お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
Email: info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00

menu

  1. Home
  2. >
  3. 造園・外構工事

造園・外構工事

造園・外構工事

造園・外構工事の作業事例。記事数は56件となります。

植木の剪定・伐採など、お庭のお手入れなど植木屋サービス、植木の植栽や花壇、インターロッキング、砂利敷き、フェンス工事、などの造園作業まで… お庭のことはお任せ下さい!

造園・外構工事

カーポート・駐車場施工・飛び石の設置、花壇の修復・リフォーム、自動散水・フェンス設置・生垣作成・砂利敷・犬や猫の侵入防止に柵設置等を行います。植木は1本・芝生は1㎡から、砂利は1袋から販売致します。

施工事例

自作の花壇を撤去して2色のレンガを使用した花壇を作成した事例|大阪市平野区K様

 

自作の花壇を撤去して2色のレンガを使用した花壇を作成した事例|大阪市平野区K様
作業前 作業後

自作の花壇を撤去して2色のレンガを使用した花壇を作成した事例|大阪市平野区K様

「今ある花壇を撤去して新たにレンガを積み直してほしい」とのご要望

今ある花壇を撤去して新たにレンガを積み直してほしい(施工前)

 

当社ホームページをご覧になられた大阪市平野区のK様より、「花壇撤去・花壇作成(レンガ積み)」を電話にてご依頼いただいた事例です。

 

「自分たちで作った花壇が気に入らないので、今ある花壇を撤去して新たにレンガを積み直してほしい」とのご要望でした。

また、ホームページの事例をご覧になられて「レンガを2色使いたい」とのことでした。

 

まずは、作業で出るゴミの量を確認するために現地へ訪問し、花壇の状態を確認させていただきました。

また、以前の事例と同じレンガは手に入らなかったため、その他のレンガを提案させていただき、お写真もお送りさせていただきました。

 

その後、作成した見積り内容をご確認のうえ、当社へご依頼いただきました。

 

レンガでの花壇作成ではレンガの配置や色のバランスなども気になるポイントだと思われます。

当社では、事前に花壇の完成予想図もPCで作成してご確認いただいています。

 

作業内容と手順

作業の流れは以下の通りです。

 

1.土・植木の撤去
2.花壇の撤去

3.レンガ積み

4.掃除・片付け

 

1.土・植木の撤去

まずは、花壇を撤去する前に、花壇内の土をシャベルで土嚢袋に詰めていきました。

土を土嚢袋に詰めていったのは、新たにレンガを積んだ後に花壇内に土を戻すためです。

また、植わっていた植木も掘り起こし、サザンカ以外の草木はゴミとして処分しました。

 

2.花壇の撤去

次に、花壇のコンクリートブロックをハンマーで叩き、撤去していきました。

その際、地面の下の方にこびりついていたセメントもきれいに外していくように注意を払いました。

花壇の撤去作業後は、周囲を掃除してきれいにしました。

 

3.レンガ積み

次に、レンガを積む準備としてセメントでレンガの土台を作り、水平を出す作業を行いました。

こちらのお宅では、写真の右側に水が流れるように地面に傾斜がついていましたので、土台の右側を分厚くする必要がありました。

土台作りをする際は水平器を使い、水平になっているかしっかりと確認しながら作業を進めていきました。

 

次に、レンガ積みです。

作業にはレンガゴテを使い、色のバランスに気を配りながら1段目から順にレンガを積んでいきました。

大きな花壇はレンガを4段積み、小さな方は車を駐車しやすいように3段積みにしました。

 

夕方にはある程度セメントが乾いてレンガが固定されたため、土嚢袋に入れていた土を花壇に戻しました。

また、翌日にはレンガがしっかりと固定されていたため、新たに足りない土を足してサザンカを埋め戻しました。

 

4.掃除・片付け

最後に、道具の片付けと周囲の掃除を行います。

これで作業は終了です。

出たゴミの量は、軽トラック半分程度でした。

 

「花壇撤去・花壇作成(レンガ積み)」作業を2人1日で完了

今ある花壇を撤去して新たにレンガを積み直してほしい(施工後)

 

自作の花壇撤去と2色のレンガを使用した花壇作成作業が完了しました。

作業は2人で行い、かかった時間は1日でした。

 

作業後はお客様にお立合いいただき、「色のバランスも良く、きれいになりました」との声をいただきました。

ご満足いただけた様子で、大変良かったです。

 

一戸建てはもちろんマンションやビルの花壇撤去・花壇作成(レンガ積み)作業をご検討の方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区で花壇撤去・花壇作成(レンガ積み)をご検討中なら「村上造園」までお気軽にご相談ください!

 

 

その他の植栽事例

 

<作業内容>

■レンガ積み

花壇撤去

レンガ積み 4m

 

<作業時間>

2人1日

工事費用85,000円
 

 


自転車やバイクを置くのに邪魔になっていた高さ1.5m、幅2mの塀を撤去した事例|大阪市大正区T様

 

自転車やバイクを置くのに邪魔になっていた高さ1.5m、幅2mの塀を撤去した事例|大阪市大正区T様
作業前 作業後

自転車やバイクを置くのに邪魔になっていた高さ1.5m、幅2mの塀を撤去した事例|大阪市大正区T様

「自転車が置きにくいので塀を撤去してほしい」とのご要望

自転車やバイクを置くのに邪魔になっていた高さ1.5m、幅2mの塀を撤去した事例|大阪市大正区T様(作業前)

 

当社ホームページをご覧になられた大阪市大正区の一戸建てにお住まいのT様より、「塀の撤去」をLINEにてご依頼いただいた事例です。

 

玄関前の高さ1.5m、幅2mの塀について、「自転車やバイクが置きにくいので撤去してほしい」とのご依頼でした。

 

LINEにてお写真も送ってくださっていましたが、出るゴミの量や必要なセメント量を確認するために、まずは現地へ訪問しました。

 

現地では塀の大きさや作業場所の面積を確認させていただき、見積りを作成しました。

その後、見積り内容をご確認のうえ、当社へご依頼いただきました。

 

作業内容と手順

作業の流れは以下の通りです。

 

1.塀・土や植木の撤去
2.左官作業

3.掃除・片付け

 

1.塀・土や植木の撤去

まずは、塀の周囲の余分な土と植木の撤去です。

土とサザンカはスコップを使って掘り起こし、撤去作業を行いました。

土は軽トラック半分ほどの量を処分しました。

また、土の上に敷いてあった砂利は砕石として使用できるため、別途分けておきました。

 

次に、塀の解体です。

こちらの塀は瓦とコンクリートから出来ており、それぞれの処分場所が違うため、分けて解体していく必要がありました。

 

まずはペンチを使用して瓦を繋いでいる針金を切り、コンクリートの塀から瓦を取り外していきました。

 

瓦が全て外れたら、コンクリートの塀の解体です。

こちらは上から順にドリルを使って粉々にしていきました。

作業は、玄関のタイルなどを傷付けないように注意して進めていきました。

 

2.左官作業

次に、左官作業です。

塀の撤去で出たゴミをトラックに積んでから、地面の整地を行いました。

 

整地後は、下地として砕石を敷き詰めていきます。

この砕石には元々敷かれていた砂利を使用し、足らない分は新しい砕石を追加しました。

 

その後、砕石の上にミキサーで練ったセメントを流し入れ、コテで平らにならしていきます。

この作業を繰り返し行い、最後に全体をコテで押さえて左官作業は終了です。

 

3.掃除・片付け

最後に、道具の片付けと掃除を行います。

これで作業は終了です。

出たゴミの量は、軽トラック1台分でした。

 

玄関前の塀の撤去作業を2人1日で完了

自転車やバイクを置くのに邪魔になっていた高さ1.5m、幅2mの塀を撤去した事例|大阪市大正区T様(作業後)

 

高さ1.5m、幅2mの塀の撤去作業が完了しました。

作業は2人で行い、かかった時間は1日でした。

 

作業後はお客様にお立合いいただき、「きれいになりました。これで自転車もバイクも置けます」とおっしゃっていただきました。

ご満足いただけた様子で、大変良かったです。

 

一戸建てはもちろんマンションやビルの塀の撤去をご検討の方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

大阪市大正区で塀の撤去をご検討中なら「村上造園」までお気軽にご相談ください!

 

 

その他の植栽事例

 

<作業内容>

■塀撤去

塀撤去 H=1.5m、幅=2m

左官工事 4㎡

 

<作業時間>

2人1日

工事費用80,000円
 

 


庭の植木を端に移動して「花壇作成」を実施した事例|大阪市鶴見区K様

 

庭の植木を端に移動して「花壇作成」を実施した事例|大阪市鶴見区K様
作業前 作業後

庭の植木を端に移動して「花壇作成」を実施した事例|大阪市鶴見区K様

「植木を移動して、空いているスペースに花壇を作りたい」とのご要望

庭の植木を端に移動して「花壇作成」を実施した事例|大阪市鶴見区K様(作業前)

 

当社ホームページをご覧になられた大阪市鶴見区にお住まいのK様より、「花壇作成」をメールにてご依頼いただいた事例です。

 

庭にはさまざまな植木が植わっていましたが、「植木を移動して、空いているスペースに花壇を作りたい」とのご要望でした。

 

まずは現地へ訪問し、どれくらいの大きさの花壇を作成できるか確認しました。

その後、作成した見積もり内容をご確認のうえ、当社にご依頼いただきました。

 

作業内容と手順

作業の流れは以下の通りです。

 

1.植木の移動
2.花壇の作成

3.ラベンダーの植え付け

4.掃除・片づけ

 

1.植木の移動

 

まずは、花壇を作成するスペースを空けるため、庭に植わっていた植木を端に移動しました。

 

植木は手前からスコップで掘り起こし、奥の塀に沿ってL字型に植え付けました。

 

植木の配置は、植木の種類やボリューム感、そして背丈を踏まえて検討しました。

花壇完成後の庭全体の見栄えをイメージし、作庭しました。

 

2.花壇の作成

 

次に、お客様に花壇の作成位置を確認していただき、レンガ積みの花壇を作成していきました。

 

初めに、スコップで花壇を作成する場所の土を掘っていきます。

掘り取った土は後で花壇に戻し入れるため、庭の手前側に仮置きしておきました。

 

スコップで土を掘ったら砕石を入れ、その上にセメントを入れて1段目のレンガを並べていきます。

その際、アーチの最初と最後のレンガは、サイズが合うようにカッターでカットしておきました。

 

1段目の作業が完了したら、さらにコテでセメントを塗り、2段目のレンガを積んでいきます。

3段目も同様の作業を行い、半径1.5mの四分円(半円のさらに半分)の花壇を作成しました。

 

レンガを積んでいく際は、きれいに曲線を出すために慎重に作業を進めていきました。

 

また、お客様から「庭を歩きやすいように板を置いてほしい」とのご要望がありましたので、花壇の手前に板石を5枚並べました。

 

3.ラベンダーの植え付け

 

花壇の作成後、先ほど掘り取った土を花壇に戻し入れ、堆肥を混ぜ込みました。

そして、そこにラベンダーを20株植え、水やりを行いました。

 

4.掃除・片づけ

 

最後に、道具の片付けや周囲の掃除を行いました。

これで、作業は完了です。

 

花壇の作成作業を1人1日で完了

庭の植木を端に移動して「花壇作成」を実施した事例|大阪市鶴見区K様(作業後)

 

庭に植わっていた植木を端に移動し、花壇の作成を行いました。

作業は1人で行い、1日で完了しました。

 

作業後はお客様にお立ち合いいただき、「イメージ通りです」との声をいただきました。

ご満足いただけた様子で、大変良かったです。

 

一戸建てはもちろんマンションやビルの花壇作成をご検討の方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

大阪市鶴見区で花壇作成をご検討中なら「村上造園」までお気軽にご相談ください!

 

 

その他の植栽事例

 

<作業内容>

■花壇作成

レンガ積み 3段積み

板石 5枚

ラベンダー 20株

 

<作業時間>

1人1日

工事費用50,000円
 

 


新築のテラスへの植栽工事でキンモクセイやタマリュウを植えた事例|大阪市都島区A様

 

新築のテラスへの植栽工事でキンモクセイやタマリュウを植えた事例|大阪市都島区A様
作業前 作業後

新築のテラスへの植栽工事でキンモクセイやタマリュウを植えた事例|大阪市都島区A様

「リビングからつながるテラスに植木を植えたい」とのご要望

新築のテラスへの植栽工事でキンモクセイやタマリュウを植えた事例|大阪市都島区A様(施工前)

 

当社ホームページをご覧になられた大阪市都島区の一戸建てにお住まいのA様より、「植栽工事」をメールにてご依頼いただいた事例です。

 

A様は引っ越したばかりの新築にお住まいで、「リビングからつながるテラスに植木を植えたい」「何をどう植えるか、デザインからしてほしい」とのご要望でした。

 

そのため、まずは現地へ訪問して植木を植えるスペースのサイズを測り、どんな植木が欲しいかなどのヒアリングを実施しました。

その後、図面を引いてお客様にご確認いただき、ご納得いただいた内容で見積もりを作成しました。

 

植木は、お客様のご要望でしたキンモクセイを中心に背の高い植木を3本選定しました。

また、背の低い青々としたタマリュウで土にコントラストを付け、石垣のフチにはイワナンテンをあしらうことにしました。

 

作業内容と手順

作業の流れは以下の通りです。

 

1.石積み・整地
2.植栽

3.水やり

4.掃除・片づけ

 

1.石積み・整地

 

テラスには元々一段下がった位置に植栽スペースがありましたが、お客様より「土を上の方まで盛ってほしい」とのご要望がありました。

土の高さを上げることで、リビングからも植栽がよく見えるようになります。

 

そのため、土をテラスと同じ高さまで盛れるように、植栽スペースの手前に石を積みました。

石同士はセメントで接着しています。

 

その後、植栽スペースにバーク堆肥を混ぜた土を追加し、整地をしました。

土は2トン車1台分、追加しました。

 

2.植栽

 

次に、土に植木を植えていきます。

初めに、背の高いブラシノキ・ハイノキ・キンモクセイを奥から順に植えていきました。

 

その後、背の低いタマリュウを奥から手前にかけて曲線を描くように植えていきました。

タマリュウに土が被ってしまうのを防ぐために、タマリュウと土の間にはプラスチックの仕切り板を入れています。

 

次に、キンモクセイの足元にコンフーサ、石垣のフチにイワナンテンを植え、石垣の手前にはバークチップを撒きました。

木を植える際は、植木の高さや色合いなどのバランスに注意して作業を進めました。

 

3.水やり

 

植栽が完了したら、植木に水やりを行います。

土が乾いたら、土の色を隠して濃い茶色に見せるためと雑草防止のため、バーク堆肥を撒きました。

 

4.掃除・片づけ

 

最後に、道具の片付けと掃除を行います。

これで作業は終了です。

 

新築のテラスの「植栽工事」を1人4日間で完了

新築のテラスへの植栽工事でキンモクセイやタマリュウを植えた事例|大阪市都島区A様(施工後)

 

新築のテラスへキンモクセイやタマリュウなどを植える「植栽工事」が完了しました。

作業は、1人で4日間かかりました。

 

塀の向こう側は隣家に面していましたので、外に葉が飛んでいかないように植木は常緑樹を選定しています。

 

作業後はお客様にお立ち合いいただき、「きれいになりました」との声をいただきました。

ご満足いただけた様子で、大変良かったです。

 

一戸建てはもちろんマンションやビルの植栽工事をご検討の方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

大阪市都島区で植栽工事をご検討中なら「村上造園」までお気軽にご相談ください!

 

 

その他の植栽事例