お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
Email: info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00

menu

menu
  1. Home
  2. >
  3. レッドロビン

レッドロビン

レッドロビン

レッドロビンの作業事例。記事数は22件となります。

   レッドロビン生垣剪定前  

 

 

レッドロビン記事の一覧です

「お庭のお手入れ(剪定・伐採・除草・消毒)」「植栽工事」「自動灌水ホースの設置工事」など、お庭・植木に関するお悩みはなんでもお気軽にご相談ください。

 

レッドロビン

 

レッドロビンの生垣を剪定|LINEの写真でお見積もり 奈良県生駒市

 

レッドロビン剪定前後
作業前 作業後

レッドロビンの生垣を剪定|高さを相談しながら作業 奈良県生駒市

2〜3年生垣を切っておらず見栄えが悪くなってきた

奈良県生駒市のT様からのご依頼でレッドロビンの生垣を剪定した事例です。

 

フェンス沿いに植えられたレッドロビンの生垣を、2〜3年手入れしていなかったところ見栄えが悪くなって気になり始めたそうです。

 

そろそろ切ろうかなと植木屋探していたところ、弊社ホームページをご覧になってLINEでご依頼いただきました。

 

レッドロビン生垣剪定前

 

ご連絡いただいた際に、送っていただいた写真がわかりやすく、すぐに見積もりを行い、実際にご依頼いただくことになったので、お伺いする日を決めました。

 

いくつか日を提案して、都合のいい日を選んでいただき、お伺いすると、生垣は写真の通りだったので、見積もり内容に変更なしで作業を開始いたしました。

 

高さを相談しながらレッドロビン生垣を剪定

生垣はかなり大きくなっていましたので、まずは側面(道路側)を刈り込み、高さも調整する必要がありました。

 

生垣の中はお庭と窓がありましたので、目隠しや日当たりなどを考えてどれくらいの高さに切るか、T様に相談しながら作業を行いました。

 

ご要望は、外から見て窓の半分くらいの高さにしてほしいとのことでした。

 

トリマーで側面を刈り込んでから、てっぺんを揃えていきます。

 

生垣の左端には電柱があり、包み込むようにレッドロビンが生い茂っていたので離すように剪定しました。

 

また、庭の内側はあまり伸びていなかったのでそのままにしておいて良いとのことでした。

 

レッドロビンの生垣の中にはフェンスがあるので、作業中はフェンスに当たらないようにある程度の厚みを残しながら作業を行いました。

 

スカスカになっている部分がありますが、長年切らずに放置すると、伸び方がまばらになり、切りそろえた時に透けてしまうのです。

 

お客様にはご了承いただきましたが、こういったケースもあるので毎年の剪定をおすすめしておきました。

 

写真での見積もり通りにレッドロビン生垣の剪定が完了

 

レッドロビン生垣剪定後

 

お客様は生垣剪定の仕上がりを見て満足されていました。

 

今回の事例では、お送り頂いた写真がわかりやすく、スムーズに見積もりなどのやりとりが可能で、実物を見るのと大差なかったので金額も見積もり通りで終わりました。

 

最近はメールやLINEでの申し込みが可能な植木屋さんも増えています。

 

添付する写真がわかりやすいと見積もりやお伺いまでの流れがスムーズにいきます。

 

例えば…

 

  • 木やお庭全体が写っている
  • 真横から撮影(高さが分かりやすい)
  • 近くに映り込んだ建物の窓や軒の高さと比べられる
  • 複数カ所ある時は全部の場所を撮影

 

というポイントを押さえていただくとうまくいきやすいですよ。

 

弊社でもLINEやメールでのご依頼を受け付けており、遠方のお客様やお忙しいお客様にお喜びいただいています。ぜひお気軽にご相談ください。

 

奈良県生駒市でレッドロビン生垣の剪定を依頼するなら村上造園まで!

<剪定

レッドロビン生垣:高さ3m 長さ20m

 

<作業時間>

3時間

工事費用:20,000

 

[metaslider id=8037]


 

レッドロビン生垣を剪定して竹の支柱で幅調整 大阪府柏原市

 

 生垣剪定前後
植木剪定前 植木剪定後

レッドロビン生垣を剪定して竹の支柱で幅調整 大阪府柏原市

レッドロビンの生垣が伸びすぎて外に傾いている

今回は大阪府柏原市のK様からレッドロビンの生垣の剪定をご依頼ただきました。

 

「今までは自分たちで切っていたけれど、大きくなりすぎたせいか、だんだん前(道路の方)に出てきて、枝もボサボサになってきて困ってます」

 

拝見すると、家のフェンスの内側に植えられた生垣は、大きく伸びて上の方が垂れ始めており、真ん中あたりはスカスカになっていました。

 

剪定前の生垣

 

塀と同じくらいまでの高さまでは支柱があり、以前は塀より20〜30cmほど高いだけの生垣だったそうですが、窓の目隠しにするために、伸ばしておられたそうです。

 

一般的に生垣用の木は、細い苗木が多く、背を高く育てることは想定されていません。必要以上に伸ばしているため、細い幹が重みで曲がり始めている状態でした。

 

中がスカスカに見えているのは、木が曲がっているというのも一つの要因でした。

 

また、以前ご自身で剪定された際に、前の面を均一に深く刈り込めておらず、悔過的に幹付近の枝や葉がない状態のまま育ってしまったという原因もありました。

 

今回、剪定を行うと、もともと枝葉が少ない部分も、塀の位置に合わせて刈り込むことになるので、中心部分のみさらにスカスカになることは想定できていました。

 

その点、あらかじめお伝えし、竹の支柱で間隔を調整することをご提案しました。

 

お伺いの日時については木曜日を指定されたので、木曜日にお伺いしました。

 

レッドロビン生垣剪定の作業内容

 まずは、通常の生垣のように、本来あるべき形に四角く刈り直します。脚立に乗って、トリマーで表面を荒く刈り揃え、目立った部分をハサミで切りました。

 

その後、枝が不均等になっている部分に竹の支柱を取り付ける作業を行います。支柱といっても縦に立てるものではなく、写真のように横に渡すものです。

 

上下ともに空きが大きかったので、2本の竹を使い、枝をシュロ縄と呼ばれる紐で結びつけていきます。

 

枝同士の隙間をできるだけなくすように、ひょろひょろで左右に曲がって生えている木を戻すよう、まっすぐに引っ張って強制するような形で固定しました。

 

竹の取り付け

 

不格好だったレッドロビンを剪定して整えた

作業を終え、お客様には「生垣が落ち着いて良かったです!」とお喜びいただくことができました。

 

今回は、かなり生垣の形が崩れていましたので、しっかりと葉が茂った状態に戻るには3年ほどかかるとみられ、今後も毎年様子を見て、また傾いてきたら、竹の支柱を縛り直して形を矯正する必要があります。

 

生垣は多くの場合、小さくて細い苗木を使って作られるので、いきなり高さや大きさを変えることができません。

 

生垣を植える前には、目隠しなどの用途に応じて必要な高さを植木屋さんやハウスメーカーさんに伝えておき、今ある生垣にお悩み際は、どのように形を整えたり、変えたりすれば良いか相談されることがおすすめです。

 

大阪府柏原市でレッドロビンの生垣剪定にお悩みでしたら村上造園まで

<剪定

レッドロビン:H3m 生垣10m

 

<作業時間>

3時間(1人)

工事費用:13,000

 


 

空き家の木の強剪定|鬱蒼とした5本の木をできるだけ小さく 大阪府堺市北区

 

 

空き家剪定前後
施工前 施工後

空き家の木の強剪定|鬱蒼とした5本の木をできるだけ小さく 大阪府堺市北区

空き家の木が鬱蒼と茂っているので切って欲しい

大阪府堺市北区のK様から「空き家の庭の木が大きくなって鬱蒼としているのでスッキリと切って欲しい」とご依頼をいただきました。

 

現地にお伺いすると、戸建て住宅のお庭に植えられた木が、4mほどの高さになり、塀からはみ出るほど大きく生長して、葉も鬱蒼と茂っていました。

 

剪定前の空き家

 

大きくなりやすい木がたくさんあるので、伐採もご提案しましたが、K様は今後その空き家を売りたいと考えていらっしゃって、それまでは庭の木を一応残して管理したいとお考えでした。

 

幸い、ご近所からの苦情などは特にない状態でしたが、今後そういったトラブルにならないようにという対策も含めて、敷地に収まるように木を全体的に、できるだけ小さく剪定することをご提案しました。

 

空き家の庭の5本の木の強剪定

右側に植えられている、コブシとクロガネモチを剪定し、続いて左側に植えられているモミジ、スギ、レッドロビンを剪定しました。

 

上のほうから順に、要らないと判断した枝をノコギリやチェーンソーで落として、できるだけ短くしていきます。

 

ただ、切ればいいというわけではなく、今後伸びる方向を意識することや、葉っぱを幾分か残すことも大切です。

 

木をきつめに剪定する時に、葉っぱを全てなくしてしまうと、木が弱って枯れやすくなります。

 

今回も、できるだけ枝を短く、少なくしながらも、所々に葉っぱを残すようにしました。

 

空き家の鬱蒼とした木をスッキリと剪定できた

剪定後の空き家

 

K様は同じ地域にお住まいでしたので、作業前後に見に来られ、スッキリとした庭木をみて「スッキリしましたね!これでしばらくは安心です!」とうれしそうなご様子でした。

 

今回も作業前の写真をご覧になると、空き家といわれなくても「この家、人が住んでいるのかな?」と思われる方が多いのではないでしょうか。

 

「誰も住んでいない、手入れされていない」と思われると、不審者に勝手に侵入される・通りがかりの人にゴミを投げ込まれる・家電などを不法投棄されるなど防犯上かなり好ましくありません。

 

さらに、今回のケースでは、近隣からのクレームはありませんでしたが、近隣住宅や道路に葉っぱが飛散して迷惑をかけてしまうほか、電線に当たって事故を起こす可能性もあります。

 

お近くの場合は、できるだけ頻繁に足を運んで様子を見ることが大切ですし、遠方にお住まいの場合も、少なくとも年に1回は確認に出向き、植木の手入れを行ないましょう。

 

できるだけ小さく、スッキリとさせておくことがおすすめですが、管理が大変な時は、思い切って伐採してしまうのもありです。

 

大阪府堺市北区の空き家の木の剪定なら大阪市の植木屋村上造園まで

<剪定

コブシ:H3.5m1本
クロガネモチ:H4m1本
モミジ:H4m1本
スギ:H4m1本
レッドロビン:H2m1本

 

<作業時間>

1日 1人

工事費用:33,000


 

マンション駐車場の生垣剪定|視界を確保して安全な状態に 大阪市此花区

 

駐車場の生垣剪定
施工前 施工後

マンション駐車場の生垣剪定|視界を確保して安全な状態に 大阪市此花区

駐車場のレッドロビンの生垣が伸びて視界が悪くなっている

大阪市此花区にあるKマンションのオーナー様からのご依頼です。

 

マンション裏手にある駐車場沿いの生垣が伸びて、視界が悪くなっているので切って欲しいとのことでした。

 

年間管理を頼んでいる業者がなかなか剪定に来てくれない

Kマンションは新築当初から、契約している植木の管理会社があったそうですが、価格や訪問のタイミングの融通が利かず、次のような点にお困りでした。

 

  • 来て欲しいときに来てもらえない
  • いつ来て帰ったのかわからない
  • 高い料金設定がずっと続いている

 

弊社の対応が早く、見積もり金額も従来よりかなり安いということで納得いただき、実際にご依頼いただくことになりました。

駐車場の視界を確保するため特殊な樹形に剪定してほしい

写真をご覧になってもわかるように、Kマンションの生垣は間に細長い窓のようなスペースが空いた樹形に剪定されています。

 

作業前の生垣

 

駐車場からの車の出入りが危なくないように、視界を確保するために開けられたスペースです。

 

レッドロビンが成長してきたせいでこのスペースが埋まって視界が悪くなっている状態でした。

 

生垣窓部分

 

全体的な形を整えるだけではなく、この窓となる部分の剪定もしっかり行って欲しいとのご要望がありました。

 

剪定にバリカンを使うので近隣住宅への告知を行った

今回は住宅街の中にあるマンションで、大きな騒音の出るバリカンを使って作業を行うことになりましたので、事前にマンションにお住いの方と、近隣の住宅に告知をさせていただきました。

 

マンションへは掲示板のわかりやすい位置に張り紙を行い、近隣住宅にはポスティングを行いました。

 

マンション駐車場の生垣剪定(レッドロビン・ヒペリカム)の内容

安全対策のためのレッドロビンの剪定

レッドロビンはバリカンで上辺と側面を刈り込み、窓の部分もある程度はバリカンで刈った後、ハサミで整えました。

 

 

側溝にはみ出ないようにヒペリカムを剪定

生垣にはレッドロビン以外にもヒペリカムが一部に植わっており、広がった枝が側溝の蓋を覆って掃除しにくい状態になっていました。

 

ヒペリカム

 

こちらも、側溝にかからないようにしっかり剪定しました。

 

駐車場の視界を確保した安全な樹形に剪定完了

Kマンションのオーナー様は今回の作業に満足され、その後の全体的な植栽管理を弊社、村上造園にお任せいただくことになりました。

 

マンションなど駐車場の生垣の管理は、もともと決まっている会社があると、契約年数などがあり、なかなか変えづらいかもしれません。

 

Kマンション様のように必要な時に頼めない・いつ来たかわからない上、料金は高いとなると困りものですよね。

 

マンション駐車場の生垣剪定などにお困りなら、見積もりだけでも、「本来はこれくらいの料金でできるんだ」ということがお分かりいただけるかと思いますので、村上造園にお気軽にご相談いただければと思います。

<剪定>

・レッドロビン生垣

H2m 幅5m

 

・ヒペリカム低木

10㎡

 

 

<作業時間>

1日間(1人)

工事費用:30,000


 

お客様のご要望に応えて庭木の剪定|庭木が低くならないように生垣の剪定 大阪府大阪市平野区  

 

 

 

 

 

庭手入れ

 

庭木剪定作業前    庭木剪定作業後

お客様のご要望に応えて庭木の剪定|庭木が低くならないように生垣の剪定 大阪府大阪市平野区

 庭木が低くならないように生垣の剪定

 今回の依頼は、家の横の生垣の剪定です。お客様のご希望としては、生垣の高さを高くしたいとのご希望でした。

写真を見て頂くと、庭木を植えてから剪定していません。

まず初めに、庭木の側面を刈り込んでいきます。

写真を見て頂くと、庭木側面は通常通り刈り込んでいます。

生垣の上の部分はご希望の高さに合わせるため相談しながら確認していただき剪定しています。

 

 

お客様の庭に関するご要望にお応えいたします!

大阪府大阪市平野区の草刈り・庭木剪定・庭木伐採なら、大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(庭木手入れ)村上造園まで!

 

 

 

 

 

<庭木剪定>

生垣 レッドロビン H=2m 20m

 

 

薬剤散布

 

 

 

 

 

 

 

<作業時間>

 

1人4時間

工事費用: ¥20,000 (税込)


 

約3年も手入れされていない空き家の庭の草刈り・剪定 大阪府吹田市

 

空き家の剪定・草刈り
施工前 施工後

約3年も手入れされていない空き家の庭の草刈り・剪定 大阪府吹田市

3年間手入れできていない庭を綺麗にしたい

今回は空き家の庭の草刈り・剪定事例です。ご依頼者様は、この空き家に以前住んでいらした方の息子様(仮名:T様)です。弊社のホームページをご覧になってご連絡していただきました。

 

T様がこちらの空き家の管理をされているのですが、庭木の落ち葉や枝が近所に落ちるのが気になり、ご近所さんからクレームが出る前に剪定してもらおうと思ったとのことです。

 

すでに、3年近く手入れをされていないということで、庭木の葉や枝、雑草も伸びっぱなしでした。

 

作業内容

空き家の剪定・草刈り 作業前

 

お庭には、キャラ、クロガネモチ、レッドロビンが生えています。

まず最初に、雑草を刈っていきます。

 

草を刈った後、庭の奥に生えている庭木から剪定を行います。隣近所の敷地に剪定した枝が落ちないように注意して作業を行いました。

 

クロガネモチは芽を出す力が強く、勢いよく伸びて茂ってきます。放っておくと風通しが悪くなり、害虫も発生します。

 

ですので、クロガネモチはできるだけ小さくなるように剪定しました。レッドロビンも成長が早く、放置しておくとウッソウとなります。

 

一方、キャラ(伽羅木:キャラボク)は、成長が遅いのが特徴です。

 

今回の剪定作業は1人で行い、朝から開始して昼までに終わりました。作業時間は4時間です。

 

空き家の剪定・草刈り 作業後

 

最後に掃除をおこなってから、お客様に電話して現場の確認をしていただきました。今後は毎年1回このような剪定を行うことになりました。

 

まとめ

このように空き家を管理しなければならない状況になって、植木がボウボウに生えてしまっていて、「何とかしなきゃな~」と思われている方は、昨今多いのではないでしょうか?

 

  • 親が施設に入って(亡くなって)実家が空き家になった
  • 引越したので、これまで住んでいた家が空き家になった

 

管理している空き家が遠いと、庭手入れも簡単にはできず、放置状態になりがちです。

 

ご自身で行うことも可能ですが、刈り取ったあとの剪定ゴミ、雑草の掃除・廃棄も大変な労力だと思います。

 

「空き家の庭の剪定は、どの時期にしてもらうのがベストなタイミングなんでしょう?」と訊かれるときがあります。

 

答えとしましては、ずっと放ったらかしにしているお庭の場合は、いつでも(時期を問わず)剪定して構いません

 

年に2回の手入れだけにしたい、ほとんど手入れをしないようにしたいなどのご要望にもご相談に乗ります。

 

今回のようなケースでは、午前中の作業だけで、15,000円の剪定料金で可能です。

 

また空き家が遠方にある方でも、電話とLINEでの写真のやりとりで見積もりを行うことも可能ですので、大阪・奈良・京都・神戸・和歌山で空き家のお庭の手入れにお困りの際は、ぜひ村上造園にお声掛けください。

<剪定・草刈り>

 

キャラ H=2m 1本
クロガネモチH=3m 1本
レッドロビン H=2m 1本
草刈り  5㎡

 

<作業時間>

 

4時間

工事費用:15,000


 

生垣の植栽~レッドロビンとオタフクナンテン~ 和歌山県和歌山市

 

生垣植栽 前後
施工前 施工後

生垣の植栽~レッドロビンとオタフクナンテン~ 和歌山県和歌山市

今回は、和歌山県和歌山市にあるお店の駐車場に、生垣を植栽した事例です。

 

 

生垣植栽前

 

少し前までは、花壇の中にゴールドクレストを植えられていたそうです。

 

しかし、年数が経つにつれ、ゴールドクレストが大きくなりすぎてしまい、お隣の敷地まではみだしてきたので、抜根してしまったとの事でした。

 

見た目的にはスッキリしていますが、汚れの目立つブロック塀が、目隠しなく露出してしまっているのが悩みで、大きくなりすぎない植木を植えて、ブロック塀が見えないようにしたいとのご要望でした。

 

そこで今回は、レッドロビン、オタフクナンテン2種類の低木で、生垣を作ることになりました。

レッドロビンだけでは、根本が寂しいので、低木としてオタフクナンテンを選択しました。

支柱を真っすぐ立てて、2種類の生垣を植栽

生垣 植栽中

 

生垣の植栽を行うにあたり、まずは生垣の支えとなる支柱を立てるところから始めます。

 

支柱は写真にも写っているハンマーで花壇内に打ち込んでいくのですが、キレイに真っすぐ立つように、メジャーや水平器を使って、歪みがないかチェックしながら、組み立てます。

竹を横に取り付け、骨組みの完成です。

この竹に、苗木を縛っていきます。

 

 

生垣 植栽後

 

レッドロビンを塀沿いに植栽するだけでは、花壇の前側に若干空きが出てしまいそうだったので、さらに背の低いオタフクナンテンで埋めています。

 

レッドロビンもオタフクナンテンも、葉が赤く変色する植木なので、季節によっては、見た目も鮮やかです。

両方とも葉が赤くなりますが、赤くなる時期に違いがあります。レッドロビンは、春。オタフクナンテンは冬です。

すこしですが、紅葉の時期に違いがあります。

 

花壇内の土は、栄養がなくなりカラカラでしたので、生垣が強く育つように、栄養のある堆肥を混合させました。

そして後片付けをして、たっぷり水をやり、植栽は完了です。

背の低い生垣なので自分でのお手入れも可能

今は植えたばかりなので、隙間が目立ち生垣っぽくはないのですが、3年くらい経つと、枝や葉が密になり生垣らしい見た目になるかと思います。

 

その頃には、お客様の悩みの種だった汚れのひどいブロック塀も、生垣に隠れて見えづらくなるかと思います。

 

キレイな生垣に仕立てるためには、変な方向に伸びてしまった枝をこまめに剪定(少なくとも年1回)していくことがオススメです。

背が低い生垣なので、お客様ご自身でのお手入れもできます。

 

自分で剪定を行う際は、生垣の高さがガタガタになっていないか遠目から見て確認したり、生垣を横から見て、出っ張りすぎている所がないかを確認すると、生垣として理想の形が保てるかと思います。

 

作業完了後、お客様からは「イメージ通りに植えてもらえたので良かったです。もう少し時間が経って、生垣が仕上がるのが楽しみです!」とお声をいただくことが出来ました。

 

和歌山県和歌山市の生垣の植栽なら大阪・奈良・神戸・京都・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

 <作業内容>

・生垣植栽

幅4m

 

レッドロビン

高さ1m 8本

 

オタフクナンテン

高さ0.2m 10本

 

 

 

<作業時間>

1人で3時間

工事費用:25,000円(税込)


 

記念樹としてレッドロビンをプランターに8本植栽 大阪市中央区

 

レッドロビン植栽 ビフォーアフター
施工前 施工後

記念樹としてレッドロビンをプランターに8本植栽 大阪市中央区

大阪市中央区のH株式会社様から、記念樹としてレッドロビンの植栽のご依頼をいただきました。

 

レッドロビン 植栽前

もともとは、約2mのモッコクが各プランターに2本ずつ、計8本植えられていました。

プランターはかなり古くなっていて、ところどころヒビ割れも確認できました。

 

割れたプランターは植木にも悪影響で、割れた所から土がこぼれてきてしまって、根っこがきちんと土の中に埋まらずに露出してしまい、生長が妨げられてしまいます。

 

そこで今回は、モッコクと古いプランターを撤去して、H株式会社様の上場記念に寄贈されたレッドロビンを、新しいプランターに植栽し、更に記念樹用のプレート(樹木札)を取り付けさせていただきました。

モッコク、土、プランターの3種類に分別して撤去

まずはモッコクを切り、撤去を始めます。

また、プランターの中の土も取り出して、それもまた別に分けます。

 

古いプランターはコンクリートで出来ており、とても重かったので、中の土を抜いて空にしたら、トンカチで砕いて細かくします。

 

モッコク、土、プランターを分けてまとめて運び出したら、植木等の撤去作業は完了です。

新しいプランターの中に土を入れながらレッドロビンを植栽

モッコクと古いプランターの撤去が完了したら、植栽作業を始めます。

 

レッドロビン 植栽後

深さ約30cmのプランターの中に土を入れ込みながら、元のプランターと同様に、1つのプランターにつき2本のレッドロビン(約1.5m)を植栽していきました。

 

新しく設置したプランターも全部で4基なので、計8本のレッドロビンを植栽したことになります。

“上場記念”と書かれた記念樹用プレートを取り付け

また今回は、新しいプランターの右上の方に、1枚ずつ記念樹用のプレート(樹木札)も取り付けています。

 

事前にプレートに入れる文やレイアウトを、お客様と相談して決めてから、業者さんに計4枚の記念樹用プレートを発注しました。

 

今回は、「寄贈 上場記念 ○○会社(レッドロビンを寄贈してくれた会社のお名前)」と、黒文字で記入させていただきました。

 

今回のようなレッドロビンの他に、記念樹として人気があるのはハナミズキや、桜などです。

会社のビルを改修工事した記念であったり、同窓会にみんなで集まった記念に、植えられることが多いです。

 

記念樹用のプレートも、一緒に取り付けることが出来ますので、ご興味があればぜひ、ご相談ください!!
カタログは印刷して送る事が可能です。

 

大阪市中央区のレッドロビンの植栽・剪定なら大阪・奈良・京都・神戸・和歌山の植木屋(植木手入れ)村上造園まで!

 <作業内容>

撤去

モッコク

2m 8本

 

古いプランター

4基

 

・植栽

レッドロビン

1.5m 8本

 

プランター

4基

 

記念樹用プレート

4枚

 

<作業時間>

2人で1日

工事費用:110,000円(税込)


 

隣近所に迷惑をかけない植木の剪定と管理 京都府京都市

 

シラカシ剪定
施工前 施工後

隣近所に迷惑をかけない植木の剪定と管理 京都府京都市

京都府京都市右京区/Kホテル様

 

ホテルの前にある植栽は、お店の顔であり、訪れる人の目印にもなる「看板」です。しかし、その木が伸びすぎていたり、隣近所の迷惑になったりするようでは、景観や地域からの印象も悪く、ホテルにとって良いことはありません。そこで、樹木の性質や周囲にも配慮した植木の剪定と管理についてご紹介します。

大きくなりすぎたシラカシの木を景観に考慮し剪定

今回のご依頼は、弊社のホームページをご覧になり、お電話でのお問い合わせをいただいたお客様です。「ホテルの横に植えている樹木が大きくなりすぎて、見かけも悪いので切ってほしい」という内容でした。

 

現場を拝見してみると、一番大きなシラカシは樹高6mほどもあり、電線に絡みついている状況でした。これでは万が一の時に大変危険です。また、隣の建物の2,3階部分まで覆っているため、日当たりにも影響してしまいます。実際に、隣近所から邪魔になっているとの声も寄せられていたようです。

 

また、生垣にしていたヒイラギモクセイも大きくなりすぎて、本来の姿を失っている状態でした。そこで、樹木本来の魅力を生かしつつ、隣近所に配慮した管理しやすい剪定をご提案させていただきました。

 

シラカシの木は、年中緑の葉が楽しめることが魅力の常緑樹です。しかし、とりわけ枝葉が伸びやすく、毎年剪定することが望ましいとされています。ただ、あまり低く切りすぎてしまうと、木の形が変わってしまい、シラカシの良さを殺してしまいます。そこで今回は、管理のしやすさを意識して、6mあった木を4mに剪定しました。

枝葉だけでなく害虫にも配慮した植木の管理を

樹木の伸びすぎを隣近所から指摘されて、剪定を依頼されるお客様が多くいらっしゃいます。周囲に迷惑をかけないよう、樹木を置く場合には、隣の壁際に植えないことや3、4年後の大きさを考えて、スペースを空けておくなど、植栽の際にきちんと計算することが大切です。

 

もともと植えられていた木の場合や、植木の継続的な管理方法としては、敷地を越えている枝葉は切る、できるだけ小さな樹木に整えて落ち葉をまき散らさないようにするなどの心配りが必要です。

 

さらに、樹木につく害虫も忘れてはいけません。今回剪定したシラカシの木には、イラガという黄色い虫がつきやすい傾向にあります。刺されるとチクッとした痛みがあり、シラカシに限らずさまざまな樹木に移ってしまうのが特徴です。

 

イラガの駆除には、昔から使われている「スチニオン」という殺虫剤が効果的です。散布時期は、春と梅雨明け、そして夏の計3回です。春先に樹木の葉が食べられている様子が見られたら、薬を使用しましょう。弊社では、植木の剪定から管理方法のアドバイスまで、お客様の親身になってご相談に乗ります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 <作業内容>

 

剪定

 

シラカシ

H=4m  2本

 

ヒイラギモクセイ生垣

H=2.5m   W=6m

 

レッドロビン生垣

H=2.5m   W=15m

 

<作業時間>

 

4時間

工事費用:20,000円(税込)

 


 

レッドロビンの生垣を上手に育てるコツ~剪定の時期は夏以降~京都市北区

 

 レッドロビンの生垣の剪定
施工前 施工後

レッドロビンの生垣を上手に育てるコツ~剪定の時期は夏以降~京都市北区

今回は京都府京都市北区のK様のレッドロビンの剪定事例を基に、レッドロビンの生垣を綺麗に維持するコツについて、お伝えできればと思います。

レッドロビンの生垣が人気の理由

赤い芽が鮮やか、洋風のお宅で人気のレッドロビンの生垣。
レッドロビンの生垣は、鮮やかな色彩から人気の生垣です。普段は深緑のような葉の色ですが、4月の今頃になると赤い新芽がでて、生垣の変化を楽しませてくれます。その華やかなお色は洋風のお家によく合います。

 

またレッドロビンは比較的強い生垣なので、生垣をこれから育てる初心者の方にもおすすめできます。多く出回っているレッドロビンの高さは2~3mですので、生垣を早く作りたい方にもオススメできます。

レッドロビンの生垣のお手入れ方法

レッドロビンの生垣は年に1回程度、夏以降(9月以降)の剪定をおすすめしています。何故なら、夏になるとレッドロビンの生垣は、生長が早くなるからです。夏前にせっかく剪定しても、夏を過ぎるとせっかくの形が崩れてしまいます。夏以降に剪定すれば、剪定後の綺麗な状態で新年を迎えられます。レッドロビンの生垣の特質上、夏以降であれば、冬に剪定しても大丈夫です。

レッドロビンの生垣を放置する危険性

利点が多いレッドロビンの生垣ですが、1年以上剪定を疎かにすると、5個のデメリットが生じます。

 

  1. 1.お庭の日当たりが悪くなる
  2. 2.ゴミを投げ込まれる危険性がある
  3. 3.崩れた生垣の形が通行人に危害を加える場合がある
  4. 4.害虫がたくさんつく
  5. 5.生垣の隙間が空いてくる

 

特にレッドロビンの場合、夏になるとイラガという害虫がつきます。剪定を疎かにすることで、イラガが多く発生し、イラガを触った手がかぶれてしまうという危険性があります。イラガの発生を防ぐ為にも、1年に1回の剪定と予防剤を用いたお手入れをおすすめいたします。

「3年剪定していないレッドロビンの生垣を剪定したい」

今回の京都府京都市北区のお客様はインターネットで弊社をお探しいただき、電話にてご連絡いただきました。最初のお問い合わせ内容は「3年剪定していないレッドロビンの生垣の形が随分崩れてきたので剪定したい」とのことでした。

 

ただお問い合わせをいただいた時期は4月。今の時期に剪定すると夏にかけてレッドロビンが成長するため、生垣の形が多少崩れるかもしれないとのお話をすると、「それでもボサボサな形が気になるので、生垣の剪定して欲しい」とのご要望でしたので、早速日程を調整して、現場にお伺いしました。作業時間は2時間、剪定費用は15,000円で写真のように仕上げさせていただきました。

 

京都府京都市でのレッドロビンの生垣の剪定なら、大阪・奈良・京都・神戸の植木屋村上造園までお気軽にお問い合わせください。

 

 

<剪定>    
生垣(レッドロビン) 
幅20m高さ3m

 

 

 

 

<作業時間>

2時間

工事費用:15,000円(税込)

 


 

植木・庭木の種類を見る