お見積り・ご相談無料
営業時間:9:00~19:00
0675044848
LINE見積もり
メールでお問い合わせ
info@murakamiz.com
〒571-0070 大阪府門真市上野口町23-2
お見積り・ご相談無料 営業時間:9:00~19:00

春までにやっておきたい!冬場に行う落葉樹の剪定

庭という限られたスペースに植えた庭木は、野生状態とは違って、野放図にしていては育ちません。庭木を正常に生育させるためには、こまめな手入れが必要になります。落葉樹の場合、1年の起点となるのが冬場の剪定です。落葉樹は、落葉中の休眠状態となっている冬場に剪定することが、必要となっています。具体的には、11月~2月頃が落葉樹の休眠期となります。
 

落葉樹の剪定は冬場に行う

落葉樹の剪定を冬場にやっておく理由は、第一に活動期に剪定してしまうと、樹木の生長にダメージを与えてしまうからです。樹木も、四季とともに生育サイクルを持っています。剪定によるダメージを最小限にできるのが、休眠期である冬場なのです。ただ、休眠期だからといって、やみくもに剪定を行ってはいけません。寒さが厳しいと、剪定した切り口が枯れてしまうこともあります。その場合は、休眠期ぎりぎりの3月に行うこともあります。

また、冬場の方が樹木の日当たりがわかりやすいという理由もあります。太陽が高い夏場だと、どの樹木にも日が当っており、区別がつきません。しかし、太陽の位置が低くなる冬場であれば、どの木に日が当たり、どの木に日が当っていないのかがわかります。そうすれば、どの樹木にも土にも日が当たるように、庭木の剪定ができるのです。冬場の落葉樹には葉っぱがありませんので、枝の込み具合も目で見てわかります。剪定作業もはかどります。

落葉高木のウメ・サルスベリ・ハナミズキ・コブシなどの剪定方法

落葉樹には、高木と低木の2種類があります。落葉高木は、ウメやサルスベリ、ハナミズキなどが、その代表です。 ウメを剪定する場合、もっとも重要なのは花芽文化期後に剪定することです。ウメは、7月ごろに花芽がつき、8月いっぱいで花芽が決まります。早い時期に剪定してしまうと、葉芽に栄養を取られて花芽がつきにくくなってしまいます。とがっているのが葉芽で、ふっくら丸いのが花芽です。ウメの場合、伸びすぎた徒長枝を剪定する必要があります。徒長枝には花芽がほとんどつかず、放っておくと養分や水分をもっていかれて他の小枝にも悪影響が及びます。徒長枝は切り残すと、そこから新たに勢いのある徒長枝が生えてきますので、枝元からばっさり切ります。また、幹から直線的に伸びる太い枝も、樹勢が強すぎるので剪定してしまいましょう。

サルスベリは、剪定を行わないと開花の量にばらつきが出てしまい、悪くすると隔年開花になる恐れもありますので、剪定を怠らないことが鉄則です。夏に開花するサルスベリですが、花後すぐに剪定すると、切り口から徒長枝になりやすい土用枝が伸びてしまいます。そこから花芽をつける枝は生えてきますが、花が小さくなってしまいますので、12月に入ってから剪定します。しかし、サルスベリは毎年同じ箇所ばかりを切ってしまうと、枝の一部が膨らむコブという状態になります。好き嫌いはありますが、あまりに大きくなりすぎると見苦しいので、根元を残す箇所を毎年変えることでコブを防ぐようにします。また、あまり強い剪定はせずに、徒長枝は際から切り、古い枝や乱れた枝だけを選んで、全体の1/2ほどの枝を剪定するのが良いでしょう。

ハナミズキは枝が横に張って伸びるので、張り出してしまった枝や徒長枝を、付け根から全体の2/5ほど切り落とします。

落葉低木ドウダンツツジ・ライラックなどの剪定方法

ライラックは、日の差す方向に枝を伸ばし、放っておくと花の位置が上がってしまいます。そのため、枝が横ぶりになるように剪定します。頭頂部付近の立ちあがった枝や、樹冠内部で込み合った枝は、付け根から切り落とします。ただ、太い枝を一度に切ると枯れてしまいますので、あまり古くならないうちに早めに切るよう心がけてください。コンパクトにしたい場合は、花後すぐに古くて太い枝を付け根で切り、強く伸びた枝を中心に全体の1/4くらいをめどに切り取ります。
 
剪定のお役立ち情報を見る
Tags:


無料お見積り・ご相談

06-7504-4848
LINEから
お庭の写真を送れます
メールでの
お問い合わせ・見積もり依頼

LINEからも無料お見積り・ご相談が可能です。お庭の写真を送信していただければ、すぐにお見積り金額をご提示できます。

pagetop