お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00
menu
  1. Home
  2. >
  3. Search: マンション class=

マンション前のシュロやハナミズキを伐採・剪定│アベリア等を植栽しすっきり美しく 大阪市鶴見区

作業前 作業後

マンション前のシュロやハナミズキを伐採・剪定│アベリア等を植栽しすっきり美しく 大阪市鶴見区

マンション前の植木を伐採・撤去して、新たに植栽し綺麗にしてほしい

 

大阪市鶴見区のKマンション管理組合様からのご依頼で、マンション前の植え込み3か所の伐採、植栽撤去、剪定そして植栽を手掛けた事例です。

 


マンション前の植木が大きく育ち過ぎてしまい、正面の道に葉が落ちたり、隣のマンションに枝がはみ出たりという弊害が目立ってきたのをきっかけに「植木を伐採して、一から綺麗に整備してほしい」との問い合わせをいただきました。

 

 

そのため今回の工程としては

 

① 邪魔な植木の伐採と撤去をする。
② 残す植木を綺麗に剪定する。
③ 空いたスペースに新しい植木を植栽する。

 

という流れで作業を行いました。

 

 

 

マンション前の植木の伐採~剪定作業(1日目)

今回の作業内容を、2日間に分けてご紹介します。

 

1-1. 3本の植木の伐採と掃除

まずは左手前のシュロの木1本と、その奥に生える2本のカクレミノ伐採から取り掛かります。植木は共に4mほどの高さがありました。

 

伐採後の大木は作業の邪魔になるので、一度トラックへ運び出して掃除をします。

 

1-2. マンションからはみ出た植木の剪定

正面の向かって右手にある、ハナミズキの剪定を行います。


こちらも枝葉が歩道や隣の住居まで伸びていたので、迷惑にならないよう形を整えます。

 

1-3. 根元にあるツツジなどの雑草を撤去

ハナミズキの根元などに生えた、雑草の撤去に取り掛かります。

 

根元にびっしりと生えたツツジなどの草木が、手入れが行き届かずまとまりのない印象だったのですべて綺麗に取り除きました。

 

1-4. 伐根して土を耕したら1日目終了

先ほど伐採した植木や草木の根っこをすべて掘り起こし、スコップで土地全体を耕していきます。

 

土地を整えたら、明日の植栽作業のために肥料を撒いて1日目が終了です。

 

 

マンション前の植木の植栽作業(2日目)

2日目はあらかじめ準備しておいた提案書に基づいて、植木の植栽作業を行います。

 

2-1.  搬入された植木を配置する

朝10時頃に、新しく植栽する植木がトラックで搬入されます。

 

今回の植木の種類は、以下のラインナップです。

 

・オタフクナンテン

・マホニアコンフーサ

・アベリアホープレイズ

・アベリアカレイドスコープ

・クリスマスローズ

・サルココッカ

 

クリスマスローズ以外の植木はお客様のご要望に基づいて、こちらでお選びしたものです。

 

今回の場合、マンションに管理人の方が常駐しないので水やりを毎日できないという条件がございました。そのため、比較的乾燥に強い植物の中で、さらに見栄えがするものを提案しました。

 

届いた植木を、植える予定の箇所に配置していきます。

 

2-2.  提案書どおりに植木を植栽

前もって用意しておいた図面に沿って、植木を植栽していきます。

 

色味や形状におもしろさのある「オタフクナンテン」「マホニアコンフーサ」を25株ずつ、「アベリアホープレイズ」「アベリアカレイドスコープ」を8株ずつ植えていきます。

 

またマンションの影になって日当たりが悪い位置には、日陰に強いサルココッカを配置しました。

 

2-3.  玉竜マットを敷いて仕上げ

植栽がすべて完了したところで、作業も大詰めを迎えます。

 

植木を伐根した跡地を整えるため、玉竜マット敷いていきます。玉竜マットは耐久性と利便性に優れた、芝生シートのようなものです。

 

玉竜マットを丁度良い大きさに切って跡地に載せ、その上から土をかぶせます。

 

最後に全体にたっぷり水やりをし、すべての作業が完了です。

 

 

育ちすぎた植木の伐採・撤去と植栽によって、見違えるほど綺麗な正面玄関に。

 

訪れた際は草木が伸び放題だったマンション前の植え込みでしたが、綺麗にそれらを取り除き新しい植木を植栽することによって、さっぱり美しい正面玄関となりました。

 

また今回、座高が低い種類を中心に植栽をしたので、これからは植木のお手入れや剪定作業が随分と楽になるはずです。

 


大阪市鶴見区のマンションにおける伐採・植栽撤去・剪定・植栽をご検討中の方は、村上造園
まで!

 

<伐採>

シュロ H=4m 1本

カクレミノ H=4m 2本

 

 

<植栽撤去>

ナンテン

ムクゲ等

 

<剪定>

ハナミズキ H=4m 1本

 

<植栽>

オタフクナンテン 25株

マホニアコンフーサ 25株

アベリアホープレイズ 8株

アベリアカレイドスコープ 8株

クリスマスローズ 2株

サルココッカ 15株

タマリュウマット 5枚

 

<作業時間>

2人2日

工事費用140,000円
 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽
作業前 作業後

マンションの植え込みにアべリアとアセビを植栽│育てやすく鮮やかな品種をご提案 大阪市東淀川区

マンションの植え込みを手入れしやすい品種で植栽してほしい

 

大阪市東淀川区にお住まいのK様からのご依頼で、マンション前の植え込みに植栽を行った事例です。


お部屋の前にある細長い土地に、元々ご自身で花などを植えられていたK様ですが「すぐに枯れてしまう」と悩んでいらっしゃいました。


そこで今回、ご自身でも比較的簡単にお手入れができる植物を使って、土地を綺麗に整えて欲しいとのことで弊社にご依頼をいただきました。


お客様のご希望の中に「あまり水やりをしたくない」という声がありましたので、乾燥に強く見た目も華やかな「アベリア」と、手入れが比較的に簡単な「アセビ」をお選びしました。

 

 

マンション前の植栽作業

それでは、今回の作業内容を紹介します。

 

1. 既存の植栽を撤去

まずは植栽を行うための準備を行います。元々土地に生えていたあじさいや雑草を抜き、何もない状態にします。


このとき根っこが残ると雑草など不要な植物が伸びてきてしまうので、完全に撤去することが大切です。

 

2 整地・土壌改良

きれいになったら、土を耕して植物が植えられる状態にします。今回の作業の中で、実は植栽撤去~土壌整備までの「準備段階」が最も時間を要しました。


植物が元気に育つためにも、土を耕し良い状態に保つことはとても重要です。

 

3. 2種類のアベリアを交互に植栽

次にアベリアを壁に沿って1本ずつ植えていきます。


彩りを良くするために、今回は
アベリアホープレイズ」「アベリアカレイドスコープ」という2種類のアベリアを10株ずつ用意しました。

 


アベリアホープレイズ」は、葉をふちどる黄色~白色の覆輪斑(葉の際に入る、色の異なる模様)が目に美しい種類です。


一方の「アベリアカレイドスコープ」
は季節によって、斑入りの黄色い葉がオレンジ、赤へと変化していきます。

 


合計20株のアベリアを、奥から
アベリアカレイドスコープを5本、アベリアホープレイズを5本、、という風に交互で植えていきます。


こうるすことで、アベリアの赤色と黄色を代わる代わる楽しむことができます。

 

4. あせびを植えて完成

最後に手前角の、やや広くなっている土地にあせびを植えて完成です。


常緑低木樹のあせびは、春にかけてすずらんのような可愛らしい花を咲かせるのが特徴です。

 

 

アベリアとあせびで、手入れしやすく綺麗な植栽が完成!

 

訪れた際は手入れの行き届いていなかったスペースが、除草して植栽をしたところ、すっきりと綺麗な見た目に生まれ変わりました。

 

依頼主のK様も、仕上がりを見て「とてもきれいになりましたね」と喜んでくださいました。

 


植栽には見た目の好き嫌い以外にも、育てやすい植木を選ぶことや成長後の草木のサイズ感景観との組み合わせなど押さえておくべきポイントがあります。

 

もしご自身での判断が難しいときは、プロの植木屋に相談してみてはいかがでしょうか?親身にお話を聞かせていただきます。

 


大阪市東淀川区でマンションの植え込みに植栽をご検討中なら村上造園
まで!

 

<植栽>

アセビ H=0.3m 4株

アベリアホープレイズ 10株

アベリアカレイドスコープ 10株

 

<作業時間>

1人2時間

工事費用:35,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽
作業前 作業後

マンションにて植栽(低木)の剪定(年間管理) 大阪府大阪市

ご依頼のきっかけ:マンション前植栽の年間管理のご依頼(今回が2回目)

 

今回のご依頼は、大阪市のマンションを管理する方からのご依頼です。

 

以前植栽の剪定でお伺いした際、植栽全体の年間管理をご所望でしたので、春と秋の2回に分けて剪定作業と殺虫剤の散布を行うこととなりました。

 

今回は2回目ということで、低木を剪定し形を整えることとしました。

 

マンション前植栽(低木)の剪定作業

それでは、今回の作業内容を紹介します。

 

1.低木の剪定

作業開始後は、低木の剪定から始めます。

 

年間管理を2回に分けた理由なのですが、今回剪定を行ったサツキの木は、花が咲ききってから枝葉を落とすことで、翌年の花の咲き方がより綺麗になるという特徴があるためです。

 

サツキやツツジの木は、花が満開になる5月頃に剪定することで、新芽が育ちやすくなるので、春先を狙って剪定するのがオススメです。

 

因みに、秋に花をつけるキンモクセイなどの背が高い木の場合は、寒さに弱い種類もあるので、夏から秋ごろにかけて形を整える程度の軽剪定をするのが良いでしょう。

2.剪定して出た枝葉の掃除

マンション全体の植栽剪定が完了したら、切り落とした枝葉を掃除します。

 

まずは大きい枝などを手で拾っていき、その後ブロワーという送風して落ち葉を飛ばす機械を使って、細かいゴミを掃除しました。

 

3.殺虫剤(スミチオン)の散布

最後に、スミチオン乳剤という殺虫剤を散布していきます。

 

スミチオン乳剤は、濃度が高いと木に悪影響を及ぼしてしまうため、1000倍に薄めて使いました。

 

 

殺虫剤は基本的にその日限りの効果で、効能として幼虫や成虫には効きますが、卵には効かないという特徴があります。

 

ですので、約4か月に一回、虫が卵から孵った頃を見計らって散布するのが理想的な使い方です。

 

マンションの年間管理、初回は申請に時間がかかるので、早めに連絡を!

 

今回のご依頼主様に仕上がりを確認していただき、作業は終了となります。

「また次回もよろしくお願いします」と大変満足されているご様子でした。

 

マンションの年間管理は村上造園でも数件お引き受けしているのですが、初回の申し込みには時間がかかってしまうことが多いです。

 

何故ならマンションは共有の資産であり、そこに住んでいる住人の方や管理する自治会の許可が下りないと、作業が出来ないからです。

手続きには長い時で2~3か月かかることもありますので、お早めにご相談ください!

 

大阪府大阪市でマンション前の植栽剪定・年間管理を依頼するなら村上造園まで

 

<剪定・年間管理>

低木の剪定 200㎡

 

<作業時間>

3日間

工事費用:100,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽
猫対策前後
作業前 作業後

マンション花壇の猫対策|芝生に猫が集まるのを防ぎたい 大阪府大阪市城東区

マンション駐車場の花壇に猫が集まってくるので対策したい

大阪市城東区のマンションオーナー様からのご依頼で、花壇の猫対策を行った事例です。

 

マンションの駐車スペース裏側にある花壇の芝生に猫が集まるとのことでお困りでした。

 

 

花壇にはサツキの植え込みと芝生があり、日当たりが良く、猫が来て居着いたり、糞をしたりするとの事で、このまま猫の住処になったら困ると対策をご希望でした。

 

ご依頼当初は、芝生をなくして砂利を敷きたいとのご希望でしたが、平らで日当たりの良いスペースがある限り、猫が再び集まる恐れがあります。

 

猫にとって居心地のよいスペースをなくすため、猫対策用のトゲトゲシートの設置をご提案して、工事を行う事になりました。

 

花壇の猫対策用トゲトゲシートの設置工事の内容

作業の内容を紹介します。

 

1.芝生剥がし

 

まずは既存の芝生を剥がします。

 

表面の芝を取るだけだと、根が残って再び生えてくる恐れがありますので、しっかり土を掘り起こして根を取り除きました。

 

2.土撤去

 

芝の根をなくし、砂利を敷く深さを確保するために、土を3cmほど撤去します。

 

3.防草シート敷き

芝が再び生えてくるのを防ぐために、砂利敷きの前に防草シートを設置します。

 

花壇の手前の方から、サツキ植え込みギリギリまで、土を覆い隠すように貼り付けました。

 

散水栓の周囲は、シートをくり抜いています。

 

「そこまでしないといけないのか?」と思われるかもしれませんが、芝の生命力は強く、少しでも残っていると生えてきます。

 

砂利とトゲトゲシートを敷いた隙間から雑草が生えた場合、花壇の手入れがとても大変になってしまうので、防草シートで対策することが望ましいです。

 

4.砂利敷き

砂利はご希望のあった、細かめの色の綺麗なものを用意して均等に敷きならしました。

 

5.トゲトゲシートの設置

猫対策のトゲトゲシートを取り付けます。

 

ロール状のシートを切り、防草シートを留めるピンを使って固定していきます。

 

トゲトゲした形状のため、ずれると危ないからです。

 

防草シートと同様に、散水栓の周囲はくりぬきました。

 

トゲトゲシートの設置で猫が集まりにくい花壇になった

猫対策

 

オーナー様は時々作業を見にこられて、作業後の花壇を見て「だいぶ変わりましたね〜。これで猫が来なくなるといいです」とおっしゃっていました。

 

ペットとしては可愛い猫ですが、手入れしている花壇や敷地に勝手に入り込む野良猫は困り者ですよね。

 

お困りの場合は、今回紹介したようなトゲトゲシートの設置のほか、高さをもたせるネットを張る方法などもありますので、ぜひ一度植木屋やエクステリア業者などに相談してみてください。

 

大阪市城東区で花壇の猫対策について相談するなら大阪の植木屋村上造園まで!

<猫対策>

 

芝生撤去 4㎡

砂利敷き 4㎡

防草シート 4㎡

トゲトゲシート 4㎡

残土処分

 

<作業時間>

 

1日

工事費用:47,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽
マンション前植栽剪定前後
作業前 作業後

マンション敷地外の自販機を覆うシラカシの剪定 奈良県奈良市

敷地外まで伸びたシラカシが問題に

奈良県奈良市のマンション前の植栽剪定を行った事例です。

 

マンション前の共用部分にある植栽が3年程手入れされておらず、その結果シラカシの枝葉が敷地外の自販機を覆ってしまいました。

 

これを問題に思った自治会の方がマンションの管理人であるT様を通してご依頼されたそうです。

 

植木剪定前

 

シラカシが自販機を覆っているだけでなく、他のハナミズキやアジサイ等も植え込みから大きくはみ出しており、マンション名が彫られた石製の看板も隠れてしまっていました。

 

葉が落ちやすい植物が多く、管理人のT様も、掃除の手間がかかり困っている様子でした。

 

シラカシを伐採ではなく剪定に留める理由

今回、隣の敷地にまで広がっていたシラカシ。

 

伐採してしまうという手段もありますが、それは出来ません。

 

それは、共用部分の植栽は法律上、マンション全体の資産とされているからです。

 

独断で撤去してしまうと、その後トラブルに発展する可能性があります。

 

その点を見据え、今回は剪定に留めておくことにしました。

 

マンション前植栽の剪定作業内容

「2~3年メンテナンスが必要ないようにしっかり切ってほしい」

 

剪定作業を行ううえで、そのような要望を頂きました。

 

しかし、必要以上に切りすぎてしまうと植木が枯れてしまう恐れもあります。

 

どこまで切ったら木が枯れてしまうのか、そして2~3年でどこまで伸びるかを上手く見極めること。

 

また、シラカシの枝葉が隣の敷地に入り込んでしまわないようにすることが、今回の作業のポイントです。

 

ここからは実際の作業内容を順序別で解説します。

 

1.大きく広がったハナミズキの剪定

まず初めに植え込みからはみ出てしまったハナミズキの剪定をしました。

 

 

植木は横に広がってしまうと頭でっかちになり、見栄えも良くありません。

 

更に、木に付いていた害虫が通路に落ちてしまったりするので、入居者様にも危険が及ぶ可能性があります。

 

ですので今回は高さをあまり変えずに、はみ出してしまっている部分をしっかり短くしました。

 

 

その結果、線が縦に長くなることで、よりすっきりとした印象になりました。

2.石看板を隠してしまっている低木を整える

次に石製の看板を隠すほど大きくなっていたアジサイとサツキを整えました。

 

 

アジサイは、出来るだけ葉の数を減らすようにしています。

 

そうすることで見た目もすっきりしますし、何より落ち葉の掃除の手間が減ります。

 

 

サツキは植え込みからはみ出てしまうほど大きくなっている部分も見受けられたので、全体的に小さくなるよう整えます。

 

伸びすぎた部分は剪定後、葉がなくなるのでどうしても透けてしまいますが、時間が経てば程よく葉が付き、元通り見栄えも良くなるでしょう。

 

3.自販機を覆うシラカシと椿の剪定

最後に、一番の曲者であるシラカシと、ツバキを剪定しました。

 

 

2本とも背が高くなっていて、シラカシに至っては隣の敷地の自販機を覆ってしまっています。

 

ツバキは虫がつきやすいこともあるのでしっかり短くする必要があります。

 

フェンスを越えて枝が飛ばないよう、慎重に剪定しました。

 

 

次に、シラカシをどうするかというところで、一つ発見がありました。

 

それは、3年程前の剪定時に切ったと思われる部分から新しい幹が伸びていたことです。

 

通常であれば、どこまで切ったら枯れてしまうかという場所を探さないといけません。

 

しかし今回は、前回の作業跡が残っていた為、それを目印にしてしっかり短く出来ました。

 

4.害虫対策の為の薬剤を散布

ツバキとハナミズキは毒のある虫(毛虫など)が付きやすい木です。

 

それらの対策のために、スミチオンという薬剤を散布しました。

 

圧力を掛けて散布する機械を用いて作業をするので、風向きや人通りには注意しなければなりません。

 

ですので、風が強いときは影響を受けないように圧力を下げて散布したり、人通りに気を配りながらの作業となりました。

 

見た目もさっぱりし、落ち葉掃除も楽に

 

植木剪定後

 

マンションでの剪定作業は、管理者様がおられる平日の間にしか出来ません。

 

ですので、今回ご依頼をくださったT様は、時折様子を見に来られていました。

 

作業終了後は大変満足されたご様子で、「とてもさっぱりして、落ち葉掃除も楽になります。」と仰っていました。

 

 

この事例のように2~3年に1回のメンテナンスを希望される方もいらっしゃいます。

 

ですが、マンション前など人の往来が多い場所ですと、害虫や落ち葉の問題も出てくるので、少なくとも年1回のメンテナンスをすることがオススメです。

 

今回、ご依頼の際には弊社ホームページからご連絡頂き、写真でのお見積りをしました。

 

写真でのお見積りを行うことで、状態や剪定に必要な道具などを現地へお伺いして判断する必要がなくなるので、費用を安く抑えることができ、作業までの流れもスムーズになります。

 

奈良県奈良市でマンション共用部分の植栽剪定を依頼するなら村上造園まで

<剪定>

シラカシH=2m 1本 
ハナミズキ H=3m 1本
ツバキ H=1m 1本

 

アジサイ 2㎡
サツキ 5㎡

 

<薬剤散布>

 全体にスミチオン散布

 

<作業時間>

 

4時間

工事費用:27,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽
マンション剪定 前後
作業前 作業後

マンション外壁周りの植木剪定 奈良県奈良市

エントランス付近の植木が出入りの邪魔に

奈良県奈良市にあるマンションのオーナー、K様からのご依頼で植栽剪定を行なった事例です。

 

 

「マンション前の植木が出入り口付近まで伸びてしまっているので、一度見てもらいたい。」

 

お電話でのやり取りの後、早速実際に現地へお伺いしました。

 

植木剪定前

 

現場を見てみると、ソテツやヒラドツツジが植え込みからはみ出してしまっていました。

 

ソテツに関しては出入口付近まで伸びています。

 

このままではマンションの入居者様の出入りに支障が出てしまいます。

 

「年一回のみのメンテナンスを考えているので、出来る限り短くしてほしい」との要望をお聞きし、その場で概算のお見積りを行いました。

 

ここまで植木が伸びてしまった理由をお聞きすると、オーナーのK様曰く「以前から頼んでいた業者様と連絡がつかなくなった。」とのこと。

 

そこで、以前に一度利用したことがある弊社にお願いしようと、今回のご依頼に至ったそうです。

 

駐車場と駐輪場に注意した剪定作業

マンション前の駐車場には車が停まっているため、落ち葉や枝が当たらないよう気を付けてほしいとの要望がありました。

 

車だけでなく周辺にお住まいの方や通行人の迷惑にならないよう、枝を落とす場所を考えながら作業を行いました。

 

ここからは、今回の詳しい作業内容を紹介いたします。

 

1.背の低い植木の長さを整える

まず初めに、背の低いヒラドツツジとソテツの長さを“バリカン”というエンジン式のノコギリで整えていきました。

 

背の高い物から始めると、切り落とした枝と背の低い植木の区別が付かなくなってしまいます。

 

その為、今回は作業の順序も工夫しています。

2.背の高い植木の長さを整える

次に、背の高いシラカシとクロガネモチの枝を切りました。

 

シラカシとクロガネモチは非常に丈夫で生命力が強く伸びるのが早い木です。

 

一年程そのままにしておいても大丈夫な様に、しっかり目に切っています。

3.害虫対策に薬剤の散布

最後に、害虫対策の薬剤散布を行いました。

 

これからの時期、毒を持った毛虫や蛾の幼虫が木についてしまうことが多いです。

 

放置すると危険な為、スミチオン乳剤という薬剤を散布することで発生を予防します。

 

より安全性に配慮した仕上がりに

植木剪定後

 

今回何よりも注意したポイントは、安全性です。

 

マンションの出入りにかかわるエントランス前の部分に飛び出していたソテツを大幅にカット。

 

 

そして、頭上にまで伸びていたシラカシは出来るだけ高さを低くするようにしました。

 

こうすることでマンションに出入りしやすくなり、次のメンテナンス時の安全性も向上します。

 

更に、全体的に木が小さくなったことで日が差し込み、作業前よりもかなり明るくなりました。

 

 

仕上がりをご覧になられたK様は「見た目もかなりすっきりして、イメージ通りの仕上がりです。来年もお願いしたいです。」と大変満足されたご様子でした。

 

 

マンションは人の往来も多く、植栽を放置してしまうと害虫等の被害が起こります。

 

 

更に、落ちた葉や枝が通行の妨げになり、掃除の手間も発生します。

 

 

早めに植木屋等の業者に依頼するなどして対策しましょう。

 

 

 

奈良県奈良市でマンション植栽の剪定を依頼するなら村上造園まで

<剪定>

シラカシH=3m 4本 

クロガネモチ H=3m 4本

 

ヒラドツツジ 15㎡

ソテツ 1本

 

<薬剤散布>

 全体にスミチオン散布

 

<作業時間>

 

1日

工事費用:27,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽
作業前 作業後

マンション植栽の害虫対策と落ち葉対策のための剪定 奈良県奈良市

マンション1階の木の落ち葉と害虫が迷惑になっている

マンション管理会社様からのご依頼で植栽剪定を行なった事例です。

 

「植木の剪定をお願いしたいです。マンション前の植え込みスペースの木からの落ち葉がひどく、虫も湧くので1階と隣の店舗から苦情が来て困っています。」

 

早速現地にお伺いすると、マンション1階の店舗の前の植栽スペースにシンジュ・ユズリハ・ツゲ・ヒラドツツジなどが植えられていました。

 

手入れ前の植栽

 

ご担当者様がおっしゃっていた通り、1階の店舗の前のシンジュとユズリハが大きくなり、店や前の道路の方に伸びていました。

 

おそらくシンジュは勝手に生えてそのまま大きくなったと見られます。

 

奥のサツキとツゲの植え込みには、毎年ミノムシのような虫が湧くとのことでした。

 

切ってしまうこともご提案しましたが、残したいとのご希望があったため、大きくなりすぎないように、年2回定期的に剪定と害虫対策の薬剤散布にお伺いすることになりました。

 

マンション植栽の害虫対策と剪定の作業内容

今回の作業の内容を紹介します。

 

1階の店舗が10時オープンなので、前の木はそれまでに切っておいて欲しいとのご要望があり、8時半にお伺いして作業を開始しました。

 

植栽剪定の作業内容

出来るだけ小さくとのご要望がありましたが、ユズリハは切りすぎると弱ってしまうので、ある程度枝葉を残しました。

 

シンジュは店舗側に伸びている枝を中心に選定を行っています。

 

奥のヒラドツツジとツゲの植え込みは、はみ出た部分をスペースに収まるようにして、整えました。

 

植栽に発生するミノムシ対策のための薬剤散布

剪定後、植え込みに害虫対策用のトレボンという殺虫剤を散布しました。

 

トレボンはミノムシをはじめとする毛虫・芋虫などの害虫に効果的な薬剤です。

 

定期的な薬剤散布でマンション植栽の害虫対策

ご担当者様は作業開始30分後の9時過ぎぐらいに現地に来て、作業の様子を見ていらっしゃいました。

 

そして、作業後には「綺麗になってよかったです。次もお願いします!」と嬉しそうなご様子でした。

 

植栽剪定後

 

マンションは入居者など人通りが多い上、外観でイメージが左右されますので植栽もいつも綺麗にしておきたいですよね。

 

特に虫を嫌う人は多いので、発生するとクレームも来やすくなってしまいます。

 

今回の事例では年2回のご依頼でしたが、少なくとも年に1回はお手入れをされることがおススメです。

 

 

奈良県奈良市でマンション植栽の害虫対策を依頼するなら村上造園まで

<剪定

シンジュ:高さ5m 1本

ユズリハ:高さ5m 1本

ツゲ:高さ2m 2本

低木ヒラドツツジ:5㎡

 

<薬剤散布>

 全体にトレボン散布

 

<作業時間>

3時間

工事費用:20,000

 
植木剪定後 作業後の庭剪定後植木マキ剪定後花植栽

マンション植栽管理

マンション植栽管理

このような自治会様にオススメです

  • 工場や会社、マンション理事会で経費削減を迫られていて、
    植栽管理費でコストダウンを考えている。
  • 業者を変えても植木作業の品質は落としてもらいたくない。
  • 質問に対して明確に回答してくれる業者を探している。
  • 5年以上も同じ業者に依頼しているので、料金を見直したい。
    他社の見積もりをとって比べたい。

安心・低価格の自社サービス

村上造園では、お客様から依頼があって、お見積もりから作業完了に至るまでを自社が責任をもって行っております。

それにより、見積もり段階での明瞭な会計とコストダウンを実現し、お客様のご希望通りの仕上がり・サービスをご提供することができるのです。お客様のご要望を漏れなく実現するため、ご予算、スケジュールなど、イメージを共有して臨機応変にお客様のご要望を実現いたします。

お見積もりの段階で全体の予算や期間なども提示させて頂きますので、お客様が当惑されることもございません。また私たちは、プロとして、サービス業としてのサービスをお客様に提供することで、お客さまに笑顔をお届けすることを保証いたします。

マンション植栽管理計画

工場などの年間管理は、主に剪定×2回、薬剤散布×3回、肥料×1回、草刈り・芝刈り×3回を行います。
藤棚剪定、寒肥え(寒い時期に与える肥料)も可能です。
作業は、植物に適した時期を提案させていただき、お客様と相談の上決めていきます。

年間管理の流れ(例)

マンション植栽管理計画表
 

現状の植栽管理業者様よりお安くする自信があります

もし5年以上、植栽管理業者さんが同じなら植木屋村上造園で一度見直してみて下さい。植栽の状態によって作業料金がお安くなる場合があります。村上造園では下請けやフランチャイズの植木職人を使いませんので、中間コストもかかりません。

詳細な見積書ですので、作業内容と料金が明確

村上造園では、年間植栽管理で実際にどのように計画・作業していくのかを、剪定から最後の掃除の段階まできっちり説明いたします。そしてその作業に対しての料金について詳細な見積書をお渡しします。なので、「どんな植栽管理作業をするかわからない・・・」ということはございません。不明点はなんでもお尋ねください。

植栽管理見積り書

 

植栽が元気で育つよう積極的に提案をします

依頼された作業をただ単に行うのではなく、植栽が元気に育つために積極的な提案をします。それができるのは、しっかりした植木の知識があるからと自負しております。現在の木の状態はどうなのか?花を咲かすためにはどのようにすれば良いのか?など、植木屋として気になることはきっちり提案をし、ご質問にも答えます。

植栽管理費用コストダウン例

マンションB様

生垣剪定作業後

草刈り:200㎡以上

低木剪定:1回

高木剪定:1回

薬剤散布:3回

年間作業回数:5回

100万円80万円(税抜)

マンションG様

ヒペリカム剪定後

 

草刈り:100㎡以上

低木剪定:1回

高木剪定:1回

薬剤散布:3回

年間作業回数:5回

150万円120万円(税抜)
 

マンションS様

クスノキなど 剪定後

 

草刈り:100㎡以上

低木剪定:1回

高木剪定:1回

薬剤散布:3回

年間作業回数:5回

50万円30万円(税抜)
 
 

美しい景観が人の集まる場所

緑は清潔感・安心感・親しみやすさ・気遣い等の心理効果を向上させるという力をもっています。

そのため、緑のある風景は、人の心に安らぎと落ち着きを与えると同時に、毎日の暮らしにおける心の贅沢といえるかもしれません。一般的なデータとして、緑の少ない地域に住んでいる方と、緑の多い地域に住んでいる方ではストレスの感じ方が違うというデータがあります。あなたの家の景観を美しくし、住み心地のよい環境作りを、村上造園にお任せください。

 

 キンモクセイ剪定前後
施工前 施工後

3本のキンモクセイを剪定|1本ずつ丸い樹形に 大阪府堺市西区のマンション

 3本のキンモクセイが生垣のように繋がって見栄えが悪い

大阪府堺市西区のマンションオーナー様から「マンションの前のキンモクセイを2〜3年切っていなくて、モジャモジャの生垣みたいになって、見栄えが悪いのできれいにして欲しいです」と、お電話でご依頼をいただきました。

 

現地を拝見すると、マンション前の植栽スペースに並んで植えられた3本のキンモクセイが大きくなりすぎて、木同士が繋がり生垣のように鬱蒼としている状態でした。

 

剪定前キンモクセイ

 

以前はご自身で手の届く範囲で切っていたそうですが、なかなか手が回らず気づけばこのような状態になっていたそうです。

 

オーナー様は、「枯れないようにいい感じに切って欲しい」とご希望で、木はそれぞれ3本独立させて欲しいとのことで、作業日については特にご希望はありませんでした。

 

ついでに、マンションエントランスの左側に植えられているシラカシの剪定も承りました。

 

キンモクセイとシラカシの剪定作業の内容

先にシラカシを剪定

今回は先にシラカシを剪定しました。

 

エントランスの左側の植栽スペースに植えられているシラカシは、枝がエントランスの屋根乗っており、左隣のマンションの壁にもかかっている状態でした。

 

特に隣のマンションへ伸びにくくなるように気をつけながら、できるだけ小さくし、5mあったところを4mほどまで抑えました。

 

エントランス兼、駐輪場への通路ですので、往来にも注意しながら作業を行い、ゴミが邪魔にならないよう一旦掃除も行いました。

 

キンモクセイを3本独立させる作業 

キンモクセイは、ノコギリとハサミで枝を切り、それぞれ1本ずつ独立させたのち、丸い形になるように表面を整えました。

 

左右のバランスを見ながら、高さや間隔が合うように注意して作業を行っています。

 

周囲のゴミを集めて作業は終了です。

 

生垣状だったキンモクセイが丸い形に剪定できた 

剪定後キンモクセイ

 

作業前後に見にこられたオーナー様は、作業内容に満足され、喜んでいらっしゃいました。

 

今回のようにもともと独立していた木と木が、大きくなりすぎて、ひっついて生垣場になるケースは多く見られます。

 

もちろん、そのまま生垣のように楽しむこともできますが、鬱蒼としたイメージになったり、窓をふさいだりしている場合は、元の状態に戻されることがおすすめです。

 

中でもハナミズキは見た目が悪いので元に戻すことがおすすめです。

 

弊社村上造園では形が変わってしまった木に関して、相談しながら剪定を承っていますので、お困りの際は一度ご連絡下さい。

 

堺市西区でキンモクセイの剪定を依頼するなら大阪市の植木屋村上造園まで

<剪定

キンモクセイ:H3m 3本

シラカシ:H=0.3m 40本

 

<作業時間>

1日(1人)

工事費用:30,000

 

 

 植栽前後
施工前 施工後

植栽の植え替え|部分的に枯れて見栄えが悪い 大阪府堺市堺区のマンション

マンションの植栽が枯れてきたので植え替えたい

弊社ホームページをご覧になった、大阪府堺市堺区のマンション理事会の担当者様から「マンションの前の花壇の植え替えをして欲しいのですが」とご依頼をいただきました。

 

現地を拝見すると、マンション前の駐車スペースと歩道を隔てる植栽スペースのサツキが部分的に枯れ、根元に生えている芝も手入れされておらず汚い状態でした。

 

植え替え前

 

おそらくサツキがメインの低木植栽の中に、芝をあしらったデザインだったところ、芝の方が大きくなりすぎてサツキが弱ったと見られました。

 

植え替えは、特に状態の悪い歩道に面した部分だけで良いとのことで、1mほどの高さの椿やハナミズキはそのまま残し、根元の低木と芝を一度リセットして、新たな低木植栽をご希望されました。

 

低木は丈夫で管理しやすく、広がりにくいものにして欲しいことでしたので、オタフクナンテンをご提案しました。

 

オタフクナンテンは管理しやすい低木で、乾燥に強いく、近年の異常な夏の暑さにもある程度は耐えられる丈夫な木です。

 

さらに。大きくなりにくく、赤く紅葉する美しい葉を持つので、植栽として人気の高い植物です。

 

マンション前の植栽植え替えの工程

1.芝生・サツキの撤去 

まずは、芝生と枯れたサツキを撤去します。

 

スコップで周辺を5cm程度の深さまで掘って、根を取り除きました。芝は、少しでも根が残っているとまた生えてくるので注意が必要です。

 

サツキごとすっぽりと抜き取り、土を払いながら撤去しました。

 

サツキも芝も根が浅いものの、椿やハナミズキ根を傷つけないように注意して作業を行いました。

 

2.堆肥を入れて攪拌

ほぼ更地となった植栽スペースに、新しく植えるオタフクナンテンが良く育つように肥料を混ぜます。

 

肥料は、バーク堆肥と呼ばれる木の皮を発酵させて作られたもので、いやな臭いはありません。

 

3.オタフクナンテンの植栽

40株ほどのオタフクナンテンを端から順番に、等間隔に並べながら植えていきます。

 

真ん中の広いところは均一になるようにバランスをとりながら、一旦仮置きしてから実際に植えました。

 

ハナミズキの枝が下の方まであったので、避けたり枝を切ったりしてうまく収まるように工夫しました。

 

4.水やり

周りに散らばった土を掃除した後、たっぷりと水やりをし、残っている汚れも流しました。

 

これで作業は完了です。

 

見栄えが悪くなった植栽をきれいに植え替えできた

植え替え後

 

部分的に枯れて見栄えが悪くなったマンションの植栽を、オタフクナンテンに植え替えきれいに仕上げることができました。

 

仕上がりは管理人様に報告し、後日担当者さまにもご確認いただけました。

 

複数の木や植物を植えた植栽スペースは、デザイン的な問題や品種ごとの強さのせいで、部分的に枯れて無くなってしまうことがあります。

 

枯れた部分は随時植え替えで補うこともできますが、オタフクナンテンなどの枯れにくい丈夫な木に植え替えるのも一つの手です。

 

大阪府堺市堺区で植栽の植え替えにお困りでしたら大阪市の植木屋村上造園まで

<撤去

サツキ・芝生:4㎡

 

<植栽

オタフクナンテン:H=0.3m 40本

 

<作業時間>

1日(1人)

工事費用:55,000

 

 

最近の施工事例

空き家の庭手入れ|30㎡の草刈りと庭木剪定を1日で完了 奈良県大和郡山市
大和郡山市剪定前後

<剪定>
サルスベリ:H6m 1本
キンモクセイ:H3m 1本
モミジ:H3m 3本
低木(ヒラドツツジ):5㎡
<草刈り>
30㎡
<作業時間>
1日(2人)

工事費用:50,000円

作業内容を見る
空き家の庭木の台風対策|10mのクスノキを強剪定 奈良県大和郡山市
庭木剪定前後

<剪定>
クスノキ:H10m 1本
モクレン:H3m 1本
<作業時間>
1日(2人)

工事費用:75,000円

作業内容を見る
年1回のマキ剪定|玄関横の植栽をきれいに整えたい 奈良県生駒市
マキ剪定前後

<剪定>
マキ:H3m 2本
低木(サツキ):5㎡
<除草>
10㎡
<作業時間>
4時間(1人)

工事費用:20,000円

作業内容を見る
空き家の竹を伐採|敷地外への落ち葉が近所迷惑になっている 奈良県生駒市
竹伐採前後

<伐採>
竹:H4m 20本
<剪定>
キンモクセイ:H3m 1本
低木(サツキ):5㎡
<草刈り>
10㎡
<作業時間>
4時間(1人)

工事費用:20,000円

作業内容を見る

無料お見積り・ご相談

06-7504-4848

LINEからも無料お見積り・ご相談が可能です。お庭の写真を送信していただければ、すぐにお見積り金額をご提示できます。

pagetop

お手入れ料金は
こちらをご覧ください

お庭お手入れ料金

施工場所

大阪市の施工事例です。
下の表より大阪市各区を、お選びください。

病院 ビル ホテル
病院 会社・ビル ホテル
神社 お寺 店舗
神社 お寺 店舗
工場 マンション 個人宅・空き家
工場 マンション 個人宅・空き家
大阪市旭区 大阪市住之江区 大阪市浪速区 大阪市東淀川区
大阪市阿倍野区 大阪市住吉区 大阪市西区 大阪市平野区
大阪市生野区 大阪市大正区 大阪市西成区 大阪市福島区
大阪市北区 大阪市中央区 大阪市西淀川区 大阪市港区
大阪市此花区 大阪市鶴見区 大阪市東住吉区 大阪市都島区
大阪市城東区 大阪市天王寺区 大阪市東成区 大阪市淀川区