お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
Email: info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00

menu

menu
  1. Home
  2. >
  3. 奈良県生駒市

奈良県生駒市

奈良県生駒市

奈良県生駒市の作業事例。記事数は18件となります。

   植栽後  

 

 

奈良県生駒市記事の一覧です

「お庭のお手入れ(剪定・伐採・除草・消毒)」「植栽工事」「自動灌水ホースの設置工事」など、お庭・植木に関するお悩みはなんでもお気軽にご相談ください。

 

奈良県生駒市

 

大きくなって枯れてしまったゴールドクレストの撤去と植栽(植え替え)奈良県生駒市

 

before-after
作業前 作業後

大きくなって枯れてしまったゴールドクレストの撤去と植栽(植え替え) 奈良県生駒市

ゴールドクレストを新しいものに変えたい

「ゴールドクレストを新しいものに植え替えたい。手入れが追い付かなくて1本は枯れてしまっているし、次からメンテナンスが楽になるようにできないでしょうか。」

 

お電話にてご相談いただきました後、メールで頂いた写真をもとにお見積りを行いました。

 

撤去前 

 

2本あるうちの1本は枯れているものの、もう1本はメンテナンスが追いつかず、屋根に触れるところまで伸びてしまっています。

 

更に、下草もボサボサに伸びてしまっており、見栄えも悪くなってしまっていました。

 

 

剪定しても葉がなくなってしまい、かえって見栄えが悪くなるということもあったので、一旦古い木をすべて撤去し、新しいものを植えることにしました。

 

撤去・植栽作業の注意点と作業内容

今回の注意点は、土中の電線に木の根が絡まっていたことです。

 

玄関前の植栽の場合、古い木を撤去する際に土を掘り起こすと、中に照明用の電線や、インターホンに繋がる電線が埋まっていることがあります。

 

 

木の根を撤去する際は、誤って電線を切ったり、傷つけたりしないように、ハサミやノコギリを使い分けながら慎重に作業にあたりました。

 

土を掘り返す際も同様に、スコップを深く差し込むことはせず、削るようにして少しずつ土をどけていくなど、慎重に作業をしました。

 

また植木を伐採する際には、隣の自転車置き場などに枝がいかないように注意して作業しました。

 

それでは、今回の詳しい作業内容を紹介いたします。

 

植木の伐採

まず初めに、古い植木の撤去を行いました。

 

根本だけを残す形にして、上の部分はすべてカットしました。

 

下草の除去

次に、下草を除去していきます。

 

根を深くまで張る植物ではなかったので、全て手作業で抜いていきました。

 

土の表面が全て見えるようになるまで、しっかりと取り除きます。

 

枯れ木を抜いて、土を掘り起こす

次に、枯れ木の撤去を行います。

 

枯れた木は脆くなっているので、電線などの心配もなく撤去することができました。

 

電線に絡まった木の根を処理する

枯れていない方のゴールドクレストは電線に絡まってしまっている部分があったので、そのまま引き抜くわけにはいきませんでした。

 

なので、電線に傷がつかないように小型のノコギリや、はさみなどを使って根を細かく切っていきました。

 

土壌の改良

古い木の撤去が終わったら、新しい木を植えるために、堆肥を混ぜるようにして耕して、土壌を改良します。

 

支柱の打ち込み

2mの植木になるので、支柱を植えておきます。

 

背が高い植栽は風の影響を受けやすく、場合によっては傾いたり倒れてしまうこともあります。

 

また根が傷んだりもするのを防ぐという目的でも支柱の設置がオススメです。

 

イメージ以上の仕上がりにお客様も満足

植栽後

作業後、ご依頼主様は「支柱まで立てていただき、ありがとうございます!」と大変満足しておられるようでした。

 

ゴールドクレストは成長が早く、刈り込んで形を楽しめることができる反面、屋根がなければどんどん高さも出てきます。

 

毎年、葉先と頂点(高さ)を剪定し、形を整える程度にメンテナンスするといいでしょう。

 

 

今回のご依頼主様にもメンテナンス方法について説明をして、撤収しました。

 

 

奈良県奈良市の植木剪定・伐採なら村上造園まで!

<撤去>

ゴールドクレストH=3m 2本
下草類

 

 

<植栽>

ゴールドクレスト H=2m 2本

 

<作業時間>

 

4時間

工事費用:50,000

 

[metaslider id=8037]


 

1㎡の花壇を撤去して自転車置き場にしたい 奈良県生駒市

 

花壇撤去前後
作業前 作業後

1㎡の花壇を撤去して自転車置き場にしたい 奈良県生駒市

何も植えていない花壇をなくして自転車置き場にしたい

奈良県生駒市のA様から、「家の前の花壇をなくして自転車置き場にしたいのですが」とお問い合わせをいただきました。

 

A様は、自転車2台を置くスペースにお困りで、現在は駐車スペースの横の狭い隙間に無理やり置いている状態だったそうです。

 

そこで、家の玄関を出てたところに設置されている1㎡程度の何も植えていない花壇を撤去して、自転車を置くスペースにしたいとお考えになったそうです。

 

花壇撤去前

 

通常、花壇を撤去する場合、土のままにされることが多いですが、今回は自転車をおきたいので平らにして欲しいとのご要望がありました。

 

ただ、周囲と同じタイルにする場合、同じ品番があるかわからない・タイルの専門業者を呼ばなければならず高額になることをお伝えすると、セメントで固めて平らにしていただくだけで大丈夫とのことでした。

 

作業は1日かかることと、撤去後の土とコンクリを処分する施設の営業日の兼ね合いで平日しか作業できないことをお伝えし、奥様がご在宅の日に作業を行うことになりました。

 

花壇撤去作業の内容

花壇撤去を行い平らにする工事の作業内容を紹介します。

 

1.花壇の土を撤去

まずは花壇の中の土を撤去します。

 

スコップでバケツに移し替え、ある程度たまったらトラックに移し替えます。

 

2.レンガの撤去

レンガでできた花壇の壁を壊しますが、最初に両端のブロック塀と家の外壁との境界にディスクグラインダー(小さな丸ノコ)で切り込みを入れておきます。

 

この部分がついたままだと、レンガと共に壁も壊れる恐れがあるからです。

 

それ以外の部分もグラインダーで切り込みを入れながらハンマーなどで打ち壊していきます。

 

3.下地作りのための土撤去

タイル面に合わせて平らにセメントを敷くために、地表より低く土を掘り下げます。

 

セメントの下に、砕石の下地を敷くため10cmくらい掘るひつようがあります。

 

こちらも土をスコップで掘り出して、バケツでトラックに積み込みました。

 

4.下地作り

セメントを平らに敷くための下地として、砕石を6〜7cmほど敷き詰めます。

 

5.セメントを入れる

セメントは、A様に水道を借りて、現地でバケツで練ってつくります。

 

砕石の上に粗塗り用のコテで載せ、そのあと中塗り用のコテで整え、最後に仕上げ用のコテで周囲と段差がないようになめらかにしました。

 

3度に分けることによって平らで滑らかに仕上げています。

 

6.周囲の掃除

タイルの面など汚れたところを雑巾で拭いて掃除します。

 

固まる前の柔らかい状態だと薄く広がって余計に汚れるので、少し硬くなった状態で、取り除きました。

 

花壇がなくなり平らな自転車置き場になった

花壇撤去後

 

作業後、平らになった玄関前を見てA様は「花壇がきれいになくなって良かったです」と喜んでいらっしゃいました。

 

今回の現場のような、新興住宅地では車を置くスペースがあっても自転車を置くスペースまで用意されていないことがあります。

 

また、1台なら置くことができても家族が増えるなどの理由で台数が増えると置けなくなることもありますよね。

 

そういった場合、この事例のように、使っていない花壇などのスペースを自転車置き場にリフォームできることもありますので、植木屋やエクステリア業者に相談されるのがおすすめです。

 

奈良県生駒市で花壇の撤去を依頼するなら村上造園まで

<花壇撤去

花壇撤去:1㎡

左官工事:1㎡

土・ブロック処分 :軽トラ1台

 

<作業時間>

1日

工事費用:40,000

 


 

レッドロビンの生垣を剪定|LINEの写真でお見積もり 奈良県生駒市

 

レッドロビン剪定前後
作業前 作業後

レッドロビンの生垣を剪定|高さを相談しながら作業 奈良県生駒市

2〜3年生垣を切っておらず見栄えが悪くなってきた

奈良県生駒市のT様からのご依頼でレッドロビンの生垣を剪定した事例です。

 

フェンス沿いに植えられたレッドロビンの生垣を、2〜3年手入れしていなかったところ見栄えが悪くなって気になり始めたそうです。

 

そろそろ切ろうかなと植木屋探していたところ、弊社ホームページをご覧になってLINEでご依頼いただきました。

 

レッドロビン生垣剪定前

 

ご連絡いただいた際に、送っていただいた写真がわかりやすく、すぐに見積もりを行い、実際にご依頼いただくことになったので、お伺いする日を決めました。

 

いくつか日を提案して、都合のいい日を選んでいただき、お伺いすると、生垣は写真の通りだったので、見積もり内容に変更なしで作業を開始いたしました。

 

高さを相談しながらレッドロビン生垣を剪定

生垣はかなり大きくなっていましたので、まずは側面(道路側)を刈り込み、高さも調整する必要がありました。

 

生垣の中はお庭と窓がありましたので、目隠しや日当たりなどを考えてどれくらいの高さに切るか、T様に相談しながら作業を行いました。

 

ご要望は、外から見て窓の半分くらいの高さにしてほしいとのことでした。

 

トリマーで側面を刈り込んでから、てっぺんを揃えていきます。

 

生垣の左端には電柱があり、包み込むようにレッドロビンが生い茂っていたので離すように剪定しました。

 

また、庭の内側はあまり伸びていなかったのでそのままにしておいて良いとのことでした。

 

レッドロビンの生垣の中にはフェンスがあるので、作業中はフェンスに当たらないようにある程度の厚みを残しながら作業を行いました。

 

スカスカになっている部分がありますが、長年切らずに放置すると、伸び方がまばらになり、切りそろえた時に透けてしまうのです。

 

お客様にはご了承いただきましたが、こういったケースもあるので毎年の剪定をおすすめしておきました。

 

写真での見積もり通りにレッドロビン生垣の剪定が完了

 

レッドロビン生垣剪定後

 

お客様は生垣剪定の仕上がりを見て満足されていました。

 

今回の事例では、お送り頂いた写真がわかりやすく、スムーズに見積もりなどのやりとりが可能で、実物を見るのと大差なかったので金額も見積もり通りで終わりました。

 

最近はメールやLINEでの申し込みが可能な植木屋さんも増えています。

 

添付する写真がわかりやすいと見積もりやお伺いまでの流れがスムーズにいきます。

 

例えば…

 

  • 木やお庭全体が写っている
  • 真横から撮影(高さが分かりやすい)
  • 近くに映り込んだ建物の窓や軒の高さと比べられる
  • 複数カ所ある時は全部の場所を撮影

 

というポイントを押さえていただくとうまくいきやすいですよ。

 

弊社でもLINEやメールでのご依頼を受け付けており、遠方のお客様やお忙しいお客様にお喜びいただいています。ぜひお気軽にご相談ください。

 

奈良県生駒市でレッドロビン生垣の剪定を依頼するなら村上造園まで!

<剪定

レッドロビン生垣:高さ3m 長さ20m

 

<作業時間>

3時間

工事費用:20,000

 

[metaslider id=8037]


 

7mのシラカシを強剪定|2階の屋根や雨どいの落ち葉も掃除 奈良県生駒市

 

 シラカシ強剪定前後
作業前 作業後

7mのシラカシを強剪定|2階の屋根や雨どいの落ち葉も掃除 奈良県生駒市

シラカシの落ち葉が近所迷惑になっているから切りたい

奈良県生駒市にお住いのK様からのご依頼です。

 

「家の前の木が大きくなりすぎていて、落ち葉がたくさん落ちて近所から苦情を言われるので切ってもらいたいです」

 

家の一角に植えたシラカシが、7mほどの高さになり、風で落ち葉がたくさん落ちることに大変お困りだったK様は、似たような悩みを解決した方法はないか、ネット検索で探されたそうです。

 

そして、よく似た事例を掲載していた弊社を見つけてご依頼下さりました。

 

2階まで届く7mのシラカシには落ち葉以外にも問題点があった

シラカシは、もうかれこれ5年ほど切っていなかったそうです。

 

強剪定前のシラカシ

 

件のシラカシに関連することで、K様邸およびその周辺には、3つの問題点がありました。

 

  1. 落ち葉が近所迷惑になっていた
  2. はみ出た枝が通行の邪魔になっていた
  3. 2階の屋根や雨どいに落ち葉が溜まっていた

 

シラカシは常緑樹で、まとまって葉が落ちるということがなく、年間通して少しずつ葉が落ちます。

 

しかし、今回のような密に茂ったシラカシの場合は、枝と枝の間で落ち葉が引っかかって止まり、強風が吹いたときにまとまって広範囲に飛散することがあります。

 

また、この木は枝が道路にはみ出ており、所々に折れた跡がありました。

おそらく、大きいトラックが通ったときなど、気づかないうちに枝が折れたのではないかと考えられます。

 

そして、2階の屋根より高くなった木からは、落ち葉が落ち、それらが屋根や雨どいに積もって、水はけを悪くしていました。

 

このシラカシについて、始めは伐採することを検討されていましたが、予算が合わなかったため、強剪定を行うことになりました。

(※伐採だと2名作業で約5万円、剪定なら1名作業で1万5千円)

 

シラカシ強剪定の作業内容

まずは、はしごで登って上から少しずつ、シラカシの枝を切り落としていきます。

 

ご了承をいただいたうえで屋根にも上って枝を切り、ついでに屋根に乗った落ち葉や雨どいのごみを掃除しました。

 

たまった落ち葉のごみは、半分腐って泥状になっており、雨どいはほとんど詰まっていました。

 

なかなか個人では掃除のできない箇所ですが、放っておくと、屋根や家自体を傷ませる原因となりますので、今回は掃除を行うちょうど良い機会でした。

 

ある程度までシラカシの高さをおさえたら、続いて幹の周りの細かい枝を取り除きます。

 

生い茂った木の幹付近は、細い枝がたくさん出るものの、日光不足で枯れやすいです。

今回も枯れ枝を中心に不要な枝を取り除きました。

 

 

剪定後のシラカシ

シラカシの強剪定作業は、ある程度の枝葉を残して終了しました。

 

約5年という長期にわたり剪定を行っていなかったので、いきなり丸坊主にすると弱って枯れてしまう恐れがあったからです。

 

4時間でシラカシの強剪定が完了

シラカシの強剪定作業を終え、お客様からは「苦情の来ていた木の枝がなくなってさっぱりしました。屋根と雨どいも綺麗になってよかったです」と喜びのお声をいただくことができました。

 

作業は6月上旬に行ったので「台風が来ても安心です」ともおっしゃっていました。

 

シラカシは丈夫で育てやすく、庭木や植栽に人気の木ですが、その反面大きくなりすぎることもあり、葉っぱも鬱蒼と茂りますので、定期的な剪定が必要です。

 

庭に植えたシラカシが気になるときは植木屋に相談されることがおすすめです。

 

 

奈良県生駒市でシラカシの強剪定を依頼するなら村上造園まで

<強剪定

シラカシ:H7m 1本

 

<作業時間>

4時間(1人)

工事費用:15,000

 

[metaslider id=8037]


 

年1回のマキ剪定|玄関横の植栽をきれいに整えたい 奈良県生駒市

 

 マキ剪定前後
作業前 作業後

年1回のマキ剪定|玄関横の植栽をきれいに整えたい 奈良県生駒市

毎年剪定を依頼していた植木屋さんが辞めて困っている

「毎年頼んでいた植木屋さんが辞めてしまって、庭の木の剪定に困っています」

 

弊社HPをご覧になった、奈良県生駒市のAさまからのご依頼です。

 

玄関前の植え込みやお庭について、A様はいつもきれいにするよう気をかけられていて、剪定も毎年植木屋さんに依頼されていました。

 

ところが、いつも頼んでいた植木屋さんが辞めてしまい、他を探すことになったそうです。

 

マキ剪定前

 

弊社を選んだ理由をお聞きしたところ、「インターネットで検索した中でも、良く似た剪定の事例がいろいろあり、金額も参考になった決めた」とおっしゃっていました。

 

木は前回と同じ形に剪定して草対策もご希望

Aさまからは玄関前の植え込みなどの剪定ほか、草対策のご要望もありました。

 

草が生えやすく、夏にいつも草引きが大変になって困っているとのことでした。

 

草対策は、本格的にやるなら防草シート工事、もしくは一時的な効果の除草剤散布を行うことになります。

 

しかし、シートはかなり料金かかるほか、除草剤は今回の場所だと木との距離が近く、草系の植栽もあったので枯らせてしまう恐れがあることをお伝えしました。

 

それを受け、A様は草対策について今回は断念され、現在生えている草取りだけ行うことになりました。

 

マキ2本とサツキなどの低木剪定の作業内容

A様は作業をご覧になりたいとのことでしたので、何かご要望があれば随時お声掛けいただくようにお伝えしました。

 

マキ2本とサツキは、剪定は以前切った位置を参考にしながら、丸い形に整えていきます。

 

木以外の小さな葉物も伸びすぎた部分を枯れない程度に切って、細かい雑草は手作業で取り除きました。

 

玄関前なので、いつ人通りがあってもいいように気をつけて作業を行い、剪定後の落ち葉などのゴミは、残さずきれいに掃除しておきました。

 

玄関横のマキなどを例年通り剪定し掃除も丁寧に行った

マキ剪定後

 

A様は作業を終えたお庭を見て、「今年はどうしようかと思っていたけれど、いつもと同じ感じに綺麗になってよかったです!またお願いします!」とお喜びでした。

 

木の手入れを依頼していた植木屋さんが辞めたり、連絡がつかなくなったりして、お困りの方は年々増えています。

 

弊社、村上造園ではそういったお客様からのご依頼を受ける機会も多く、以前と遜色ない仕上がりにご満足いただいています。

 

今回の草対策のように、高額な費用のかかる工事や、ほかの木を枯らす恐れのある作業を無理に勧めることもいたしませんので、お困りの際はぜひご相談ください。

 

 

奈良県生駒市でマキの剪定を依頼するなら村上造園まで!

<剪定

マキ:H3m 2本

低木(サツキ):5㎡

 

<除草

10㎡

 

<作業時間>

4時間(1人)

工事費用:20,000

 

[metaslider id=8037]


 

空き家の竹を伐採|敷地外への落ち葉が迷惑になっている 奈良県生駒市

 

 竹伐採前後
作業前 作業後

空き家の竹を伐採|敷地外への落ち葉が近所迷惑になっている 奈良県生駒市

空き家敷地のフェンス沿いに植えた竹などを切ってほしい

奈良県生駒市の空き家で竹の伐採や庭木の剪定を行った事例です。

 

ご依頼主のS様は現在関東にお住まいで、奈良の家は定期的に状態を確認されているということでした。

 

前年に、台風で家や塀に被害を受け、工務店に修復を依頼していたところ、

 

「道に面したフェンス沿いの植木がだいぶ大きくなっていて、近所の人から切ってほしいと声をかけられたのですが…」

 

と連絡があったそうです。

 

そのまま、工務店経由で弊社にご依頼いただき、翌年の春に作業を行うことになりました。

 

写真のように、奥の竹はフェンスよりもかなり高さが出ており、道路への落葉がひどかったようです。

 

また、手前の金木犀もフェンスから大きく飛び出て、狭い道路の通行を妨げるほどでした。

 

竹伐採前

 

近所からの苦情が出ているということで、「今後は迷惑にならないように竹は伐採し、金木犀などほかの植木はきつめに剪定して、草刈りもしてほしい」とご依頼いただきました。

 

竹の伐採とその他の植木の剪定の作業内容

先述の通り、前の道路が狭く通行の邪魔になりやすい立地でしたので、トラックは30mほど離れた駐車スペースに停めました。

 

また、作業は主に庭から行い、できるだけ外にごみを落とさないように気を付けました。

 

竹20本を効率良く伐採

竹は根元を何本かまとめて、効率よくチェーンソーで刈り取っていきます。フェンスのすぐ傍などの細かい部分は、ノコギリで手作業しました。

 

竹は伐採しても根が残っていたら、また生えてくる強靭な植物です。

 

おそらく、こちらの竹も夏過ぎに根元から小さい芽がたくさん伸びて、復活すると考えられます。

 

除草剤を使うことも可能でしたが、今回の現場では根元にほかの植物が植えられており、「残したい」とのご要望がありましたので伐採にとどめました。

 

除草剤を使えない時は復活してしまうので、こまめに切って小さく保つ必要があることをお伝えしたうえで作業を行っています。

 

金木犀などほかの植木の強剪定と草刈り

フェンスからはみ出すほど大きくなっていた金木犀は、限界まで短く切るイメージで作業しました。

 

ただ、新芽が出ることを想定して不恰好にならないよう、伸びる方向などを見ながらバランスよく剪定しています。

 

その他のサツキなどの低木についても、できるだけ短めに剪定し、草刈りも行いました。

 

ゴミはできるだけ庭の中に落とすようにして、中でまとめてから運び出して、トラックに積み込みました。

 

竹を伐採して他の木は短めに切って空き家での作業は完了

工務店の担当者さんが最初と最後に見にいらして、「だいぶきれいになりましたね~、報告しときます!」と言ってくださりました。

 

関東にお住いのS様には工務店さんからご連絡いただきました。

 

庭木が鬱蒼としていると管理されていない空き家という感じで防犯上よくありませんし、知らない間に近所に迷惑が掛かっていることもあります。

 

だからと言って、すべて伐採してしまうと生活感がなくなり、逆に空き家であることが目立ってしまうかもしれません。

 

どうしても木の管理が面倒という場合を除いて、この事例のように大きくなりにくい木や、短めに切っておいた木をある程度残されることがおすすめです。

 

奈良県生駒市で竹の伐採を依頼するなら村上造園まで!

<伐採

竹:H4m 20本

 

<剪定

キンモクセイ:H3m 1本

低木(サツキ):5㎡

 

<草刈り

10㎡

 

<作業時間>

4時間(1人)

工事費用:20,000

 


 

道にはみ出たオリーブを剪定して見通し改善 奈良県生駒市

 

 剪定前後
植木剪定前 植木剪定後

道にはみ出たオリーブを剪定して見通し改善 奈良県生駒市

オリーブなどの庭木が鬱蒼として見通しが悪くなっている

奈良県生駒市のA様からのご依頼です。

 

門の近くに植えたオリーブと、庭の芝生に植えたオリーブが大きくなりすぎたので、切ってくれる植木屋さんをネットで探していたところ、弊社のHPをご覧になって連絡くださりました。

 

木は10年ほど前に植えられ、以前はご自身で木の剪定をされていました。

 

しかし、自分では木になるところを少し切る程度の作業しかできず、いつの間にか大きくなりすぎたので一度プロにやってもらおうと思われたそうです。

 

オリーブが伸びすぎて駐車場と道路の見通しが悪くなっている

門の前に植えられたオリーブは枝が伸びすぎて、道路側に大きくはみ出ていました。

 

オリーブの右側にはA様邸の駐車場があり、車の出入りの際に見通しが悪くてお困りだったそうで、邪魔な枝を少なくしてほしいとのご要望がありました。

 

広がったシマトネリコのせいで庭を行き来しづらい

庭の芝生に植えられた、シマトネリコは、高さはあまりないけれど幅が広がって庭の半分ほどを覆っています。

 

枝も密集しているので、鬱蒼としており、木の下を通れないので庭の行き来がしづらい状態でした。

 

こちらは、すっきりさせて木の下を通れるように枝を切ってスペースを開けてほしいとのことでした。

 

オリーブとシマトネリコの剪定作業の内容

オリーブの伸びた枝を剪定し見通しをよくする

切ってもすぐに枝が勢いよくのびるので、全体にきつめに縮めて、ある程度伸びても、見通しの邪魔にならないように切りました。

 

バッサリいくこともできますが、木の形を保ちたいというご要望もありましたので、伸びている部分を切るだけにとどめ、形を整えています。

 

 

シマトネリコは全体をすっきりさせ下の枝を減らす

シマトネリコは高さはほとんど変えず、周囲への広がりをおさえ、密集している中の枝を減らしました。

 

また、木の下を通れるように下の方の太い枝もいくつか減らしました。

 

 

伸びすぎたオリーブを剪定して駐車場の見通しがよくなった

今回はきつめに剪定を行いましたが、夏には葉が茂り見栄えがよくなります。

 

シマトネリコもオリーブも温暖な地域の木で、大きくなりやすいことが特長で、それぞれ定期的に剪定することが大切です。

 

シマトネリコは暖かい地域の木なので冬に切ると弱りやすいため、夏〜秋の剪定がおすすめです。

 

オリーブは年中剪定可能ですが、花や実を楽しみたい場合は花が咲く前の早春に剪定を行っておくとよいでしょう。

 

奈良県生駒市でオリーブの剪定にお困りでしたら村上造園まで

<剪定

シマトネリコ:H3m 1本

 

オリーブ:H4m 1本

 

<作業時間>

3時間(1人)

工事費用:15,000

 


 

12mのクスノキを隣との境界から出ないように剪定 奈良県生駒市

 

 

 
植木剪定前 植木剪定後

12mのクスノキを隣との境界から出ないように剪定 奈良県生駒市

隣の庭木(クスノキ)が伸びてきて邪魔になっている

奈良県生駒市にお住いのT様からのご依頼です。

 

「隣の庭の木が邪魔になっているのですが、頼んでも自分では切ってくれないので、交渉してうちで切っていいということになりました。高いところなので切ってもらいたいのですが」

 

 

T様邸とマンションの間に、隣家のお庭があり、そこに大きなクスノキが植えられていました。

 

隣家の方は、植木を大事にされていて、飛び出ている分だけども切ってほしいと依頼しても「切ったら木が弱って枯れちゃう」といってなかなか切ってくれないとのことでした。

 

そのような状況で、T様邸の屋根付近まで伸びた枝から、毎年庭や屋根に大量の落ち葉が落ち、掃除が大変だだったそうで、なんとかしたいと、隣の家の許可とって剪定を行うことになったそうです。

 

以前にも、そのような経緯で一回切ったけれど、高いところはできなかったそうです。

 

今回は、高いところも含めて、長い目で見て枝がフェンスを越えて入らないよう切ってほしいとのご要望がありました。

 

作業前に、お隣の方にもご挨拶に伺い、丁寧に切りますと説明させていただきました。

 

高所作業車で境界を超えているクスノキの枝を剪定

高所作業車をT様邸の駐車場に駐車し、一番奥の枝から順番に剪定を行いました。

 

面を意識してきつめに剪定して境界から距離をもたせる

 

高所だけではなく、一番下の枝も駐車場に停めた車に当たりそうだったので、全体をみて、境界から入らないように枝を切っていきました。

 

境界に沿ってまっすぐ刈り上げるだけだと、すぐ枝が伸びて同じように入ってくるので、1m〜1.5m離れるほどきつめに切っておくことがコツです。

 

腐って折れやすくなっている状態の枝をチェックして除去

また、長年手入れされていない状態でしたので、腐って落ちてきそうな枝がないかも確認しておきました。

 

叩いてみて軽い音したら腐って折れやすくなっている状態です。そういった枝も数本ありましたので取り除いておきました。

 

ゴミは直接落とさず作業車のカゴに乗せて降ろす 

切った枝は直接地面に落とすと危ないので、作業車のカゴの中にある程度ためてから、まとめて降ろすようにしました。

 

T様邸の駐車場の横には人工芝のスペースがあり、枝を勢いよく落とすと剥がれたり傷んだりする恐れがありました。

 

他にも、壁や、T様邸の植木に当たらないように、隣のマンションに入らないようになど、比較的狭い環境で注意して作業を行いました。

 

ゴミは軽トラック山盛りほどの量になりました。

 

10年は境界を超える心配のないようにクスノキを剪定

 

境界から侵入する枝がなくなりT様は「すっきりしましたね!これでしばらく安心です。」とお喜びでした。

 

かなりきつめに切ったので。10年は切らなくて良いという見込みです。

 

法律では境界に侵入する枝は、勝手に切っても良いとされていますが、念のため断りを入れる方多く、その際にトラブルになることは避けたいですよね。

 

今回の隣家さんは「木が弱って枯れると嫌だから切りたくない」とのことでしたが、プロがやるとなかなか枯れることはありませんし、逆に余計な枝の剪定など手入れをする方が木にとって良いというケースも多いです。

 

隣家の木が敷地に侵入してお困りでしたら、早めに植木屋に相談されることがオススメです。

 

弊社、村上造園では、双方が納得して剪定できるよう植木屋としてもお手伝いできればと思っています。

 

奈良県生駒市でクスノキの剪定にお困りでしたら村上造園まで

<植木剪定

クスノキ:H12m 1本

 

<作業時間>

4時間(2人)

工事費用:85,000

 


 

トラブルが起きる前に!空き家の庭木の剪定と伐採 奈良県生駒市

 

施工前 施工後

トラブルが起きる前に!空き家の庭木の剪定と伐採 奈良県生駒市

奈良県生駒市にある空き家(庭付き一戸建て)に植えられていた、マサキの伐採と梅の剪定をした事例です。

 

生駒市在住のI様から「塀から隣接する線路に伸びたマサキと梅の枝を切ってほしい。」とご依頼いただきました。

 

ご依頼いただいた生駒市の一軒家は現在空き家になっており、所有されているI様は同じ生駒市内の別の地域に住んでおられました。

 

生け垣として植えられたマサキは高く伸び葉も生い茂っていました。また花の時期も終わりつつある梅は枝が塀の上から線路側に大きく飛び出していました。

 

隣接する線路は通常は使われていない線路ではあったものの、伸びた枝が列車の運行を妨げてしまったら大変です。

 

マサキは伐採、梅は残してほしいとのことでしたので、マサキ2本を伐採し、梅は塀に登って剪定しました。

 

剪定も伐採も、空き家だからといってただ伸びて邪魔な部分を切れば良い訳ではありません。それぞれの木について適切な方法で処置しないと思わぬトラブルを招くことになります。

 

1.生い茂った2本のマサキは倒れないように伐採

まず植え込みから生い茂った2本のマサキを伐採しました。

5メートルまで伸びた木を根元から切り倒すと、線路側に倒れてしまう危険があります。

 

電車の運行を妨げることはなかったとしても電柱や電線をいためてしまってはなりません。なので、先端から少しずつ短くする方法で2本を交互に根元まで切り詰めました。

根は、おそらく線路まで張っており掘り起こすのが難しいため、そのまま残しました。

 

マサキは枯れにくく生長の早い木で、害虫もつきやすいので、今回のような空き家の庭では管理が難しいかもしれません。

 

2.塀から飛び出たウメの枝を丁寧に剪定

梅は細い枝が長く伸びて塀から線路側に広がっていました。

このような場合伸びた部分を切れば済むわけではなく、きちんとした剪定が必要です。

 

今回は細い枝を間引きながら上辺が平らになるように剪定しました。線路側に伸びた枝も切り、全体がスッキリしました。

 

 

剪定を怠ると思わぬトラブルが・・・

 

①細い枝が伸び放題になり葉が生い茂り鬱蒼としてしまう。

②生い茂った葉に虫がつきやすくなる。

③風通しが悪くなり病気の原因になる。

④木が弱り次の年に花や実がつきにくくなる。

 

今回のような空き家だとお花のことは気にならなくても、害虫が発生したり、見通しがわるくなったり、また病気で枯れて倒れた場合、近隣の迷惑になる可能性があるので注意が必要です。

 

伸びた部分を大きなはさみでザクザクと丸く刈り込んでしまえばすぐ済むように思えますが、プロは絶対にやらない方法です。切る枝と残す枝を見極め、丁寧に剪定を行う必要があります。

 

 

空き家の庭木は、近くに住んでおられない場合、状態を確認するのが難しいかもしれません。それでも最低1年に1回は様子を見て、近隣に迷惑がかかっていないか、家屋を損壊する伸び方をしていないかを確認し、必要があれば伐採や剪定を行うことをお勧めしています。

時期は、木が良く伸びる春から夏にかけて、お盆あたりがベストです。

 

空き家の庭木トラブルは事前に防ぐことができます。遠方に空き家をお持ちの方も、ぜひ足を運んで状況をチェックしてみてください。

 

奈良県生駒市の空き家の庭木の伐採・剪定なら大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

 <植木剪定>

マサキ

5m 2本

 

3m 1本

 

<作業時間>

1人で3時間

工事費用:17,000円(税込)


 

7mのクスノキの剪定とイラガ対策の薬剤散布 奈良県生駒市

 

7mクスノキの剪定とイラガ対策の薬剤散布 奈良県生駒市

クスノキ 剪定

 

<剪定・草取り・薬剤散布

剪定:クスノキ 7m 1本 / シマネトリコ 7m 1本

   カシノキ 4m 1本 / サザンカ 2,5m 5本

   サルスベリ 4m 1本 / モミジ 3m 3本

   キンモクセイ 3m 3本 / サツキ・ヒラドツツジ 30㎡

 

時間:3人で2日

 

奈良県生駒市/Kマンションのオーナー様からのご依頼

マンション外周に植えられた7mのクスノキなどを剪定

今回はKマンションの外壁に植えられた、7mのクスノキ・シマネトリコ、サザンカやキンモクセイ、約40cmサツキやヒラドツツジの低木の剪定を行いました。

 

クスノキ 剪定前

 

2~3年剪定を行っていないので、高く伸びてしまったのが写真のクスノキ。

現在は約7mの高さですが、クスノキは成長の早い植木なので、放っておくとまだまだ伸びる可能性があり、そうなると道路にはみ出したり、電線に被ってしまったりする恐れがあります。

 

また、クスノキには、4月頃に新芽が生えてくるのと入れ替わりに古い葉をバッサリ落としてしまうという特徴があり、葉がたくさんついた枝をたくさん残したままだと、落ちた葉のお掃除が大変です。

以上のことから、今回このクスノキは思い切って枝を短く詰める強剪定を行っています。

クスノキ以外でも、それぞれの木の成長スピードを考慮して、剪定する長さを調整しています。

初日に低木の剪定、2日目にクスノキ・シマネトリコの剪定

作業は3人で2日間行いました。初日は低木の剪定を行い、大きなクスノキやシマネトリコの枝の剪定は2日目に行いました。先に低い植木の枝を落としておいた方が、高い植木を剪定するときに足元の確認がしやすく、安全により気を配ることができるからです。

 

高い植木の太い枝は、脚立を使って上に登って、ノコギリで剪定しました。道路に大きな枝を落とさないようにしたり、道を歩く人に危険が及ばないようにしたり、安全面に十分に気を配りながら作業を行いました。

クスノキ・サザンカ・モミジなどの害虫対策

クスノキやサザンカ、モミジなどの植木にはイラガという害虫が目立ちました。イラガは黄色い見た目をした蛾の幼虫で毒針を持ち、人を刺してしまいます。刺されてしまうととても痛く、大きく腫れあがってしまうこともある厄介な害虫です。

 

そこで、害虫が発生する植木には速攻性のある液体の殺虫剤トレボン乳剤(濃縮タイプを1000倍に希釈)を散布しています。しばらく効果は続くので、頻繁に薬剤を散布する必要はなく、逆にあまり殺虫剤を使いすぎても植木が弱ってしまうので、多くても1年に3~4回程度までの散布に留めるのが目安です。

 

大きなクスノキなどの植木の剪定、草(ヒラドツツジに絡んでいたツル)取り、薬剤散布、ゴミ処理を行い作業は完了です。お客様やご近所にお住まいの方からは、「とてもスッキリしましたね!」と嬉しいお声をいただくことが出来ました。

 

植木の剪定(庭木手入れ)なら神戸・大阪・奈良・京都・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!


 

植木・庭木の種類を見る