お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00

庭木の種類 アオキ

アオキ

アオキ

アオキは耐陰性が強いので、家の北側や木陰でも十分育ち、排水不良地を避け堆肥を多めに入れていれば、たいていの場所で育ちます。他の植物が育ちにくい日陰でも良く育ち、緑を楽しむことができるので重宝する樹木です。

育て方植え方ポイント

作業内容  1月  2月  3月  4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月
開花期                        
植付け                        
肥料                        
剪定                        

育て方

植付け場所

直射日光の当たらない明るい日陰を好む「半陰樹」で、日射しの強い場所では葉が黄ばんできたり、斑入り種では葉焼けを起こして真っ黒になることがあります。斑入り種で葉の斑がきれいに出ないのは、この日の当たりすぎが原因の場合が多いです。しかし、日陰だと枝葉が間延びして細長い樹形になったり、実付きが悪くなります。

鉢植えで場所を動かせる場合、夏は直射日光を避けた日陰、冬は 日の射し込む場所がベストです。地植えの場合は落葉樹の下(夏は影になり、冬は落葉するので日が射し込む)が理想的です。 強い風にさらされると、葉が傷んでしまうので気を付けましょう。寒さには強く、 北は北海道中部まで植裁可能です。

水やり・肥料

やや湿り気のある土壌を好みます。庭植えは一度根づいてしまえば、ほとんど水を与える必要はありません。鉢植えは乾かさないように春から秋の生育期はたっぷりと水を与えます。特に真夏は乾きやすいので注意しましょう。逆に冬は乾きにくいので水やりの回数を少なめにします。

肥料はさほど必要ではありません。地植えはよほどのやせ地でなければ肥料を与えなくても育ちます。木を大きくしたい場合や、実をたくさん付けたい場合は春と秋の年2回鶏糞などを株元に施します。ただ、肥料が多いと枝葉が茂りすぎて樹形が乱れてしまいます。株元に敷きワラなどを施す方が肥料を与えるより効果が出ることもあります。鉢植えは春と秋に固形の油かすなどを施しましょう。

植付け方

植え付けの時期は2月下旬~4月上旬、9月~12月上旬です。降雪地帯では秋植えは避けて、5月頃に植え付けるのが適当です。植え穴は大きめに掘り、鶏糞や堆肥などをあらかじめよく混ぜ込んでおきます。根の張りのあまりよくないものは、根付きをよくするためにある程度枝や葉を落としてから植え付けます。鉢植えは、鉢底から根が伸びているのが見えてきたら、一回り大きな鉢に植え替えます。
 

剪定方法

幹を株元から切り落とす間引き剪定だと、残した幹は枝を切り戻したりすることがないので開花や実付きにほとんど影響がありません。

かかりやすい病害虫

害虫:カイガラムシ 病気:スス病

病害虫は少ないですが、日陰で風通しの悪い場所ではカイガラムシが発生します。また、カイガラムシの排泄物からスス病を併発することがあります。

庭木の種類を見る
庭木手入れ方法を見る
Tags:


無料お見積り・ご相談

06-7504-4848
LINEから
お庭の写真を送れます
メールでの
お問い合わせ・見積もり依頼

LINEからも無料お見積り・ご相談が可能です。お庭の写真を送信していただければ、すぐにお見積り金額をご提示できます。

pagetop