お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00
menu

オリーブの移植|撤去予定のオリーブを花壇から植木鉢に植え替え 大阪府岸和田市

作業前 作業後

オリーブの移植|撤去予定のオリーブを花壇から植木鉢に植え替え 大阪府岸和田市

撤去予定のオリーブが立派でもったいないのでどうにか移植したい

大阪府岸和田市の不動産屋さんからのご依頼でオリーブの移植をご依頼いただきました。

 

管理されている土地(飲食店の跡地)の、駐車場の花壇に植えてあったオリーブが邪魔だから撤去することになったけれど、立派なのでなんとかして残したいとお考えでした。

 

現地にお伺いして、オリーブを拝見すると、2mほどの高さで幹がしっかりしており、以前からきちんと手入れされていたようでした。

 

 

日本の花屋さんなどに出回っているオリーブの苗は、細いものが多く、ここまでの太さに育てるにはかなりの年数がかかります。

 

一旦植木鉢に植え替えて、ご担当者様が持ち帰りたいとのことでした。

 

オリーブ移植の作業工程|枝葉を減らして植木鉢に植え付け

今回の作業について紹介します。

 

1.周囲の土を掘ってオリーブの根を取り出す

最初にオリーブの根元の土を掘って、根を取り出しやすくします。

 

花壇の周りがコンクリートで囲まれているため、根があまり広がっておらず、比較的スムーズに作業が進みました。

 

2.枝の剪定

周囲を掘って根がグラグラするくらいの緩さになったタイミングで、枝の剪定を行います。

 

枝葉が多すぎると、移植後に枯れるリスクが高まるからです。

 

先に剪定することもできますが、前工程の掘る作業の途中で折れたり傷ついたりすることがあるので、後から、弱った枝を優先的に剪定していく方が効率がよくなります。

 

また、枝葉を減らすことは、植え替えや移動時の重さを軽減することにもつながります。

 

3.植木鉢に移植

周囲をさらに掘って、植木鉢のサイズほどに根をカットし、手で幹ごと根を持ち上げて植木鉢に移植します。

 

根元の直径(20cm)の2倍くらいが掘り取りの目安なので、直径40cmほどの鉢を用意し、鉢から飛び出すような根をカットして鉢の内部に収めました。

 

植木鉢には鉢底ネットと鉢底石を敷いた上に少し園芸用土を入れてあります。

 

鉢に根を入れた後は、倒れないように支えながら傾きを直し、外周にも手や棒を使って土を押し込んでいきます。

 

土を十分押し込んだら、表面から水をかけて、土が下がった分、土を足しました。

 

植木鉢の縁スレスレより3〜4cmほど下まで土入れています。

 

 

4.発根促成剤を散布

最後に、根付きやすくするために発根促成剤(オキシベロン)という液体を薄めるタイプの薬剤を表面から散布します。

 

5.運搬

車に積み、倒れないように紐で縛って固定して移送先の大阪市内まで運搬しました。

 

撤去予定のオリーブを問題なく植木鉢に移植できた。

移送後、ご担当者様は「あのまま処分されなくてよかったです。しばらくは鉢のまま育てたあと場所を探して地面に植えようかなと思っています。」と嬉しそうになさっていました。

 

弊社では、お引越しやリフォームで植木をどうにか移植したいというご依頼を度々承っています。

 

この事例の移植は、狭い花壇でしたので根があまり大きくなっておらず、うまく植え替えることがいきました。

 

しかし、太い根が広範囲に張っている場合は、根を切りすぎて枯れたり、復活に時間がかかることがあります。

 

いずれにせよ、ご自身で行うと失敗するリスクが高まりますので、一度植木屋に相談されることがおすすめです。

 

 

大阪府岸和田市でオリーブの移植を依頼するなら村上造園まで

 

<移植>

オリーブ:H=2m 1本

 

<運搬>

大阪府岸和田市~大阪市旭区

 

<作業時間>

1日

工事費用:25,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽
工事前後
作業前 作業後

花壇の防根シート工事|オリーブの根が舗装された駐車場を壊すのを防ぎたい 奈良市

花壇のオリーブが大きくなってきたので根が駐車場を壊さないか心配

 

奈良県奈良市のK様から「花壇のオリーブが伸びてきて、根も大きくなってきたので、駐車場のコンクリート面を壊しそうです。根の対策をお願いできませんか?」とのご依頼をいただきました。

 

K様邸の前には家に隣接した小さな花壇があり、大きなオリーブが植えられていました。

 

現地をみたところ、今はまだ大丈夫でしたが、このまま放っておくと根が盛り上がってくる可能性がある状態でした。

 

 

手前の舗装面のほか、お隣の駐車スペースにも被害が及ぶ恐れがあり、K様もそれを一番気にされていました。

 

「花壇から根が出ないように防根シートの工事をお願いします。」との事でしたので竹を植えるときなどに使う、敷地から根がはみ出ないようにする防根シートを使うことになりました。

 

今回はそれ以外にもオリーブの剪定と立水栓の工事もご依頼いただきました。

 

オリーブは植えてからそのままで、ご自身で少し切るなどの手入れをしていたけれどすぐ伸びるとのことで、しばらく手入れが要らないようにキツめに切って欲しいとの事でした。

 

また、水道について、今までは地中に埋まっているタイプで、蓋を開けたら泥がたまっていたり虫がいたりして使いづらかったので立水栓に変えたいとの事でした。

 

車や舗装面を洗ったり、水やりしたりするのに使う時に便利にしたいとお考えでした。

 

花壇への防根シート設置と立水栓の工事の作業内容

今回の作業内容を紹介します。

 

1.オリーブの剪定

オリーブはお客様のご希望通り、キツめに剪定しました。

 

2.枝の片付け

花壇の工事の邪魔にならないように、切った枝を片付けました。

 

3.シート工事のためにコンクリート面部分撤去

根がかなり大きくなっていたので、全て覆うために、花壇の手前の舗装面を少し取り除く必要がありました。

 

コンクリート面を10センチほど割って土を露出させました。

 

4.穴を掘って防根シート設置

花壇の土を掘って、シートを設置します。

 

根の周囲を溝状に50cmほどの深さまで掘り、立てたシートを差し込んで囲み、シートが倒れないように土を戻していきました。

 

地中の配管などは避けて回り込むように注意して作業を行ないました。

 

5.レンガ敷き

埋め戻した部分のうち、もともと舗装面だった部分にはレンガを敷きました。

 

再びコンクリートで仕上げると、そこだけ色が変わって目立つので、どうせならおしゃれな感じにして欲しいとのことでした。

 

6.立水栓の工事

立水栓は、専用の水道管や材料を使い、組み立てていきます。

 

骨組みだけできた水道管の周りに白セメントとレンガを積み上げて、おしゃれなヨーロッパ風の立水栓を作りました。

 

レンガは2〜3色を混ぜて、単調にならないようにしました。

 

 

防根シートで花壇が壊れる心配がなくなり水道も使いやすくなった

工事後

 

工事を終え、K様は仕上がりにご満足されていました。

 

防根シートは、主に竹など根の勢力が強い植物を、限られたスペースに植える前に設置しておくのが一般的です。

 

しかし、今回のようなケースですと植えてからでも出来ることがあります。

 

花壇の木の根が心配という場合は一度、植木屋やエクステリア業者に相談されることがおすすめです。

 

奈良県奈良市で防根シート工事を依頼するなら村上造園まで

<剪定>

オリーブ:H4m 1本

 

<外構工事>

防根シート設置

レンガ敷き

立水栓設置

給水管接続1式

 

<作業時間>

 

1人で2日

工事費用:100,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽
 オリーブ強剪定前後
植木剪定前 植木剪定後

オリーブを強剪定して鬱蒼とした門の周辺をスッキリさせた 奈良県奈良市

門の横のオリーブが大きくなりすぎて鬱蒼としている

奈良県奈良市にお住いのA様からのご依頼で、オリーブとシマトネリコの剪定を行った事例です。

 

A様邸のお庭には、門の横にオリーブ、芝生スペースにシマトネリコが植えられており、植えてからずっとご自身で手入れをされていました。

 

しかし、オリーブがどんどん大きくなり、下のほうの枝は自分で手入れできても、上のほうは手が届かず、どんどんボリュームが増えていったそうです。

 

そして、手前の歩道に覆いかぶさるように鬱蒼と茂った状態になってお困りでした。

 

オリーブ剪定前

 

根はしっかりと張っているものの、木全体が斜めに傾いたような樹形になっており、台風の強風などで倒れる恐れもありました。

 

A様は、オリーブについて、「できるだけ小さく切ってほしい」とご希望でした。

 

また、芝生スペースに植えたシマトネリコも、「あんまり切っていないから、スッキリさせてもらいたい」と、剪定をご依頼いただきました。

 

土日をご希望でしたが、近日中は予約が埋まっていることをお伝えすると、「早めのほうがいいので平日の不在時に来てください」とのご要望があり、一番近い日程でお伺いしました。

 

オリーブとシマトネリコの剪定内容

それぞれの木をどのように剪定してほしいか、仕上がりイメージをヒアリングしてから作業を行いました。

 

オリーブはできるだけ小さく強剪定

オリーブは、道にはみ出ないように、できるだけ小さくしてほしいとのご要望がありました。

 

しかし、切りすぎると木が弱って枯れてしまう恐れがあります。新芽の付いた細い枝を幾分か残して剪定を行っています。

 

脚立などを使って下の方をある程度切ったあと、ブロック塀に上って移動しながら、真ん中あたりの枝を切り、もう一度脚立に乗って、上のほうに生い茂った枝を全体的に減らしていきました。

 

シマトネリコは一回り小さく剪定

全体をすっきりさせ、一回り小さくしてほしいとのご要望があり、風通しよくするイメージで作業を行いました。

 

大きな枝をいくつか切ってから、全体的に一回り小さいサイズまで刈り込み、バランスを見ながら、細かい枝を間引いて整えています。

 

門の横の鬱蒼としたオリーブが強剪定でスッキリした

オリーブ剪定後

 

午前の作業中、お客様はご不在でしたが、お昼過ぎに帰ってきて確認いただき、「すっきりして良かったです。気になってた部分もしっかり切ってもらえて安心しました!」と、お喜びのメッセージをいただきました。

 

オリーブやシマトネリコは、近年人気の高い庭木ですが、丈夫な分、成長スピードも速く、あっという間に大きくなってしまいます。

 

少し手入れをしない間に、手の届かないところまで大きくなり管理が大変になることもありますので、定期的に剪定を行い、ご自身では難しくなった場合は植木屋に相談することがおすすめです。

 

奈良県奈良市でオリーブの強剪定を依頼するなら村上造園まで

<剪定

オリーブ:H5m 1本

 

シマトネリコ:H3m 1本

 

<作業時間>

3時間(1人)

工事費用:15,000

 
 剪定作業前後
植木剪定前 植木剪定後

4mのイロハモミジをバランス良く剪定して美しい樹形に 奈良県奈良市

手入れできていなかったイロハモミジを小さくきれいにして欲しい

弊社ホームページをご覧になった奈良県奈良市のT様からのご依頼です。

 

「5年ほど植木の手入れができていないので、お願いしたいです。モミジは高さが大きくなったし、枝が込み入っているので、小さくしてきれいにしてほしいです。」

 

 剪定前イロハモミジ

 

T様は以前は自分で庭木の剪定をされていましたが、木が高く伸びてからは手が届かない部分も増えて鬱蒼としてきたそうです。

 

高さを抑えて込み入っている枝を減らしてスッキリさせてほしいとのご要望がありました。

 

また、玄関横スペースに植えられたオリーブの剪定もご依頼いただきました。

 

作業はお客様が御在宅の日曜日を指定されました。

 

イロハモミジとオリーブの剪定作業内容

両方、お庭に脚立を立てて作業をさせていただきました。それぞれの詳しい作業内容を紹介します。

 

イロハモミジは高さを抑えてバランス良く剪定

伸びた部分や目に付いた部分をブツ切りにするだけだと、枝ぶりががおかしくなるので、全体のバランスを見ながら剪定を行います。

 

まずは、枯れて今後芽吹くことのない枝を取り除いてから、高さを抑えるために、上に勢いよく伸びた枝を短く切りました。

 

その後、バランスを見ながら太い枝を根元から切って減らして、横に広がるような樹形に整えました。

 

残った枝の先の細い枝や葉も梳いて、すっきりとした印象になるようにしました。

 

剪定後イロハモミジ

 

オリーブは脇芽が少なくなるよう剪定

オリーブもモミジと大体同じ工程で作業を行います。

 

株が元気だったので枯れ枝はほとんどありませんでしたが、モミジに比べて枝が多いので、ボリュームを抑えるように、太い枝をいくつか切り落としています。

 

オリーブは切ってもすぐに脇芽から細い枝がたくさん出て茂るので、脇芽があまり生えないように切り方を工夫し、すでに出てる脇芽も切っておきました。

 

イロハモミジの枝を剪定で減らしてスッキリとさせ美しい樹形に

 

作業後のお庭を見て、お客様は「さっぱりしたね!」とお喜びでした。

 

和風の庭木のモミジは、風流な印象を保つために定期的な剪定を行うことが大切です。

 

剪定も、ただ伸びた枝を切るだけではなく、バランスを見て、スペースに合った樹形にすることで、良い雰囲気を保てます。

 

自分でやるのは難しそうという場合や、自分でやってみたけれど、収まりが悪い、という時は植木屋に相談されることがおすすめです。

 

奈良県奈良市でモミジの剪定を依頼するなら村上造園まで

<剪定

イロハモミジ:H4m 1本

 

オリーブ:H3m 1本

 

<作業時間>

3時間(1人)

工事費用:15,000

 
 剪定前後
植木剪定前 植木剪定後

道にはみ出たオリーブを剪定して見通し改善 奈良県生駒市

オリーブなどの庭木が鬱蒼として見通しが悪くなっている

奈良県生駒市のA様からのご依頼です。

 

門の近くに植えたオリーブと、庭の芝生に植えたオリーブが大きくなりすぎたので、切ってくれる植木屋さんをネットで探していたところ、弊社のHPをご覧になって連絡くださりました。

 

木は10年ほど前に植えられ、以前はご自身で木の剪定をされていました。

 

しかし、自分では木になるところを少し切る程度の作業しかできず、いつの間にか大きくなりすぎたので一度プロにやってもらおうと思われたそうです。

 

オリーブが伸びすぎて駐車場と道路の見通しが悪くなっている

門の前に植えられたオリーブは枝が伸びすぎて、道路側に大きくはみ出ていました。

 

オリーブの右側にはA様邸の駐車場があり、車の出入りの際に見通しが悪くてお困りだったそうで、邪魔な枝を少なくしてほしいとのご要望がありました。

 

広がったシマトネリコのせいで庭を行き来しづらい

庭の芝生に植えられた、シマトネリコは、高さはあまりないけれど幅が広がって庭の半分ほどを覆っています。

 

枝も密集しているので、鬱蒼としており、木の下を通れないので庭の行き来がしづらい状態でした。

 

こちらは、すっきりさせて木の下を通れるように枝を切ってスペースを開けてほしいとのことでした。

 

オリーブとシマトネリコの剪定作業の内容

オリーブの伸びた枝を剪定し見通しをよくする

切ってもすぐに枝が勢いよくのびるので、全体にきつめに縮めて、ある程度伸びても、見通しの邪魔にならないように切りました。

 

バッサリいくこともできますが、木の形を保ちたいというご要望もありましたので、伸びている部分を切るだけにとどめ、形を整えています。

 

 

シマトネリコは全体をすっきりさせ下の枝を減らす

シマトネリコは高さはほとんど変えず、周囲への広がりをおさえ、密集している中の枝を減らしました。

 

また、木の下を通れるように下の方の太い枝もいくつか減らしました。

 

 

伸びすぎたオリーブを剪定して駐車場の見通しがよくなった

今回はきつめに剪定を行いましたが、夏には葉が茂り見栄えがよくなります。

 

シマトネリコもオリーブも温暖な地域の木で、大きくなりやすいことが特長で、それぞれ定期的に剪定することが大切です。

 

シマトネリコは暖かい地域の木なので冬に切ると弱りやすいため、夏〜秋の剪定がおすすめです。

 

オリーブは年中剪定可能ですが、花や実を楽しみたい場合は花が咲く前の早春に剪定を行っておくとよいでしょう。

 

奈良県生駒市でオリーブの剪定にお困りでしたら村上造園まで

<剪定

シマトネリコ:H3m 1本

 

オリーブ:H4m 1本

 

<作業時間>

3時間(1人)

工事費用:15,000

 

 

 

 

 

大阪植木手入れ

 

作業前    作業後

池のある家の剪定作業|池に注意し剪定作業 大阪府堺市南区 

 今回は、池の周りの剪定作業です。

 今回ご依頼いただいた堺市南区のK様は、前回、全国展開している某会社に依頼したとの事ですが、良く調べてみると通常の剪定金額より20%~30%高いとおしゃっていました。弊社も調べてみたところ、個人的にしている植木屋より高いです。

弊社が思うには、自社施工とうたいリベートを取っていると思われます。作業している人は悪くはないのですが、やはり自分自身が金銭的に痛い目に合うわけにはいかないと思います。よって計算し上乗せしているものと思います。

 

今回はそう言った相談も含め詳しくご説明いたしました。

まずご相談は、道路にはみ出さない様にしてくださいでした。

剪定ですが、気負付ける点として、池に注意です。
池に切り枝を落とすと掃除が難しくなります。

オリーブは枝を間引き剪定、モミジは形を整え剪定。

お客様は、納得していただき、喜んでいただいております。

弊社は、お客様に納得していただいてからしか作業致しません。それが一番重要だと実感しております。

大阪府堺市南区の草刈り・剪定・伐採なら、大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

 

 

 

 

 

<剪定>

ノムラモミジ

H=3m 1本

オリーブ

H=3m 1本

ヤマモモ

H=2m 1本

 

 

 

 

<作業時間>

 

1人4時間

工事費用: 25,000 円(税込)

虫に喰われたオリーブの木
施工前 施工後

マンション植栽管理 虫に喰われたオリーブの木の修復 大阪市住吉区

マンションのオリーブの木が害虫に喰われた

今回はマンションに植えられている、虫に喰われたオリーブの木の修復です。年間植栽管理をさせていただいているマンション様の事例です。

 

築後3年のマンションで、植木も新しいはずですが、敷地内のオリーブの木2本(高さ5m)に「ゾウムシ」が巣を作って幹がボロボロになっているので何とかしてほしい、とのご相談をいただきました。

 

害虫ゾウムシ

ゾウムシの写真です

 

ゾウムシは木の皮を食べて、幹に穴を開けてその中に住み着きます。放っておくと、木が腐って倒れたりすることもあります。

 

また、周囲の木にも広がってしまうので、しっかりと害虫駆除しなければなりません。

 

作業内容

今回は下記の作業を順番に行いました。

 

  1. 害虫駆除
  2. オリーブの木の修復
  3. 肥料の施肥

 

1.害虫駆除

 

初めに、オリーブの木に害虫駆除剤(スミチオン)を撒いて、あらかじめゾウムシを駆除しています。

 

このままでは、逃げたゾウムシが再び戻ってきてしまう可能性がありますので、オリーブの木の根元にオルトラン粒剤をまいておきます。

 

オルトラン粒剤は、木の根から吸収され、オリーブの葉や枝に浸透します。そしてその葉や枝を食べた害虫は、死んでしまうというわけです。このようにして、ゾウムシを根絶します。

 

2.オリーブの木の修復

 

害虫を駆除したオリーブの木の、腐った部分(木の皮)をノミを使って丁寧に剥いでいきます。

 

作業前(オリーブの木)

(作業前のオリーブの木)

 

作業後(オリーブの木)

(作業後のオリーブの木)

 

腐っている部分と、生きている部分を見極めて削り取っていきます。生きている皮は青々としていますが、腐った皮はボロボロになっているので、見た目は区別できます。

ゾウムシに喰われたオリーブの木の樹勢回復(前)

(作業前のオリーブの木)

 

ゾウムシに喰われたオリーブの木の樹勢回復(後)

(作業後のオリーブの木)

 

しかし、皮を削りすぎても枯れてしまうので、見極めが重要です。

 

削った木の皮の部分には殺菌剤(トップジン)をまいて、樹肌に塗り薬(ラックバルサン)を塗布し、穴をふさぎます。最後に、その上から包帯代わりに麻布を巻き付けます。

 

3.肥料の施肥

 

最後にオリーブの木に施肥を行います。肥料には活力剤(根を速く成長させる薬)を配合したものを使用しています。

 

この肥料は村上造園で実験を繰り返して配合したもので、木々を元気させる効果があります。

 

まとめ

作業が終わり、「これでまた元気になればいいですね」とお客様は期待されているご様子でした。結果が出るのは約1年後なのですが、元気に回復してくれればと思います。

 

今回のように、比較的新しい植木にも虫が巣くってしまう原因には、そもそも最初に植えられた段階で「害虫が植木に存在した」可能性があります。

 

植栽を購入して植える場合は、買ってきた植木に害虫が存在しないか確認する必要がありますが、素人の目では難しいかもしれません。そのような場合は、プロの植木屋に相談してください。

 

植栽管理をお考えの方は、大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(植木の樹勢回復)村上造園まで!

<樹勢回復>

 

オリーブ H=5m 2本
樹木保護剤(ラックバルサン)1kg
殺虫剤 スミチオン 原液
オルトラン粒剤
殺菌剤(トップジン)

 

<作業時間>

 

1人で4時間

工事費用:20,000

 

 高木剪定
 
高木剪定
 

 

 高木剪定
作業前    作業後

オリーブが大きくなりすぎた|形を整え小さく 大阪府大阪市都島区 

5年ほど切っていないので見栄えがいいよう小さくして欲しい。

 今回ご依頼いただいた都島区のT様は、5年前自分で切ったがほったらかしたらあっという間に2階のベランダまで伸びましたとのことです。ここまで伸びると切るのも疲れますが掃除が大変です。大きい枝はゴミの日に回収してくれません。自分で更に小分けすることになります。弊社の枝処分は、リサイクルセンターに持っていくため焼却場と違い、環境にやさしい枝処分を行っています。肥料等になり戻ってくる事になります。

 

 剪定方法として、一番大きい植木(オリーブ)から始めることになります。仕上がりの形をイメージします。丸がいいか三角形がいいかなどです。今回は卵型に形を切りました。手順としては、中心の枝を目標の高さの基準とし、その枝の隣は少し高さが下がる位置で切る。これを繰り返す事になります。

写真を見て頂くと枝の高さが低くなっているのがわかると思います剪定後の枝の輪郭は丸いラインが出来ています。

お客様が切る様になってもこの枝の輪郭に沿って切ると常に一定の形で収まります。

弊社は毎年依頼していただくのが理想ですが、お客様第一なので、お客様が自分たちで切る時少しでも楽になるように心がけています。作業中このようにお考えの場合遠慮なく言ってください。丁寧にご説明いたします。

弊社では、常に何年も先の事を考え植木の形を維持していきたいと考えております。

剪定後の管理の仕方(殺虫剤の事)などアドバイス致します。農薬に関しては実験を繰り返して薬の成分など理解して研究済みです。遠慮なく何でも言ってください。よろしくお願い致します。

 

大阪市都島区の剪定なら、大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

 

 

<植栽>

 

オリーブ

H6m 1本

ハナミズキ

H2m 2本

キンモクセイ

H2m 1本

ベニシダレモミジ

H1.5m 1本

薬剤散布

 

<作業時間>

 

4時間

工事費用: 15,000円(税込)

before-after40
施工前 施工後

雑草が生えて困っていた庭の斜面を芝生できれいに 大阪府泉南市

大阪府泉南市の一戸建てのお庭の斜面を芝生にした事例です。

 

大阪府泉南市にお住まいのT様より「家の裏の斜面に草が生えて困っている。きれいにしてほしい。」とご依頼いただきました。

 

お伺いすると、家の裏の低くなった土地に駐車場があり、家の庭から駐車場にかけては斜面になっていました。凸凹になった地面に草がまばらに生え、荒れた状態でした。

 

また、雑草が生えていない部分の、むき出しの地面の土が流れやすい状態になっており、雨水などが流れてできた溝がいくつも形成されていました。

 

作業前

 

T様ご自身でも土が流れないように物を置くなどの対策をされていたそうです。

 

斜面をきれいにする方法として、芝張りのほか、サツキなどの木の植栽で覆う方法などもご提案いたしましたが、芝生にしたいという事でしたので、ヒメコウライシバでの芝張りを行なうことになりました。

 

斜面への芝張りの手順

1.雑草の除去

斜面にまばらに生えていた雑草を取り除いてきれいにします。

 

2.下地の整地

水の通り道になっていた溝を土で埋めるなどして、斜面の地面をなだらかにします。芝の根の生長を妨げる石も取り除きます。

 

斜面の上の、オリーブなどの植木の根元は、少し凹ませておきます。凹ませておかないと、水がすぐ流れてしまい、木が水不足で弱ったり枯れたりするからです。

 

3.斜面への芝張り

芝を斜面の上から貼っていきます。勾配のある場所では、芝が重みでずれてしまう可能性があるので、芝のシートを竹の目串でしっかりと固定しながら作業を行ないます。

 

目串は芝で隠れるくらいまで打ち込みます。

 

植木の周りも丁寧に芝張り作業を行ないました。

 

4.目土の敷き均し

張った芝の上から、土をかけて敷き均しを行ないます。芝生と芝生の目の間の隙間を土でうめることで、芝の根が張りやすくなるようにします。

 

5.水やり

最後に優しくたっぷりと水やりをして作業は終了です。

 

作業後

 

芝で斜面の雑草をきれいにして土の流出も防止

 

芝張り作業を終えると、T様は「斜面がきれいになってよかったです。芝生が伸びるのが楽しみです。」と嬉しそうなご様子でした。

 

芝張りを行なうことである程度の雑草は防ぐことができますが、芝の間を縫って生えてくる雑草は避けられません。

 

きれいな芝生を保つために、水やりや芝刈り、除草はこまめに行なっていただくことをお勧めします。

 

今回は雑草が生えてきたことにお困りでご依頼いただきましたが、結果的に、斜面からの土の流出の対策もできました。

 

斜面のむき出しの土が雨水などで流れると、T様邸のような駐車場や、道路に土が入ってしまいますし、人の背の高さほどの傾斜でも崩れると危険です。

 

芝生で完全に防止できるわけではありませんが、ある程度までは根を張り地面を固定できますし、風化しやすい地表もカバーできるといえます。

 

 

大阪府泉南市の庭の斜面を芝生にするなら大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

<芝張り>

 

ヒメコウライシバ

50㎡

 

<作業時間>

 

2日

工事費用:200,000円(税込)

伐採 K様邸
施工前 施工後

うっそうとした庭の植木の伐採と雑草対策 奈良県奈良市

「荒れ放題・伸び放題の庭を何とかしたい!」

奈良県奈良市にお住まいのK様からのご依頼です。

お庭は雑草も植木も一緒に伸び放題になっていて、遠目だとちょっとした森のようにも見えます。ジャスミンのツルが壁際の柵に巻き付き、大きい植木は隣の敷地に少しはみ出してしまっていました。

 

そこで今回はお客様から「うっそうとしたお庭をキレイに整備し、これから生えてくる雑草の対策も行ってほしい!」というご要望を受け、伐採と剪定を行ってから、雑草対策を行いました。

大きな植木の伐採や剪定でお庭がスッキリ

まずは植木の整理から始めます。特に大きかったのは4mのゴールドクレストと3mのジューンベリーで、これらは全て伐採を行いました。

 

特にジューンベリーは、春に白い花を咲かせて秋ごろに赤く小さいまん丸の実をつけることで有名で、その見た目の可愛らしさから最近よく見かけます。

 

お庭のシンボルに適した木でもあるのですが、今回は「大きすぎて隣のお家の迷惑になるから不要かな」ということでしたので、伐採しました。雑草のツルと区別がつかないくらいにモサモサと伸びて柵に絡んでいたジャスミンのツルも、すべて伐採しました。

 

また、4mのオリーブの木もありました。オリーブは実を摘んでオイルなど食用にも利用でき、乾燥に強い木です。こちらの木は枝を短く刈り込む強剪定を行いました。

 

それ以外の植木も、基本的にどの木を伐採してどの木を残していくかは私たちの判断に委ねてもらい作業を進めていきました。作業中にちょうど実をつけている1mのブルーベリーの木を見つけたのですが、これはそこまで大きくなる品種ではありませんし、見た目も良いので残しておきました。

 

お庭をスッキリさせるとは言っても、スカスカで寂しくなってしまっては元も子もないので、そうならないように気を配りました。

防草シートと砂利でお庭の裏手の雑草対策

植木の伐採・剪定後は、これから生えてくる雑草対策の防草工事を、お家の裏手のお庭(約15㎡)に行いました。

他箇所は既にレンガ舗装がされていて雑草対策にそれほど問題はありませんでしたが、この裏手のスペースだけ手つかずでした。

 

今回は、防草シートと砂利を使用しています。まずは地面の高さをならしながら、後から砂利を敷く分の3~4cmだけ掘り下げていきます。
また、現状のままでは砂利が溝に落ちてしまうためレンガで段差を作り砂利の流出を防止しました。
見た目にもおしゃれな感じだと思います。

 

掘り下げたら、防草シートを隙間なく敷き詰めて、砂利を上から戻します。砂利の色はブラウンを選択し、土の色に近くなるようにしました。

これで、後からまた雑草が生えてきてお庭がボサボサになることはありません。

「モサッとしていたお庭が劇的に変わった!」

お客様からは、「植木や雑草でボサボサの庭が見違えるようにスッキリしました!」とお声を頂きました。見た目がスッキリし、日当たりもよくなったお庭を長く楽しんでいただければと思います。

 

神戸・大阪・奈良・京都・和歌山の植木屋村上造園にお願いします。

植木のご相談はこちら!

 

 <作業内容>

 

伐採

ゴールドクレスト
4m 18本

 

ジューンベリー
3m 1本

 

ジャスミン

 

 

剪定

オリーブ

 

 

防草シート

15㎡

 

 

砂利敷き

15㎡

 

 

<作業時間>

 

3日

工事費用:180,000円(税込)

 

 

最近の施工事例

空き家の庭手入れ|30㎡の草刈りと庭木剪定を1日で完了 奈良県大和郡山市
大和郡山市剪定前後

<剪定>
サルスベリ:H6m 1本
キンモクセイ:H3m 1本
モミジ:H3m 3本
低木(ヒラドツツジ):5㎡
<草刈り>
30㎡
<作業時間>
1日(2人)

工事費用:50,000円

作業内容を見る
空き家の庭木の台風対策|10mのクスノキを強剪定 奈良県大和郡山市
庭木剪定前後

<剪定>
クスノキ:H10m 1本
モクレン:H3m 1本
<作業時間>
1日(2人)

工事費用:75,000円

作業内容を見る
年1回のマキ剪定|玄関横の植栽をきれいに整えたい 奈良県生駒市
マキ剪定前後

<剪定>
マキ:H3m 2本
低木(サツキ):5㎡
<除草>
10㎡
<作業時間>
4時間(1人)

工事費用:20,000円

作業内容を見る
空き家の竹を伐採|敷地外への落ち葉が近所迷惑になっている 奈良県生駒市
竹伐採前後

<伐採>
竹:H4m 20本
<剪定>
キンモクセイ:H3m 1本
低木(サツキ):5㎡
<草刈り>
10㎡
<作業時間>
4時間(1人)

工事費用:20,000円

作業内容を見る

無料お見積り・ご相談

06-7504-4848

LINEからも無料お見積り・ご相談が可能です。お庭の写真を送信していただければ、すぐにお見積り金額をご提示できます。

pagetop