お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
Email: info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00

menu

  1. Home
  2. >
  3. 大阪市大正区

大阪市大正区

大阪市大正区

大阪市大正区の作業事例。記事数は9件となります。

   会社の緑地帯に残されていた切り株2株を抜根・撤去した事例|大阪市大正区A株式会社様(作業後)  

 

 

大阪市大正区記事の一覧です

「お庭のお手入れ(剪定・伐採・除草・消毒)」「植栽工事」「自動灌水ホースの設置工事」など、お庭・植木に関するお悩みはなんでもお気軽にご相談ください。

植木・庭木の種類を見る 植木販売一覧

 

大阪市大正区

 

会社の緑地帯に残されていた切り株2株を抜根・撤去した事例|大阪市大正区A株式会社様

 

 

会社の緑地帯に残されていた切り株2株を抜根・撤去した事例|大阪市大正区A株式会社様
作業前 作業後

会社の緑地帯に残されていた切り株2株を抜根・撤去した事例|大阪市大正区A株式会社様

「枯れた木を切り倒したが、切り株が気になるので撤去してほしい」とのご要望

会社の緑地帯に残されていた切り株2株を抜根・撤去した事例|大阪市大正区A株式会社様(作業前)

 

当社ホームページをご覧になられた大阪市大正区のA株式会社様より、「切株撤去」をメールにてご依頼いただいた事例です。

 

「枯れた木を切り倒したが、切り株が気になるので撤去したい」とのご要望でした。

 

切り株は会社のエントランス横にある緑地帯に1株残されており、反対側にももう1株ありました。

 

まずは、現地へ訪問して切り株の大きさを確認させていただき、見積もりを作成しました。

その後、見積もり内容をご確認のうえ、当社にご依頼いただきました。

 

作業内容と手順

作業の流れは以下の通りです。

 

1.切り株の撤去
2.整地

3.掃除・片づけ

 

1.切り株の撤去

 

まずは、スコップで切り株の周囲を掘っていきます。

20~30cmほど掘ったところで、のこぎりを使用して根っこを切り、さらに掘り進めていきました。

 

写真にあるような太さの切り株ですと通常はチェンソーも使用しますが、今回は根っこが腐っていたため、のこぎりだけでも切ることができました。

 

最終的に50cmほど土を掘り進め、根っこがぐらついてきたところで揺さぶりながら引き抜きました。

抜根した根っこは、軽トラックに載せて処分場へ運びました。

 

土の中には水道管や配線などが埋まっていることがありますので、確認しながら作業を進めました。

特に周囲に街灯などがある場合は、注意する必要があります。

 

2.整地

 

抜根後は、盛り上がっている土をきれいにならしていきます。

切り株があったところの穴は新しい土も加えて埋めていき、レーキを使って土を平らにしました。

その後、まだ柔らかい土をスコップや足で踏み固めていきました。

 

3.掃除・片づけ

 

最後に道具の片付けや掃除をして、作業は完了です。

ゴミは、10kgほどの袋2つ分となりました。

 

切り株2株の撤去作業を1人4時間で完了

会社の緑地帯に残されていた切り株2株を抜根・撤去した事例|大阪市大正区A株式会社様(作業後)

 

会社の緑地帯に残されていた切り株2株の撤去作業が完了しました。

作業は、1人で4時間ほどかかりました。

 

作業後はお客様にお立ち合いいただき、「きれいになりました」との声をいただきました。

ご満足いただけた様子で、大変良かったです。

 

一戸建てはもちろんマンションやビルの切株撤去をご検討の方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

大阪市大正区で切株撤去をご検討中なら「村上造園」までお気軽にご相談ください!

 

 

その他の植栽事例

 

<作業内容>

■切株撤去

切株 2か所

 

<作業時間>

1人4時間

工事費用25,000円
 

 


 

雑草対策として防草シート張りと砂利敷きを実施した事例|大阪市大正区J様

 

 

雑草対策として防草シート張りと砂利敷きを実施した事例|大阪市大正区J様 
作業前 作業後

雑草対策として防草シート張りと砂利敷きを実施した事例|大阪市大正区J様

雑草が生えてきて困っているので、対策をしてほしい

雑草対策として防草シート張りと砂利敷きを実施した事例|大阪市大正区J様(作業前)

 

当社ホームページをご覧になられた大阪市大正区の一戸建てにお住まいのJ様より、「雑草対策」をメールにてご依頼いただいた事例です。

 

「雑草が生えてきて困っているので、対策をしてほしい」とのご要望でした。

 

現地へ訪問して敷地の面積を確認させていただき、見積りを作成しました。

その後、見積内容をご確認のうえ、当社にご依頼いただきました。

 

作業内容と手順

作業の流れは以下の通りです。

 

1.整地・下地作り
2.防草シート張り
3.
砂利敷き
4.掃除・片づけ

 

 

1.整地・下地作り

 

まずは、整地・下地作りの作業を行います。

 

土が固かったので、スコップで擦るように表面を3cmほど削っていきました。

その際、防草シートが破れてしまう原因となる大きな石は取り除いていきます。

 

最後にレーキで表面をならして、整地作業は完了です。

 

2.防草シート張り

 

次に、防草シートを張っていきます。

今回は、防草シートを張る前に除草剤を撒きました。

 

敷地の大きさに合わせて、カットした防草シートを張っていきます。

エアコンの室外機は動かせないので、下の隙間に手を差し込んでシートを入れ込んでいきました。

 

シートはめくれないようにピンで固定し、周囲を専用テープで止めます。

今回は敷地が狭く、室外機も置かれていましたので、より細かく20~30cm間隔でシートを固定していきました。

 

3.砂利敷き

 

防草シートの上に、砂利を敷いていきます。

 

まず、トラックに積んでいる砂利をバケツで運び、敷地の奥から順番に山のように積んで置いていきます。

エアコンの室外機の下にも入れていきます。

 

シートの上全体に砂利を置いたら、砂利が均等になるように広げていきます。

 

4.掃除・片づけ

 

最後に、砂利や汚れてしまった室外機・周囲の壁などに水をかけ、きれいに洗い流します。

使った道具なども片づけて、全ての作業が完了です。

 

雑草対策の防草シート張りと砂利敷きの作業が完了

雑草対策として防草シート張りと砂利敷きを実施した事例|大阪市大正区J様(作業後)

 

雑草対策として、防草シート張りと砂利敷きの作業が完了しました。

 

作業後はお客様にも立ち合いいただき、「きれいになりました」との声をいただきました。

ご満足いただけた様子で、大変良かったです。

 

一戸建てはもちろんマンションやビルの雑草対策(防草シート張り・砂利敷き)をご検討の方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

大阪市大正区で雑草対策(防草シート張り・砂利敷き)をご検討中なら「村上造園」までお気軽にご相談ください!

 

 

その他の植栽事例

 

<作業内容>

■雑草対策

防草シート 20㎡

砂利敷き 20㎡

 

<作業時間>

1人1日

工事費用50,000円
 

 


 

個人宅の庭にある、高さ15mの大きなケヤキを伐採した事例│大阪市大正区 K様

 

作業前 作業後

個人宅の庭にある、高さ15mの大きなケヤキを伐採した事例│大阪市大正区 K様

大きくなりすぎて、あちこちに葉が落ち掃除が大変なので伐採したい

 

当社ホームページをご覧になられた大阪市大正区の一戸建てに住まれるK様より、「ケヤキの伐採」を電話にてご依頼いただいた事例です。

 

庭に植わっているケヤキが、高さ15mにまで成長し、落葉時にたくさんの葉が敷地のあちこちに落ちるため、掃除が大変とのことで、伐採したいとのご要望でした。

 

見積のためご訪問し、ケヤキの状態の確認と作業段取りを検討しました。
見積をご確認のうえ、当社にご依頼いただきました。

 

作業内容と手順

作業の流れは以下の通りです。

 

1.ケヤキ伐採の計画(見積時に検討)
2.ケヤキの枝葉の剪定

3.ケヤキの幹の伐採
4.掃除・片づけ

 

1.ケヤキ伐採の計画(見積時に検討)

 

まず伐採の計画を検討します。

 

今回のケヤキは住宅の屋根に一部かかっている状態であったため、ロープで引っ張りながら、根本から一気に伐採して、地面に倒すという手法が選択できませんでした。

 

その方法で伐採すると、作業時にケヤキの枝が建物にあたり破損する懸念があったためです。

 

次に検討したのは、高所作業車を使った伐採です。

はしごを立てず、高所作業車を使用してケヤキの上部から順番に切っていくという方法です。

 

今回、庭は広いスペースがあるのですが、道路から庭に入る通路が狭く高所作業車を入れることは難しいと判断しました。

 

次に検討した方法は、はしごを使い順に枝葉を剪定していく方法でした。

今回はこの方法を用いて伐採することにしました。

 

これらを見積時の訪問の際に検討し、その方法に基づいた見積を行いました。

 

2.ケヤキの枝葉の剪定

 

当日行った作業手順です。

まずは、はしごを使って、ケヤキに登ります。

 

チェーンソーを使用して、下の枝から順番に切り、徐々に上部の枝を切っていきます。

下の枝から切る理由は、上の枝から切ってしまうと下の枝にひっかかり、危険が伴うためです。

 

作業時、住宅にかかっている枝の部分に関しては、特に慎重に作業をおこないました。

ロープを掛けて、下にいる職人に引っ張ってもらいながら、チェーンソーで枝を切断します。

切断した枝で住宅を破損しないようにするためです。

 

このように枝をすべて切り落とし、ケヤキの幹だけ残る状態(1本の棒のような状態)にしました。

 

3.ケヤキの幹の伐採

 

次に、ケヤキの幹にはしごで登り、職人が自身の体をケヤキの幹に固定します。

 

その状態で、チェーンソーを使用して、幹の上部から順に切断していきます。

 

徐々に下に降りていきながら幹を切断して、ケヤキの根本の部分をチェーンソーで切断すると、伐採作業は完了です。

 

残った切り株には、除草剤であるラウンドアップを塗布します。

新たに芽が伸びてこないようにするためです。

 

4.掃除・片づけ

 

掃除の作業は、剪定作業と同時に実施しました。

3名の職人が役割分担をして、伐採作業を効率よく進めるためです。

 

掃除を行う際は、2トントラックの荷台に乗るサイズに枝や幹をカットする必要があります。

 

掃除を担当する職人は、チェーンソーを使って、枝や幹をカットし、トラックに順次積み込みました。

 

また、枝はそのままトラックに積むとかさばります。

処分費を抑えるため、枝のかさを減らし、1台のトラックにすべて載せられるよう切断する必要があります。

 

残る小さなゴミもすべて清掃し、作業は完了です。

 

高さ15mの大きなケヤキの伐採が完了

 

高さ15mまで成長した大きなケヤキを伐採しました。

 

お客様にも作業後に立ち合い頂き「さっぱりしました」と嬉しいお言葉をいただき、大変良かったです。

 

樹木の伐採は、安全性と費用面を総合的に考え、計画を練ることが大切です。

 

一戸建てはもちろんマンションやビルのケヤキの伐採をご検討の方は、いつでもお気軽にご相談ください。

 

大阪市大正区でケヤキの伐採をご検討中なら「村上造園」までお気軽にご相談ください!

 

 

その他の植栽事例

 

<作業内容>

■伐採

ケヤキ H=15m 1本

 

<作業時間>

3人 1日

工事費用120,000円
 

 


 

自宅の殺風景な植え込みに、5種の植木を植栽をした事例 大阪市大正区

 

自宅の殺風景な植え込みに、5種類の植栽をした事例 作業前後
作業前 作業後

自宅の殺風景な植え込みに、5種の植木を植栽をした事例 大阪市大正区

家を購入してから放置していた植え込み。植木の選定から植栽までしてほしい

 

大阪市大正区のご自宅にて、植え込みに5種類の植木を植栽した事例です。もともと植物を植えるために作った植え込みでしたが、長い間お手入れできていなかったとのことで「植木を植えて華やかにして欲しい」とご依頼のメールをいただきました。

 

また植木の種類としては「細い葉っぱでサラサラしたものを植えたい」とのご希望でしたので、好みに合いそうな品種をこちらで選定しました。

 

【作業の流れ】

1.植物の種類を選定する
2.堆肥を土壌になじませる
3.植木の配置・植栽
4.片付け・掃除

 

以下で詳しく説明していきます。

 

 

植栽までの作業の流れ

今回の作業内容を、手順を追って見ていきましょう。 

 

1. 植物の種類を選定する

まずはお客様の要望と植え込みの状況から、植栽する植物の選定を行います。ソヨゴはお客様自身のご希望でしたが、それ以外の品種はこちらで選び、お客様にご提案させて頂きました。

 

またソヨゴを植えたいポスト裏のスペースが非常に狭く、敷地内に根のサイズが収まる植木を探す作業にも骨が折れました。

 

2.土壌に堆肥をなじませる

植物が健康に育つよう、植え込みの土に堆肥をスコップでしっかりとなじませます。

 

3.植木の配置・植栽

用意した5種類の植木を実際に植えていきます。


まずは玄関の塀とポストの間のスペースに、高さ2.5mほどのソヨゴを植栽。ソヨゴは幹が細身で、青々とした葉が美しい品種です。


次にソヨゴ以外の品種を、実際に植え込みスペースに配置しながら位置関係を調整。今回選んだ植木は、以下の4種類です。

 

・オタフクナンテン
・ギルドエッジ
・マホニアコンフーサ
・フイリヤブラン

 

植える位置のバランスがとれたら、スコップで堆肥と馴染ませつつ植栽していきます。

 

4.片付け・掃除

最後に作業で出たゴミや散らばった土をキレイに片付け、水巻きをしたら全ての作業が完了です。

 

 

淋しかった玄関前のスペースが、5種の植木で賑やかに

 

こちらが植栽後の写真です。

5種類の植物を植えたことで、淋しかった植え込みに緑が宿り、賑やかで楽しい印象になりました。毎日のお手入れとして、1日1回お水をあげていただくと、より植木が元気な状態が続きます。

 

お客様からも「とても綺麗になりましたね」と嬉しいお声を頂きました。

 

今回のように植栽作業だけでなく、お庭の雰囲気にあった植木選びからご相談していただけます。

 

大阪市大正区で、自宅のお庭に植栽をしたい方は「村上造園」まで! 

 

自宅の殺風景な植え込みに、5種類の植栽をした事例 作業前後

 

その他の植栽事例