策のための砂利敷きの作業内容

作業内容を紹介します。

 

1.敷石間の雑草と土を取り除く

最初に敷石と敷石の間の土を雑草ごと取り除きます。

 

雑草を取っただけの上に砂利を敷くと、十分な厚みになりません。

 

だいたい5cmほどの深さまで、スコップでこまめに土を削り取っていきました。

 

土は処分するため袋に詰めてトラックに積み込みました。

 

 

2.砂利敷き

砂利を4cmほど敷きます。

 

敷石より1cmほど低くするのは、散らばりにくくするためです。

 

砂利は左官仕上げに使う目が細かい1cm前後の角が丸い砂利を使用しました。

 

お客様は安い砂利をご希望でしたが砕石だと見た目が悪いとのことで、上記の砂利を使用しています。

3.ゴールドクレスト植栽

玄関横の植栽スペースにゴールドクレスト3本を等間隔に植えて作業は終了です。

 

庭の敷石の隙間に砂利を敷いて新居の雑草対策が完了

砂利敷き後

 

K様は昼過ぎくらいから見に来られ、作業が完了したお庭を見て「綺麗になりましたね!草が生えてこなくなって安心です」と嬉しそうなご様子でした。

 

庭の雑草対策の方法は様々ですが、今回のように敷石の隙間など細かいスペースの場合は砂利敷きで十分な防草効果が得られることがあります。

 

砂利の飛散防止には「固まる砂利」がおすすめ

砂利には散らばって汚い・減ってしまうというデメリットがありますが、最近は「固まる砂利」(砂利を専用の薬剤で固めて施工)も登場して利用される方が増えています。

 

【固まる砂利の事例】

小さな玄関アプローチへの砂利敷き|雑草対策と砂利の飛散対策 大阪市住吉区

 

このように、お庭やスペースに合った方法で雑草対策なさってくださいね。

 

お困りの際は植木屋やエクステリア業者に相談されることがおすすめです。

 

奈良県奈良市で庭の雑草対策のために砂利敷きするなら村上造園まで

<砂利敷き

30㎡

 

<土処分> 

0.5㎥

 

<植栽>

 ゴールドクレスト:高さ1.5m3本

 

<作業時間>

1日

工事費用:100,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後

ブロック塀の部分撤去と植木の伐採|左官工事で平坦に 大阪府枚方市

 

ブロック塀撤去前後
作業前 作業後

ブロック塀の部分撤去と植木の伐採|左官工事で平坦に 大阪府枚方市

家の前のブロック塀を撤去したい

弊社HPをご覧になった大阪府枚方市のT様からのご依頼で、ブロック塀の撤去と地面の左官を行った事例です。

 

T様邸の前には写真のようにブロック塀に囲まれた植え込みスペースがあり、地面に植えた木が大きくなりすぎてジャングルのようになっていました。

 

作業前

 

T様はこの木々をなかなか手入れできずお困りで、スペースを有効活用できていないから、いっそ無くして、自転車などを置ける平らなスペースにしたいとお考えでした。

 

今回の工事では、全部は撤去せず、最低限の工事をご希望でしたので、自転車などの出し入れがしやすいようにコーナー部分だけの撤去を行いました。

 

ブロック塀撤去と植え込み伐採の作業内容

作業の内容を紹介します。

 

1.植木の伐採

まず、ブロック塀と家の間にある植え込みスペースの木を撤去します。

 

根元から伐採し、フェンスにからまってるところもある程度取り除きました。

 

2.土と根の撤去

植え込みスペースの地面にセメントを敷くための下準備として土の撤去を行います。

 

下地の砕石を入れる厚みも考え、深さ10cmくらい掘りました。

 

その際、邪魔になる木の根も撤去し、穴が開いた部分は均等に地ならししておきました。

 

3.フェンス部分の撤去

塀の上に設置されたアルミフェンスを撤去します。

 

切り離し部分はちょうど角だったので、コーナー用ジョイント部分の金具を取り外すだけで分離できました。

 

そのあと、ブロックに接合されている根元を切断し、ブロックから取り外しました。

 

ジョイントを外した残りのフェンスの端部には、保護キャップを取り付けます。

 

保護キャップは撤去した側のフェンスについていた物を使用しました。

 

4.ブロック塀の撤去

まず、撤去する部分と残す部分の境界をグラインダー(丸ノコのような電動機器)でカットしておきます。

 

先にこの部分を切り離しておかないと全部壊れてしまう恐れがあるからです。

 

その後、玄関側のブロックから叩き割って崩していきます。

 

地面付近は、平らにする必要があるので、深めに抉り出すようにハンマーで割り削りました。

 

5.事前セメント処理

翌日セメント左官を行いますが、あらかじめ整えておくと作業がしやすい端部や、ブロック塀撤去部分などにあらかじめ荒くセメントを塗っておきます。

 

この時、凹凸が残るブロック塀の切断面も、擦れて危なくないようにセメントを塗布しておきました。

 

6.セメント下地作り

翌日、セメントの下地として、砕石を6〜7cmほど入れて敷き均しました。

 

7.セメント左官

粗塗り・中塗り・上塗りの3つの工程に分けて、セメント左官工事を行いました。

 

排水溝の方に水が流れるように勾配をつけつつ、玄関前の既存のセメント面との高さの差がないようになじませました。

 

荒れた植え込みとブロック塀がなくなりスッキリした

ブロック塀撤去後

 

作業後のスペースを見て、T様は「植え込みとブロックがなくなってスッキリしましたね。きれいに仕上げてもらってよかったです」とお喜びでした。

 

家の敷地内のブロック塀は、邪魔になっていてもなかなかご自身では撤去が難しいかと思います。

 

ブロック塀を無くしたいときは、エクステリア業者のほか、弊社のような植木屋に依頼して撤去することも可能ですので一度相談されることがおすすめです。

 

大阪府枚方市でブロック塀の撤去を依頼するなら村上造園まで。

<ブロック塀撤去

ブロック塀撤去:2m

フェンス撤去:2m

植木撤去:H=2m3本

左官工事:3㎡

土・ブロック処分:軽トラ1台

 

<作業時間>

2日

工事費用:78,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後

1㎡の花壇を撤去して自転車置き場にしたい 奈良県生駒市

p

花壇撤去前後
作業前 作業後

1㎡の花壇を撤去して自転車置き場にしたい 奈良県生駒市

何も植えていない花壇をなくして自転車置き場にしたい

奈良県生駒市のA様から、「家の前の花壇をなくして自転車置き場にしたいのですが」とお問い合わせをいただきました。

 

A様は、自転車2台を置くスペースにお困りで、現在は駐車スペースの横の狭い隙間に無理やり置いている状態だったそうです。

 

そこで、家の玄関を出てたところに設置されている1㎡程度の何も植えていない花壇を撤去して、自転車を置くスペースにしたいとお考えになったそうです。

 

花壇撤去前

 

通常、花壇を撤去する場合、土のままにされることが多いですが、今回は自転車をおきたいので平らにして欲しいとのご要望がありました。

 

ただ、周囲と同じタイルにする場合、同じ品番があるかわからない・タイルの専門業者を呼ばなければならず高額になることをお伝えすると、セメントで固めて平らにしていただくだけで大丈夫とのことでした。

 

作業は1日かかることと、撤去後の土とコンクリを処分する施設の営業日の兼ね合いで平日しか作業できないことをお伝えし、奥様がご在宅の日に作業を行うことになりました。

 

花壇撤去作業の内容

花壇撤去を行い平らにする工事の作業内容を紹介します。

 

1.花壇の土を撤去

まずは花壇の中の土を撤去します。

 

スコップでバケツに移し替え、ある程度たまったらトラックに移し替えます。

 

2.レンガの撤去

レンガでできた花壇の壁を壊しますが、最初に両端のブロック塀と家の外壁との境界にディスクグラインダー(小さな丸ノコ)で切り込みを入れておきます。

 

この部分がついたままだと、レンガと共に壁も壊れる恐れがあるからです。

 

それ以外の部分もグラインダーで切り込みを入れながらハンマーなどで打ち壊していきます。

 

3.下地作りのための土撤去

タイル面に合わせて平らにセメントを敷くために、地表より低く土を掘り下げます。

 

セメントの下に、砕石の下地を敷くため10cmくらい掘るひつようがあります。

 

こちらも土をスコップで掘り出して、バケツでトラックに積み込みました。

 

4.下地作り

セメントを平らに敷くための下地として、砕石を6〜7cmほど敷き詰めます。

 

5.セメントを入れる

セメントは、A様に水道を借りて、現地でバケツで練ってつくります。

 

砕石の上に粗塗り用のコテで載せ、そのあと中塗り用のコテで整え、最後に仕上げ用のコテで周囲と段差がないようになめらかにしました。

 

3度に分けることによって平らで滑らかに仕上げています。

 

6.周囲の掃除

タイルの面など汚れたところを雑巾で拭いて掃除します。

 

固まる前の柔らかい状態だと薄く広がって余計に汚れるので、少し硬くなった状態で、取り除きました。

 

花壇がなくなり平らな自転車置き場になった

花壇撤去後

 

作業後、平らになった玄関前を見てA様は「花壇がきれいになくなって良かったです」と喜んでいらっしゃいました。

 

今回の現場のような、新興住宅地では車を置くスペースがあっても自転車を置くスペースまで用意されていないことがあります。

 

また、1台なら置くことができても家族が増えるなどの理由で台数が増えると置けなくなることもありますよね。

 

そういった場合、この事例のように、使っていない花壇などのスペースを自転車置き場にリフォームできることもありますので、植木屋やエクステリア業者に相談されるのがおすすめです。

 

奈良県生駒市で花壇の撤去を依頼するなら村上造園まで

<花壇撤去

花壇撤去:1㎡

左官工事:1㎡

土・ブロック処分 :軽トラ1台

 

<作業時間>

1日

工事費用:40,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後

庭木を撤去して芝生にしたい|いらない木が多く自分でやるのが大変 大阪市西成区

芝張り前後
施工前 施工後

庭木を撤去して芝生にしたい|いらない木が多く自分でやるのが大変 大阪市西成区

LINEから木の撤去と芝張りの見積もりを依頼

大阪市西成区のT様からのご依頼です。

 

「庭を芝生にしたい」とのご要望で、LINEからお庭の現状の写真と、大体の面積をお教えいただき、見積もりを行いました。

 

T様は新築住宅のお庭に木を植えてみたものの、やはり芝生にしたいと思い直されたそうです。

 

芝張りにあたり、広々とした芝生にするために、邪魔になる庭木もすべて撤去したいとお思いでしたが、ご自身では難しいと判断され村上造園にご依頼いただいたとのことです。

 

木を撤去して芝張りを行うのは大変な労力が必要な上、撤去した木の処分は一般家庭では大変だと考えられます。

 

木の撤去後お庭の形に合わせて芝張り

植えたばかりの木だったのですぐに撤去できた

建売の新築住宅でしたので、木もまだ根をしっかりと張っておらず、簡単に抜くことができました。

 

生垣と手前側にある数本の木を残して全て撤去し、撤去後の木は1箇所にまとめてトラックに積み込みました。

 

木撤去中

 

芝張り前に地面を整地

木を抜いてデコボコになった地面を整え、余計な土は撤去しました。

 

特に雨水マス周辺の地面が盛り上がっていると、マスが芝生に覆われ開けづらくなる恐れがありますので、少し低くしておきました。

庭の形に沿うように芝張り

建物に隣接する部分や、雨水マス周辺は形を合わせるように、パネルをカットして芝張りしました。

 

また、手前の植木の根元にはもともと芝生がありましたが元気のない状態でしたので、元気な部分は残し、枯れた部分は撤去し、あたらしい芝を張るという、少し込み入った作業を行いました。

 

最後に隙間を埋めて根を張りやすくするための目土をかけて作業は終了です。

 

雑然としたお庭が芝張りでスッキリした

芝張り後

 

作業が完了したお庭を見たT様からは「芝生があるのとないので全然違いますね!依頼してよかったです!」とお喜びの言葉をいただきました。

 

また、LINEで手軽に依頼できた点や、自分で行うと処分に困る撤去した木も引き取ってもらえる点にも大変喜んでいらっしゃいました。

 

お仕事や家事でお忙しいと、「植木屋さんに来てもらいたいけど、電話もPCメールも億劫だな…」と思われている方が多いとおもいます。

 

弊社では、LINEで手軽にお見積もりが可能ですので、芝張りなどお庭にお悩みがある方は是非一度ご相談ください。

 

その際、お庭の現状の写真・面積等のデータをご用意いただけますと、さらにスムーズにお話を進めることができますので、少しのお手間をいただけますと幸いです。

<芝張り工事>

・木の撤去

・整地

・芝張り(コウライシバ)

35㎡

 

・残土処分

0.1㎥

 

<作業時間>

1日間(1人)

工事費用:70,000

斜面の庭づくり|芝張り・レンガ舗装・階段設置 大阪市淀川区

斜面の庭づくり
施工前 施工後

斜面の庭づくり|芝張り・レンガ舗装・階段設置 大阪市淀川区

家の裏の斜面を芝生にして歩けるスペースも作りたい

大阪市淀川区のK様からのご依頼です。

 

家の裏手のマンションから続く斜面の敷地が、荒れているのできれいな芝生の庭にして欲しいとのご要望がありました。

 

斜面は3段に分かれており、一番下は花壇、2段目と3段目は斜面になっており、板でせき止められている状態でした。

 

作業前の斜面

 

斜面には雑草やハーブなどが生えており奥には花も植えられていましたが、斜面に上がる階段がなく、斜面にも歩くスペースがなくお世話をするにも不便な状態でした。

 

K様は芝張り以外に、1段目と2段目、2段目と3段目の間にレンガ敷きの歩行スペースを作って欲しいとのことでした。

 

斜面に上がる階段もないので設置して欲しい

当初は、芝張りとレンガ積みだけの予定でしたが、せっかく歩けるきれいなお庭にするなら、簡単に行き来できるように階段もつけたいと、階段作りもご依頼いただきました。

 

階段は、普通の四角い階段ではなく、丸いオシャレな階段にして欲しいとのご希望がありました。

 

斜面の庭づくりの工程

除草剤散布

斜面にもともと生えていたハーブのような雑草は強靭で、少し刈ったり抜いたりしただけでは、また生えてきてしまいます。

 

雑草をある程度の高さまでカットした後、葉から吸収するタイプの除草剤を散布して完全に枯らします。

 

水溶性で葉から吸収するタイプの除草剤は、1週間程度で草が枯れたらすぐに別の植物を植えることも可能ですが、芝が影響を受けないよう念のため1ヶ月の期間をあけてから、工事を開始しました。

 

斜面の土の成型

斜面の歩行スペースを2箇所確保するため、土を切り崩して、形を整えます。

 

通路のレンガ敷き・ブロック積み

通路にレンガを敷き、斜面までの立ち上がり部分には正方形のオシャレなブラウンのブロックを2段積み上げました。

 

斜面への芝張り

ブロックが固まったら、斜面を慣らし、芝を敷いたときに盛り上がりすぎないように少し土を減らします。

 

その後コウライシバのシートを竹の串で固定しながら、斜面の上の方から貼っていきます。

 

最後に、芝が定着しやすいように目土をかけました。

 

斜面までの階段設置

斜面の右端に、4分の1の円形の階段を設置しました。

 

まず土を積み上げた後、コンクリートで階段を作り、側面にはブロックを積みました。

 

階段の真下にあたる部分に、排水口がありましたので、排水口の位置を移動する工事も行いました。

 

設置した階段

 

階段も斜面もオシャレな雰囲気の庭に仕上がった

K様は仕上がりにご満足され「キレイになってよかったです!階段もオシャレにしていただいてありがとうございます」とお喜びの言葉をいただきました。

 

作業後の斜面の庭

 

斜面の庭づくりは、土を減らしたり増やしたりして、さらに流れ出さないようにする工夫が必要なので、普通の庭よりも作業が難しいです。

 

今回のように少し高台になっている場所ですと転落の危険もありますし、斜面の庭づくりにお困りの際はプロの造園業者に依頼されることがおすすめです。

 

弊社、ではお客様のご予算やご要望をしっかり聞いて作業をさせていただいていますので、斜面の庭づくりのことなら是非、村上造園にご相談ください。

LINEでのご相談も可能ですので、ぜひお気軽にご利用ください!

<芝張り>

コウライシバ
50㎡

 

 <外構工事>

ブロック積み
20㎡

 

レンガ舗装
10㎡

 

階段設置 

 

<作業時間>

7日間(4名)

工事費用:650,000

小さな玄関アプローチへの砂利敷き|雑草対策と砂利の飛散対策 大阪市住吉区

除草・砂利敷き・砂利固定
施工前 施工後

小さな玄関アプローチへの砂利敷き|雑草対策と砂利の飛散対策 大阪市住吉区

玄関アプローチに雑草が生えないようにしたい

大阪市住吉区の戸建て住宅にお住まいのT様からのご依頼です。

 

「アプローチが雑草だらけで管理できず困っているのですが…」

 

ご相談いただきお伺いすると、T様邸は道路から玄関ポーチまでの間に、細いコンクリートが等間隔に並べられた小さなアプローチがあり、コンクリートのスキマから雑草が生えてきていました。

 

除草前のアプローチ

 

砂利を敷きたいけれど飛散とスキマからの雑草を懸念

T様は雑草対策に砂利敷きを検討されていましたが、道路から程近いため、「砂利が散らばると迷惑になるのではないか」と懸念されていました。

 

また、「砂利を敷いても、砂利と砂利のスキマからどうせ草が生えるのでは…」とお考えでした。

 

防草シートと砂利を固める接着剤「固まるくん」の使用を提案

T様のお悩みをお聞きした上で、まず除草した後、コンクリートのスキマに防草シートを敷くことで雑草が再び生えるのを防ぐ処理を提案しました。

 

さらに、砂利を固めて散らばらないようにする専用接着剤「固まるくん」で砂利を固める工事をご提案すると、「そんな便利なものがあるんやねー!」と驚かれ、「想像はつかないけど、良さそうだから試しにやってみてください」と実際に工事を行う事になりました。

 

雑草対策と砂利敷き・飛散対策の作業内容

除草と防草シート張り

雑草を残さないように取り除き、土も3~4cm堀り出しました。

 

その後、防草シートをコンクリートの隙間に合わせて細くカットし、ピンで留めていきます。

砂利敷きと「固まるくん」を使った砂利飛散対策

スキマに砂利を入れていきます。コンクリートの縁より高すぎたり低すぎたりすると、つまずく原因となりますので高さをあわせました。

 

砂利を固める処理の前に、接着剤が他の部分につかないように養生を行います。

 

接着剤「固まるくん」は砂利が濡れた様なツヤが出るので、他の部分につくとその部分も不自然に光沢が出てしまうからです。

 

「固まる君」施工前

 

一気に流し込むと、溢れたりムラが出たりするので、用材の原液を霧吹き容器に移して、吹きつけながら少しずつ砂利に浸透させていきます。

 

この時、垂れて汚くならないように、アプローチの玄関側から道路側、つまり高いほうから低いほうに向かって作業を行いました。

 

小さなアプローチの細部まで丁寧に防草・砂利敷きを行った

今回は、小さなアプローチの細いスキマを丁寧に除草・防草し、砂利敷きと、飛散防止のための処理を行いました。

 

T様は「最初は想像もつかなかったけど、キレイになりましたね!」と、しっかり固定された砂利を見てお喜びでした。

 

「固まる君」施工後

 

まだあまり知られていませんが、道路に面したアプローチや花壇など、砂利がはみ出ると困る場所にオススメなのがこの「固まるくん」です。

 

砂利が動かないのでお掃除もラクになるのではないでしょうか。

 

「固まるくん」の耐用年数は約5年といわれており、砂利がバラバラになってきたら補修のサインですが、再び「固まるくん」の液を吹き付けて固めるだけで元通りになります。

 

アプローチの雑草対策をしたいけど砂利は飛び散るからちょっと…と思われている方もぜひこの機会に村上造園までご相談ください。

<雑草対策>

防草シート
3㎡

 

砂利(五色砂利中粒)
3㎡

 

砂利固化材(固まるくん)
2kg

 

<作業時間>

4時間

工事費用:40,000

マンション中庭植栽工事|何回も枯れるので違う植木を提案 大阪府大阪市鶴見区のマンション

 

   
施工前 施工後

マンション中庭植栽工事|何回も枯れるので違う植木を提案 大阪府大阪市鶴見区のマンション

何回も同じ場所が枯れるので調べて欲しい

今回ご依頼いただいた鶴見区のマンションの管理人G様は、以前、低木のサツキが枯れたので植えたが枯れたとの事です。何回も枯れるたび、住民様に怒られ困っていたところネットの検索で見つけた様です。

 

 枯れている植木がまだありましたので、枯れた植木はサツキだと分かりました。まず最初に土の状態を見ます水がたまり土が腐っていないかです。これは大丈夫でした。次は日当たりですが、これは、マンションが竣工した時の植栽計画がどうかになります。やはり、これでした。サツキは低木ですが、乾燥に少し弱く日陰に弱いです。マンションの植栽計画ではよくある1年かれなっかたらいいという植栽計画です。日当たりなどは、マンションを建てる時にシュミュレーションするので日当たりの時間場所は建てる前から解ります。これを基にしっかり植木を選べばこの現状はありません。

今回は、日陰に強いマホニアコンフーサを植えさせていただきました。この植木はヒイラギナンテンの仲間で葉が細長く笹の葉のような感じです。黄色い花が咲きますがあまり面白くありません。脇役になる植木です。

これでマンションの管理人様も住民様の話が出来るでしょう。

新しいマンションでも早い時期に植木が枯れ込み歯抜けになっています。枯れてからでは中々予算が出にくいので最初の設計の段階から考えればと思います。

弊社は工事だけではなく植栽設計から致します。建設予定のオーナー様よろしくお願い致します。

マンションの植栽工事・造園設計は村上造園まで!

 

 

大阪市鶴見区のマンションの植栽なら、大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

 

 

<植栽>

 

マホニアコンフーサ

H0.3m 3本

 

<作業時間>

 

2時間

工事費用: 8000円(税込)

固まる土の撤去と植栽|花壇の表面が割れて汚い 大阪府堺市の店舗

 

植栽工事オタフクナンテン
施工前 施工後

固まる土の撤去と植栽|花壇の表面が割れて汚い 大阪府堺市北区の店舗

花壇の固まる土を撤去して木を植えて欲しい

今回ご依頼いただいた堺市の店舗のG様は、以前、店舗の駐車場の一角に設けられた30㎡の花壇に雑草対策のために固まる土を施工されたそうです。

 

しかし、年月を経るとともに固まる土が割れてきて、その隙間から草が生えたり、割れた固まる土が転がったりして、殺風景で汚い状態になってしまってお困りでした。

 

植栽工事オタフクナンテン

 

植栽工事オタフクナンテン

 

そこで、固まる土を撤去して、今度はもっと見栄えが良くなるように植木を植えたいと、弊社にご依頼いただきました。

 

植栽として管理しやすいオタフクナンテンを指定

固まる土の撤去後に植える木には、オタフクナンテンをご希望されました。

 

オタフクナンテンは、常緑の低木で、大きくなりにくく乾燥にも強い品種で、冬場など乾燥すると葉が赤く紅葉して美しいことも特徴です。

 

乾燥で赤く紅葉するので水やりが不足していると枯れる前に対策できるので店舗の植栽向きの木と言えるでしょう。

 

G様からは約30㎡の花壇で1㎡あたり5本ほどの密度で植えて欲しいとご指定いただきました。

 

固まる土の撤去と植栽の工程

1.固まる土を割りながら撤去

固まる土は3cmほどの厚みがありカチカチに固まっているので、ハンマーで叩き割り、撤去しながら雑草も同時に取り除きました。

固まる土が残っていると、植栽時にうまく植え付けられないので取りこぼしのないように注意しました。

 

2.土の改良

固まる土を撤去してデコボコになった花壇に、バーク堆肥とパーライトを加えて撹拌し、表面を均します。

 

3.オタフクナンテンの植栽

オタフクナンテンは1㎡あたり約5本を目安に、均等に植え付けていきます。

この時、内側からではなく、まず外周をきれいに植えてから、徐々に内側を埋めていくように植えていくときれいにできます。

 

固まる土が割れて汚なかった花壇がきれいに

固まる土が割れ、雑草が生えて荒地のようだった花壇が、見違えるようになって、依頼主のG様にもお喜びいただくことができました。

 

植栽工事オタフクナンテン

 

雑草対策として手軽に施工できる固まる土ですが、年月を経るとどうしても劣化し、劣化部分からは再び雑草が生えてしまいますが、カチカチに固まった土は取り除くのが大変ですよね。

 

また、花壇を固まる土で埋めてしまったけれど、また花を植えたいという場合もあるかと思います。

 

固まる土の撤去や、撤去後のスペースについてお困りでしたら、是非一度、村上造園にご相談ください。

 

大阪府堺市の店舗花壇の固まる土の撤去と植栽なら、大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

<外構工事>

 

固まる土撤去

約30㎡

 

<植栽>

 

オタフクナンテン

H0.3m 158本

 

<作業時間>

 

2名で1日

工事費用:160,000円(税込)



無料お見積り・ご相談

06-7504-4848
LINEから
お庭の写真を送れます
メールでの
お問い合わせ・見積もり依頼

LINEからも無料お見積り・ご相談が可能です。お庭の写真を送信していただければ、すぐにお見積り金額をご提示できます。

pagetop